ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
  • 芸術性にあふれたしりとり

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子18歳、男の子14歳

    小学2年生のクラスで導入の一冊として読みました。
    しりとりは、みんな知っていて、すでになじみのあることばあそびのようでした。どうぶつ限定のしりとりなのに、みんなどんどん次の動物を言い当てていきます。
    「く」で始まるどうぶつ、「う」で始まるどうぶつの名前が多いことにも気づかされます。「う」という鳥は、みんな知らないようでした。
    この絵本がすばらしいのは、しりとりを楽しみながら、精細に描かれたどうぶつの姿をみることができるということです。くじゃくの姿は、親鳥のほか、ひなどりのようすもえがかれていて、成長の過程で姿が変わっていくことがわかります。
    2分〜3分で読み終わってしまいますが、しりとりはどんどん続けたくなるし、もう一度どうぶつの絵をみるためにはじめからページを開き直したくなる、そんな一冊です。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は、おにぎりにんじゃがみんなの盗まれた草履をオオダコから取り返すお話でした。おにぎりなのに、海の中でもラップを使って戦ったりしている様子がとってもおもしろかたっと言っていました。その他にも、チョウチンアンコウにも協力してもらっていたりと面白い展開だったそうです。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物が好きな息子、動物も興味を持つようになった時に読み聞かせしました。
    うららちゃんがおばあちゃんのお家へ行く為に電車載っているのですが、駅名がとの時にのってくる動物の名前+「だ」になっています。子供が好きな繰り返しです。

    初めのわにだだけでは気が付かないのですが、くまだ・ぞうだ辺りから息子が気が付きます。もちろん、その後読み進めるにしたがって次に乗ってくる動物を当て初めます。うららちゃんがおりる駅はここだ。うっかり居眠りしたうららちゃんにここだよと乗客が教えてくれます。

    綿密に考えられている内容にちょっとビックリします。次の駅はおばけだです。
    息子とお化けが乗ってくるって〜とニヤニヤして締めくくります。

    3,4歳の乗り物好きな男の子にはおすすめな絵本です。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私自身が推していた「小学校の生活」を事細かに記した絵本よりも、我が子にとってはこちらの方が小学校に対するイメージを膨らませやすかったようです。色んな物を準備しなきゃいけないんだというのを5歳なりに理解した模様。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありさんとおおきなどうぶつ

    赤いかわいいバスに乗って、4ひきのありがお出かけしました。
    最初のでこぼこ道はわにさん、次の山はふたこぶらくだ。
    なんでどうぶつのせなか?と思っていると、ここはどうぶつえんです!
    なるほど、なるほど。
    どうぶつの目が優しくて、くちはみんなわらっているみたいです。
    でも最後はありくいに会いました。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入学式から始まって、プール開きに運動会、なわとび大会まで一年生の一年間がとても丁寧に描かれています。
    これを読めば、小学校をとても具体的にイメージできるので、心の準備にとてもいいです。
    知っていれば、不安が軽減する年長の息子にぴったりの絵本でした。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本は、日本の昔の説話集の中から、4つのお話を取り上げたものです。
    文章は、現代文に書きなおされているので読み易く、絵もとっても味があり、面白いです。
    いくつかシリーズがあるようですが、この2巻は、“すごい人、へんな人”のお話を集めたもの。
    この“すごい”、“へん”にひきつけられてしまいました(笑)
    確かに、どの人もなかなかのツワモノ!
    敬遠されがちな古典ですが、とっても親しみやすい内容です。
    他の巻もみてみたいです。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は子供がとっても気に入っている怪談物の絵本です。長くても5分、短かったら3分で読めるのでとっても読みやすいです。この絵本では、学校が舞台のお話が多かったみたいで、読み終わった次の日に学校に行ったらちょっと笑い猫のことを思い出して怖かったそうです。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばける理由がいい

    つくもがみ、は怖くない妖怪と思いよみはじめたので、途中、絵の迫力にびっくりしました!
    ですが、ものを大事にしないとばけるのではなく、長く使われてうれしくてつくもがみになるというのがいいな、と。
    絵が多少こわいですが、お話はこわくないので、こわがりの子どもも大丈夫かと。自然と「ものを大切につかいたい」という気持ちになるお話だと思いました。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を回しながら読んであげてみましたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    いまいち食いつきが悪く「何じゃこりゃ」といった表情で見ていました。やはり、いないいないばあとかおめんにはかなわないのだろうか。回しながら読んでいたこちらの腕だけが疲れるという悲しい結果に終わりました。時期を変えてまた読んであげようかな…。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

418件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット