こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
  • こんどはお天気雲に

    ちいさなあめふりぐもは、好奇心いっぱいで
    地上の楽しそうな猫たちとお友達になりたいようですが
    ねこの方は、楽しい時間に雨に邪魔されるので
    あめふり雲をよく思っていません。
    あめふり雲はかわいそう。
    でも猫たちの作戦であめふり雲は
    ちいさなおてんきぐもに。
    雲の子供の顔、猫たちの様子が生き生きとしています。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大自然での中の1週間のキャンプ。
    見るもの、感じるものが壮大で、本当に地球を感じているところが素晴らしいです。
    クマもシカも魚たちも、星空も川も大地も、普段は別世界であったり、実感することがないことが、全て地球というくくりの上で一つなのだと感じられました。

    村上康成さんの講演を聴く機会があったのですが、村上さんのアウトドア志向、絵本作成の上で意識されている、頁の左右の使い方、構図の考え方、等々をこの絵本を参考に話された事を思い出します。

    村上康成さんの絵の世界って、独創的で絵から拡がっていく空間が壮大ですよね。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリたちの好奇心、半端なかったです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    本から何かが飛び出してきたりとか、音が鳴るとか大胆な仕掛けではありませんが、仕掛け絵本です。

    物語的な意味でのストーリーはありません。
    こう、次々視界に入ってくる情景をカメラが収めている。みたいな流れで作られています。
    前半はネコ。後半はアリたちの動きを追って…。
    時は夜から朝へそして夜へと移動します。
    テキスト(文)は少なめですが、ページ数が結構あります。

    美術家・グラフィックデザイナーでもあったムナーリならではの世界観がすごいです。

    わたしは読んでいて、ネコからアリへと視点が変わっていくシーンが一番印象的でした。
    パラフィン紙ですかね。ここで一部使われている特殊な紙。
    こういう透明で裏側が透けて見えるからこその技巧がすごいです。
    そして、アリたちの好奇心(エサに対して?)半端なかったです。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「こうえん」を読んだ時にも感じたのですが、完全に大人向けの本だと思います。
    読み聞かせて分かる部分もあるかもしれませんが、字が小さかったり、余白が少なかったり・・・息子は手にとることもしません(汗)

    大人が読めば「くすっ」というのもありますし、これ本当に訳?と思うぐらい語呂のよいものもあります。
    でも子供にはどうかなぁ?

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心をこめたおもてなし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    お化けのおもてなしと言っても、人間から見ても、普通に心をこめたおもてなしですねー。
    全国からのお化けの協力もありつつ、何やら料理を作っているようですよ。
    こんなおもてなしをしてくれたら、嬉しいですね。私ももてなされたいです。
    働き程度はなにやら個人差を感じましたけど(笑)。
    お化け好きな子なので楽しんでくれましたが、4歳になりたての子には、オチはちょっとわからなかったようです。私がちょっと補足。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食事作りは、家族の健康を守る大切な家事の一つだとわかっていますが、ついつい面倒になりがちな私。
    でも、絵本を読んで、台所道具たちが、こんな気持ちなのかと思うと、今日から頑張って料理をしようと背中を押された気分になりました!
    道具を大切にする気持ちは、美味しく料理を作るための大きなスパイスですね!

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おめめぱっちりのかわいい笑顔
    元気いっぱいでさすがなっとうかあちゃんです
    お腹の中の100粒のこどもたちもげんきいっぱい
    あっちこっちで遊ぶ子供を探して見つけて
    ねばねばのかけごえと一緒に話は進んでゆきます。
    とても楽しく読めるお話でした。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保存版

    絵本好きの大人としては、大人も楽しめる絵本の特集なので保存版です。ロングセラーの一覧は読み逃していた絵本に気づけますし、テーマごとのおすすめ絵本は自分が楽しむだけでなく、贈り物の絵本選びにも役立ちそう。付録もふくめ沢山の絵本が紹介されているので、参考にしたいと思います。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • どういうジャンルの絵本?

    ストーリーがあるようなないような、なんとも不思議な絵本でした。
    どうしてかえるや亀がさかさまなのか?というのもよくわからず・・・最後は夜になっておしまい、というちょっと無理やりな(?)展開。

    息子は表紙だけを見て車の絵本だと思っていたようですが、そうではなかったのでちょとがっかりしたようです。

    これ、一体どういうジャンルの絵本なのかなぁ?
    私の中でははてなマークです。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • きもちよさそう!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ピンクのかわいいくまさんのおなかのなかに次々といろいろなものが入っていくお話。
    きもちよさそう!きっとさぞかし心地いいのでしょうねー。
    たくさん入るだけにおなかのなかはいったいどうなっているのでしょうね?
    …でもくまさん自身はおなかのなかに入られるのは歓迎していない様子ですね。私も正直入ってみたいと思ってしまったのですが。

    掲載日:2017/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

1,176件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット