すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
  • 心あたたまる

    かわいい表紙にひかれて読んでみました。
    犬たちもかわいく、短い文章はくりかえしもあって楽しいのですが、お話はしっかり考えさせられる内容です。なにより、読み終わった時、心があたたかくなりました。
    子どもはもちろん大人にもおすすめの絵本だと思いkます。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙を見た時に、まず「カブトムシ」?と思いました。
    文章を読み進めていても、何の虫なのかについては説明がないので、
    カブトムシかなー、まさかネキリムシじゃないよね・・・と思いながら読んでいました。
    柔らかくて美味しい土を食べて育つ幼虫なので、
    きっとカブトムシだろうと期待して読んでいたら・・・ ハナムグリ!
    とっても意外でした(笑)

    でも幼虫が美味しい土を求めて移動する様子や、
    何の虫かなー?とひたすら考えながら読めたので、
    なかなか楽しかったです。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全頁試し読みで読みました。ぷーちゃん探しが、結構楽しくてはまりました。ぷーちゃん、結構上手に隠れているなあと感心しました。一人でも面白うけれど、孫とわいわいやって探すともっと賑やかで楽しいと思いました。絵もほんわかやわらかくて可愛いです♪

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹ができて、お兄ちゃんは社長の座を譲り渡すことになりました。
    今まで通りのわがままはききません。
    注目も浴びなくなりました。
    そんなときに前社長は何をすれば良いのでしょうか。
    先輩として温かい心で新社長に接すること。
    弟か妹ができたお兄ちゃんお姉ちゃんに読んでもらいたい絵本ですね。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • のびやかな題名に惹かれ、それにふさわしい絵に共感しました。
    『WHAT A WONDERFUL WORLD』が原題。
    実は、ルイ・アームストロングがレコーディングした歌詞だそう。
    その曲に触発されて作られた作品ということで、その感動が伝わってきます。
    訳出は、日本語の名手、詩人でもあるアーサー・ビナードさん。
    彼らのあとがきも是非読んでほしいです。
    目にする、何気ない色彩のすばらしさを歌い上げてあります。
    世界に存在するものへの賛歌、でしょうか。
    確かにこの視点、大切にしたいです。
    もちろん、巻末に英語の歌詞も添えられていますが、
    意訳が滋味深く、ため息モノです。
    「みんな」に込められた、共有という願いを体感してほしいです。
    小学生くらいから、きっと、伝わると思います。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫ってすごいな

    図書館で借りて読みました。
    これは何だろうと思うことが時々ありますが、
    虫たちの暮らしで、とても大切なことなのだとわかります。
    出来るだけ葉っぱをそっとしておいてあげたいです。
    葉きりばちが、上手に切り取った大きな葉など、
    芸術的ですね。
    他にもわかったことがあり、
    虫の暮らしを知るための、興味深い一冊です。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先日 サークルのメンバーが紹介してくれた写真絵本です
    なかなか リアルな写真で くわがたむしがいたり
    蜆の味噌汁(ちょっと 薬味のネギがほしかったけれど・・・)
    しじみの 黒  パンダの巻きずしはうまくできてる
    くも もちがふくれてるの おもしろい ヒントもある  しりとりがおもしろい

    こどもたちとしりとりしたらおもしろいなあ〜

    ぎょたくは(しってるかな?)
    写真でしりとりの発想はなかなか アイデアがあっていいですね!

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやつづくり

    12人の元大泥棒とくろぼし巡査があまりさんのあかちゃんのお祝いのためにおやつづくりにハッスルします。あわてんぼうのくろばし巡査の勘違いがもとで、とびっきり美味しいたべものやさんになった12人の元泥棒です。泥棒よりか、料理のほうが得意だってよかったです。こそはちのバナナオムレツ、どんぺいのでかでかポップコーン、ぎろすけのなぞなぞケーキ、こそたのおつかれアイスクリーム、ぬすべいのアイスクリームサンド、とるきちのこりゃこりゃドーナツ、ずるへいのくまごろうプリンレシピ通りに作れば出来そうな気がしました(?)美味しそうなのでみんな食べてみたいです。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話が幾通りにも展開して、おかしいと思うと行き止まり。
    こんなおはなし迷路は初めてです。
    長編ものをクリアしたときには、話の内容が不確かになるほど、グッタリしてしまう文字の迷路でした。
    とてもエネルギッシュな本でした。

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「心」って何?
    というのを
    高校2年の時の保健体育の授業で
    議論?話し合いをしたのを
    覚えています
    結局、結論は出ず
    高校生の未熟な私は
    もやもやしてました
    数学のように、答えが決まっていれば
    きっとすっきりしたでしょう

    この絵本は、おもしろい着眼点だと思いました
    こんのさんの文章で
    言葉を聞くだけでもOKかと思います

    いもとさんのかわいらしい絵が
    小さい子でもOKなようなのです

    こどもは、哲学者ですから
    小さい頃にこの絵本に触れて
    思春期に、ちょっと思い出して
    この絵本を再度読んでみるのもいいのかもしれません

    とても、大事なこと

    まだ、私は、答えを知りません(笑

    掲載日:2018/06/18

    参考になりました
    感謝
    1

305件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


『あーん』イベント&おうちレポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット