ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト、スタートしました!
  • ばけたくんシリーズは、いつも美味しそうなお話が多く、お腹がすくことばかりです。
    今回は野菜なので、ばけたくんがサラダになってます。
    中途半端な化け方でも、それなりにけっこう可愛いなあと思いました。
    野菜の花や葉の部分が、リアルに描かれていて、ためになります。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルさを支える適度なリアルさ

    • 吉田進屋さん
    • 40代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子14歳

    構成は扉+10場面、横書き上開き、場面はすべて見開き。

    本作は場面の片方(上側)が鏡面のように加工されていて、もう片方(下側)の絵を反射する仕掛けになっています。
    この反射による表現は初読時に思わず声が出るほどの「リアルさ」を帯びていて、そしてこの「リアルさ」を支えているのが、絵の絶妙のデフォルメ度合いと鏡面の反射具合による「適度なリアルさ」です。

    単純に「リアルさ」を出したいのならば写真と鏡を使った方がてっとり早いように思いますが、実はそれは反射し過ぎて逆効果で、また、デフォルメを効かせ過ぎても外れていくので、著者がこの「適度なリアルさ」に着地するまでには相当な試行錯誤があったんだろうと思います。

    内容面では人が姿を現さないことから「きょうのおやつは誰のおやつ?」というフックになり、読み進める内にそれが転じて「これは(読み聞かせを聞く)あなたのおやつなのよ」というトークに自然につながります。

    ただ、文章についてはつくりがここまで「リアルさ」を保持したのならば、もうすこしそぎ落とした方が良かったかもしれません。

    印刷は日本写真印刷、製本は大村製本。
    この絵本は書店販売メインで企画されたでしょうから、1500円という価格設定は妥当かと思います。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 似通った世代だと思うので、子供の時に思いを馳せて懐かしく読みました。
    オリンピックまで、○○○日という、電光掲示板が近くの信用金庫にあって、学校の帰りに毎日眺めていましたねえ。
    それいゆと言う雑誌とよく似た絵のスタイルブックで、夏服をぬってもらいました。
    フラフープにホッピング、爆発的に流行っただっこちゃん人形等々。
    この本を、読んでいて、色々思いだしてしまいました。
    みんなそれぞれに、物語があったのだなあと、あらためて思ったりしました。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけだらけ!

    • みほちいさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子6歳、女の子0歳

    3000円で300種類のしかけ。
    1しかけ10円。

    相手は0歳、まだ自分ではめくれず。
    6歳のお兄ちゃんが喜んであれ、これとめくっていました。
    赤ちゃん向けの色々なしかけ絵本がありますが、これ1冊で何冊分もの内容をぎゅっと詰め込んだかんじです。
    これ1冊あれば、しばらくもちます。
    1冊の値段としては高めですが、お買い得な絵本だと思いました。

    パパは、しかけざ多すぎて読むのが大変、、、と失笑しています。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おこめづくりの様子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    4歳と6歳の子に読みました。
    我々が毎日のように食べるお米。
    そのお米ができるまでがよくわかる写真絵本です。
    田んぼは見たことはあっても、おこめづくりの様子は初めて知ったこどもたち。へ〜という感じで聞いてくれました。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア溢れる、奇想天外なお話!

    きたじまさんの新作が出たと知り、さっそく全ページ試し読み!
    →させて頂いたら、やはりとても面白く、迷わず購入しました。

    当たり付きアイスの棒に書かれていた『あたりかも』も文字。
    「当たり」なのか、「当たりじゃない」のか?!
    確かめるべく、“ぼく”とパパはアイス王国へ!!

    ユーモア溢れる、きたじまさんワールド全開のお話に、
    思わず「こう来たか(笑)!!」と、微笑んでしまいました。
    う〜ん、やられた!( ^ ^ )予想もしなかった、オチ(笑)(笑)

    きたじまさんの細かい描き込みもとても楽しくて、
    子供たちも隅々までチェックしていました。
    お話も描き込みも、最初から最後まで楽しめます!!

    8歳の次女が、「毎日アイス食べられていいな〜」と羨ましがっていました(笑)。

    楽しいお話と、夢いっぱいの展開に癒されました。
    奇想天外なお話の好きな親子におススメです!( ^ ^ )

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめる

    • ももみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、男の子4歳、女の子3歳

    子供たちにお試しで読みました。絶対にボタン押しちゃダメ!というと押したい気持ちとダメって言われてるから我慢してる子供たち。次は何が出てくるかドキドキしてました。読んだその日からまたボタン読んで!と言われたので購入しました。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で読むには本好きの4年生くらいでないとむつかしいかもしれません。読み聞かせるには一つのお話が長いので大変。しかし長編ならでは丁寧な描写が魅力的。耳で聞いていてもどんな出来事がおこっているのかがわかりやすい。本当にアメリカの少年の日常が描かれているんだなとおもいました。ときどき、わからない単語は出てきますが、本当におもしろい。おおきな冒険はないけれど、日常ってこんなにもおもしろいんだなと感じる本です。子どもが手に取るのは現在において難しいかもしれません。絵も地味だし文章も長いので。。しかしこれを手渡す大人がきちんと渡してやるべきとおもいました。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいー!!!!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    6歳の娘から、
    「まさかさかさまシリーズが面白いよ!」と言われて、
    捜しに捜して一緒に読んだ一冊ですが、

    すごい!
    面白い!

    昔、美術の教科書に載っていた、
    グラスにも見えて女の人の横顔にも見える絵

    の、さかさまバージョン、
    しかも、全ページ!

    よくこんなの描けるなぁー。
    ため息がでるほど私は感動しました。
    頭の固い私には無理だ!

    これは全巻制覇したいシリーズです。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビリビリ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    4歳と6歳の子に読みました。
    ビリビリビリビリとビリビリのことについて、考えさせられる絵本でした。
    我々の身の回りには本当に当たり前にたくさんのでんきのビリビリがあるなーと改めて思いました。
    こどもたちはビリビリという言葉が気に入ったのか、ビリビリと言いながら、家にある電化製品を指差していました。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

692件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット