すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
  • お絵描きしてみよう

    ただぐるぐると描いたものが、イチゴや太陽に変身。
    我が家の子供達も小さい頃、よく、ぐちゃぐちゃと適当に描いたものを「何に見える?」と言ったりして楽しんだことを思い出しました。想像力が養われますね。
    そういえば、小さい頃はあんなに好きだったのに、最近あまり絵を描かなくなってしまった気が・・・これを機に、また子供達と「ぐるぐる」とくれよんでお絵描きしてみようかなと思いました。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが知っている桃太郎のお話を、桃太郎本人の視点から語るというこの一冊。
    主役の桃太郎の顔は一切出てこないし、一番最初は桃の中にいる状態から始まるという斬新さ。
    強くて、何のためらいもなく鬼退治に出かけていくイメージだったこれまでの桃太郎ですが、この桃太郎は悩みや恐れを抱き、それを乗り越えていく人間らしさが溢れていて、思わず応援したくなります。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃんごとは・・・

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    うちの子には幼い絵本でした。
    が、実際赤ちゃんだとして
    読むかは微妙な絵本だと感じます。
    あかちゃんごの一覧えほん。

    大人が引っ張られて
    あかちゃん言葉はしゃべってはいけないと
    言われてきた気がするので
    本として読むことがなんとなく居心地が悪い感じがします。
    まだ理解できない言葉をしゃべる赤ちゃんとの
    コミュニケーションを想定しているのかな。
    あまり好みではないです。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • さいとうしのぶさんの 食べ物の絵本は何冊か読んだことがあり
    大好きなものが多いです。
    これも さいとうしのぶさんの本であることと
    タイトルを見て興味を持ちました。
    私自身が昭和な関西ですから。

    絵本ではなく
    新聞に掲載された原稿に加筆され
    まとめなおされたものらしいです。
    ひとつの食べ物と それにまつわる
    さいとうしのぶさんらしい文章が
    春夏秋冬で たくさんのお話です。
    私にとっては どれもこれもわかりすぎる内容だったので
    とても楽しく拝見しました。
    知らないと わかりづらいかもしれません。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読めました

    コドモエの方をずっと読んでいたのですが、こちらは初めてで
    お試しにバックナンバーを買ってみました。
    ムーミンの仲間たちのすてきな絵がいっぱいです。
    北欧の暮らしが見える写真も多く、楽しめました。
    また、ほかのMOEも買ってみたいです。
    ダイアリーもついていましたが、かわいいので、しばらくこのまま本棚に置いておくことになりそう。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • はりねずみのはりこのおばあちゃんは テーラーはりはり   洋服屋さんです
    おばあちゃんのステキな洋服をもりのみんなに届けるのははりこのお仕事

    はりこは みんなが羨ましいのですね 自分もおしゃれしたいのですね
    「いいなあ わたしも・・・・・」 みんなも優しく はりこのおしゃれのお手伝いをしてくれます

    その発想がなかなか おもしろいのですが・・・・うまくいきません

    おばあちゃんは そんなはりこの 気持ちをくんで ステキなプレゼントを作ってくれました
    はりこに ピッタリ   かわいい!!   さすが おばあちゃん 
    テーラーはりはり  名人ですね

    森のみんなが羨ましく思うほどでしたよ    お茶会も楽しそう!
    おしゃれをたのしんで ほのぼのしたお話しでした 

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 10ヶ月の息子は表紙のぐるぐるを手でなぞっていました。
    シンプルでさくっと読める本ですが、イラストはカラフルで可愛くて、息子は何度もページをめくって見ていました。
    息子がクレヨンが握れるようになったら、こんな感じでぐるぐると夢中でお絵描きして楽しむんだろうなぁと楽しみになりました。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 【あらすじ】
    みいちゃん(5才より下だと思われる)が、自分の身体やしぐさの、いろいろな部分を、家族と見比べて、おなじだと気が付ついていく。
    おなじだということを、楽しむ絵本。

    【感想】
    家族の仲が良いことを前提とした作品。
    そのため、幼少期に家庭が崩壊していた私は、個人的にはあまり好きにはなれない作品でした。それは、常に、「この家から出る」「この一族と関わり合いにならないで生きる」「なるべくここから遠くにいく」ということを目標にして生きてきたからです。

    同じ、ということは、私にとっては、家代々の因縁や嫌な「遺産」を強制的に負わせられるという、恐怖感を連想させます。個人的には怖い絵本。悪夢。

    …個人の事情はさておき、幼児向けの絵本としては、いいものなのではないでしょうか。
    子どもに絵本を買い与えられる家庭環境、人間関係、経済状況であるなら、まず無難な作品だと思います。特にややこしい人間関係の問題が相手方になければ、プレゼントにしても喜ばれそうです。

    絵が面白い。子どもや家庭の生温かい体温が伝わってきそうです。
    鼻息までこちらにかかってきそうだし、話し声が聞こえてきそう。実に生き生きしていいます。
    今、祖父母と両親と兄弟とペットという一家は、「大家族」で「珍しい」ということになるのかしら?自分の周りは核家族ばかりなので、このような雰囲気は久しく見ていないので、懐かしい感じがしました。ちょっと昭和っぽい雰囲気がグーです。
    (グーって、わかるかな?昭和っぽい言葉ですね)

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    7歳次女に借りてきました。有名な早口言葉がブタのお話と一緒に楽しめます。例えば、「生麦、生米、生卵」のところは、麦、お米、卵を運ぶ、3匹のブタが出ている感じです。次女はとても興奮しながら(笑)早口言葉を言っていました。途中で9歳長女も参加してきて、3人で早口言葉大会になりました。とても楽しめる絵本ですよー。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ガストンは「ブルドック」です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    表紙の絵からは想像のつかない物語展開で、そのギャップがインパクトありました。

    また、「ブルドック」だとは書いてある文章を読むまで、ガストンがブルドックという種類だとは気づきませんでした。(これは故意にそういう風に描いたのでしょうか?)
    昭和時代のドラマではよく見かけた「とりかえっこ」物語。
    こうやって動物バージョンで見るのもなかなか良かったです。
    衝撃的なシーンがあるわけではありませんが、見やすく楽しい内容でした。
    犬たちの名前も早口言葉やおまじないみたいで面白いです。
    読み聞かせに使うなら小学校低学年から中学年くらいがお薦めです。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

1,314件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット