ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
  • 高齢者向けの紙芝居を探していて見つけ出した作品です。
    羽衣を取ってしまった男と天女の物語ですが、他の作品と大きく異なり、直接的に七夕が出てこないこと、男は天にのぼったものの地上に戻ってくること、二人の間にできた子どもが、成長して父とともに暮らしていくこと、と似て非なる展開は、かなり独創的です。
    坂本さんの絵が明快で、お年より向けのような気がします。
    昔話としてしっかりしているので、読み聞かせしてみたいと思います。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癒された

    はじめは全く見向きもしなかった息子、何日からたってようやく「これ読んで」とおゆるし?がでました。

    おそらく英語の韻をふんでいるんでしょうけど、訳文がすばらしい!
    やわらかいイラストとあいまって、読みながらとても癒されました。

    このままおやすみなさいって感じ・・・かと思いきや最後は朝だったので裏切られたような気もするのですが、内容がとてもよかったのでこれはやっぱり朝で終わる本なのだな、と受け止めました。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 会話のみでお話はすすんでいきます。が、なかなかかみあわないところが、楽しいです。ガーコちゃんの暴走ぶり(?)に、こまりながらもやさしく話をつづけようとするリチャード。
    おもしろい組み合わせの二人だなあ、と。この二人の生活に興味がわくので、他のお話も読んでみたいです。
    絵は色がきれいでかわいかったです。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡素化されたくろくまちゃんの絵が、可愛いです!くろくまちゃんの掛け声も一緒に頑張ってしまいました。「うんとこ こらしょ どっこい どっこい
    」  「うんとこ こらしょ やっとこ やっとこ」ブー!に爆笑してしまいました。おいもを食べてないのにね!りすさんたちにお手伝いをしてもらって、「やっとこ  どっこい!」スポーンと大きなおいもでした。その後は、地下の世界には、恐竜が住むとは、わくわくする芋ほりに二重の喜びがありました。くろくまシリーズは、楽しいです!

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の音・・

    ちょうどセミの声が聴こえ始めていて夏だなーと実感していたころでしたので、少しワクワクしながらどんな音だろうと期待いっぱいでページをめくりました。
    期待度が高すぎたのでしょうか・・
    少し思っていた内容とは違いました。
    植物が成長する音って少し表現が難しい気がします。


    花火にセミに、風鈴・・どれも夏らしい音。
    素敵なんですが、ここに夏の爽やかさが加わって・・読んでいるだけで夏気分になれるような涼める様なそんな音を期待してしてしまいました。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕にピッタリで切ない絵本に出合いました。
    七夕飾りに願いをこめて、こぎつねのつけた独特の短冊は、かなわなかったけれど、別の贈り物をくれたのです。
    ちょっぴり悲しいけれど、こぎつねにとっては素晴らしい贈り物だったのではないでしょうか。
    心をこめて書いた願い事は、何かの形でかなえられるのかも知れませんね。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  •  いつもあたりまえのように食べている料理、その材料は、どんなふうにできているのか、、、。
     穀物、くだもの、野菜、お肉、コーヒー、チョコレート、オリーブ油など、なじみの食材が、いっぱい。一本の道を進みながら、いろいろな食材のことを、知ることができます。
     小さな子にも、わかりやすく楽しい絵がいいなと思いました。大人も勉強になります。

     お皿に盛られたおいしそうな料理、この道を思い出しながら食べると、好き嫌いがなくなりそうですね。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普段当たり前のように口にしている食べ物たち。
    「美味しい」「不味い」「好き」「嫌い」なんて言葉は簡単に口にしてしまいますが,この当たり前のように食している物たちが食卓に並ぶまでの過程を深く考えることはあまりありません。
    親の私がそうなのだから,我が家の子供もきっと(汗)。
    どんなふうに食べ物が作られるか(作物),キュートなイラストでとても楽しく描かれた絵本でした。
    堅苦しくない本なので,何度も開きたくなるし,色々と見入ってしまいました。
    何でしょうか,このワクワク感は!
    子供も大人も世代を超えて学べる楽しい絵本です!!

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

588件見つかりました

最初のページ 前の10件 55 56 57 58 59 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット