すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
  • 前回くすのきだんちを大層気に入っていたようなので、こちらも図書館で借りてみました。
    今のところ最新作、かな?

    が、こちらはストーリーというよりは、それぞれの住人が雨の日にどう過ごすか・・・という内容でした。
    息子の食いつきも前ほどではなかったです。

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おでかけしたペンギン一家。道にまよってしまい、思いもかけないほど遠いところまでやってきます。
    びっくりするほどの道のまよいかたに、思わずわらってしまいました。ペンギン一家とホッキョクグマの交流にもほのぼのします。
    絵もカラフルでとってもかわいく、楽しい絵本でした。

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 有名なイギリスの昔話、三匹のこぶたの、こぶたとおおかみを逆転した現代風パロディです。

    ぶたの悪いことといったら、元の昔話のオオカミよりも、強烈です。
    でも、最後は…
    現代の世界の争いも、このように解決すれば…と思わずにはいられません。

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • これぞ、THE

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。

    ハロウィンって私が子供のころにはなかった行事で、
    ”Trick or treat?!” という言葉は、英語の教科書で習ったのが
    最初でした。

    それが今では、
    カタカナで絵本の表紙になるくらい、
    ゼンコックでメジャーな言葉に。

    時代だなぁ〜。

    なぁんて感慨深く(私だけ?)、娘と読ませていただいた一冊です。

    この絵本のこどもたちは、
    まさに私が英語の教科書で読んだり映画で見たりして
    想像していたハロウィン仮装の由緒正しき?姿。
    そして迎え撃つ敵もこれまた個性派揃いで、
    街全体がハロウィンの楽しさに包まれている様子が
    見ているだけでワクワクします。
    シュリケンクッキー、なかなかいいな。
    まさに和と洋の折衷!
    時代だなぁ〜(また私だけ 笑)。

    そして一番面白いのは、なんといっても終盤!
    このために我が家の娘はわざわざ部屋の電気を片っ端から消し、
    真っ暗闇で挑みました。

    と、偶然光るパジャマを着ていた娘。
    絵本と一緒にパジャマも光る。

    キャー!!オバケー!!!

    と盛り上がりつつ、読み終えた一冊ですが、
    最後のオチもかなり笑える!
    ほんとにイタズラされちゃったオバケさん、気の毒でしたが、
    ハロウィンなんだからちゃんとお菓子を用意しとかないとね☆

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本屋でおすすめされていたので、読んでみました。
    学校司書をしていたので、興味本位で。

    ラストがドン引きでした。気持ち悪すぎです。
    女の子が憧れて口紅とかヒールとか履くことはあっても、あれはないですね。
    吐き気がします。
    あれで感動するとでも思ってるのでしょうか?作者、編集者、薦めてくる出版社、本屋は何を考えてるんだと思いました。

    読み聞かせしたとしても、子供たちは絶対悲鳴を上げるのが想像できます。読む方もセンスが疑われそうです。


    私はまだ独身ですが、この感想コメントを書かれてるママさんたちの気持ちは相当なものでしょう。
    自分が亡くなって子供が残されて。あんな軽く描かれるとはって思いますよ。あんな本の中みたいに軽い気持ちでいられる訳ないです。

    最低な絵本です。ここまで酷い絵本初めて読みました。
    絶版になってほしいレベルです。
    続編まで出てるなんて有り得ない。

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子には怖いみたい

    内田さんのほんわかしたイラストと、なんでもひげが生えちゃうというよくわからなさがほのぼのと面白いなぁと思いました。

    が、息子にはいまいち不評のようで、おうちや空にひげが生えちゃうのが怖かったみたいです。

    発想力が広がるかなぁ・・・と思ったけど、残念!

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも、かわいらしいハロウィンのお話です。お家をたずねて、いろんなお菓子をもらえるワクワクが伝わってきます。カラフルな絵もかわいいです。わかりやすい言葉なので、小さな子どもたちから楽しめそうです。 

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨーロッパの昔話では、おおかみが悪の象徴として使われることが多いです。
    特に有名なのは、おおかみと3びきのこぶた、おおかみと7ひきのこやぎ、赤すきん。
    この3つのお話のパロディ絵本です。

    昔話は昔話として、楽しんだあとに、おすすめです。
    パロディとして、丁寧に作られていて、パロディというものの魅力が秀逸です!

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    2

398件見つかりました

最初のページ 前の10件 36 37 38 39 40 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット