なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

蓮見治雄 文・解説

蓮見治雄 文・解説

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

アローハンと羊

アローハンと羊

作:興安  文・解説:蓮見 治雄  出版社:こぐま社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2007年02月  ISBN:9784772101851

1件見つかりました

蓮見治雄 文・解説さんの作品のみんなの声

  • 自然とともに生きる

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    モンゴルらしい絵本です。 遊牧というと、大自然の中で伸び伸びと生活しているような気もしますが、日々の暮らしは、とても地味で、結構孤独で、そして天災に怯えなければいけない生活なのですよね。 ・・・続きを読む

  • 良い意味で期待はずれ

    息子が「雲」に興味を持ち始めた頃、「雲」のキーワードでヒットした作品のひとつでした。 私が想像していたような本ではなかったのですが、これはこれでとてもよい作品でした。 水墨画の手法で描かれたと・・・続きを読む

  • モンゴル放牧民の生活は、大自然とともに営まれているのでした。 作者が描く世界は水墨画の幽玄さで物語を包み込んでいました。 少女アローハンに命を助けられた子羊ホンゴルは、まるで兄弟のように生活をとも・・・続きを読む

  • 連なる命

    • やこちんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、

    モンゴルの女の子アローハンが主人公の物語 かわいがっていた羊のホンゴルとの愛情物語でもあるし ひとりの少女が成長し、嫁に行って子供を産み育てる 命のつながりを感じる本でもあります。 躍・・・続きを読む

  • モンゴルのお話は 「スーホの白い馬」は感動しました。 保育園の子供たちも大好きなお話でした アローハンと羊の絵本を読んで モンゴルの遊牧民の生活の厳しさがよく分かりました 興安さんは・・・続きを読む


『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット