くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ジェームズ・リーブズ(じぇーむずりーぶず)

ジェームズ・リーブズ(じぇーむずりーぶず)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

  • 月はどうしてできたか

1件見つかりました

ジェームズ・リーブズ(じぇーむずりーぶず)さんの作品のみんなの声

  • 月もたいへん

    月を盗んでぶらさげたり、切ったり、月で金もうけしたり、どこからこんな発想が出てくるのか、意外感いっぱいのお話です。 怪しげなお話に、謎めいて、いわくありげな絵が加わり、なんとも不思議な絵本だと思いま・・・続きを読む

  • 新しい発想

    とにかく「こんなお話があったのか!?」と驚きました。 ありえないことの連続で面白くて、あっという間にお話にひきつけられました。 「月」のまったく新しい発想ですね。 もちろん、科学的・現実的ではあ・・・続きを読む

  • なあるほど〜

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    グリム童話より とあります。 初めて聞いた話で、とても面白かったです。 ただ、笑ってしまうのが、ことの始まりは夜に光を放ってくれる月を盗んできたこと。 月を盗んだのだから、つまり悪いこと・・・続きを読む

  • 月の不思議なはなし。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    とても興味深い! 月はどうして出来たのでしょう? 昔、月がなかったころのおはなしです。 当然、夜は真っ暗で、それが当たり前だと思っていました。 ところが、ある村にいくと暗くない。 実は、・・・続きを読む

  • 展開も内容も意外です

    グリム童話でも読んだことがないお話だったのと、絵がアディゾーニだったので読んでみたくなりました。 月がこの世の中になかった頃のお話です。 四人兄弟が月があり夜も明るい場所があるのを見つけま・・・続きを読む


さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット