だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

久米宏一

久米宏一

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

5件見つかりました

表示

ブーちゃんの秋

ブーちゃんの秋

作:最上 一平  絵:久米宏一  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,165+税  
発行日:1988年09月10日  ISBN:9784406016636
きつねの花火

きつねの花火

文:那須田 稔  絵:久米宏一  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1982年03月  ISBN:9784591005392
紙芝居 なぞなぞむこどん

紙芝居 なぞなぞむこどん

絵:久米宏一  脚本:佐藤 義則  出版社:童心社  本体価格:¥1,800+税  
発行日:1980年09月  ISBN:9784494075126
ぼくらは機関車太陽号

ぼくらは機関車太陽号

著:古田 足日  絵:久米宏一  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,398+税  
発行日:1972年12月20日  ISBN:9784406001830
南総里見八犬伝 

南総里見八犬伝 

著:猪野省三 久米宏一  出版社:童心社  本体価格:¥2,000+税  
発行日:2009年02月  ISBN:9784494019854

5件見つかりました

久米宏一さんの作品のみんなの声

  • 母親という存在

    どろぼうに母親の形見のこけしを盗まれた男。 この男にとっては、こけしそのものの価値や、今の生活などは、まったく関係ないほど、大切なものなんだなって思いました。 母の思い出のつまったこけしを半狂・・・続きを読む

  • こけしの心

    形見のこけしのは、母親の作ったこけし。 こけし作りの男を支える不思議なこけしでした。 こけしを盗んだどろぼう、盗まれた男がこけしの魔力で幻想的なお話を繰り広げます。 こけしには魂があるのですね。・・・続きを読む

  • なるほど

    息子を持つママとしてはたまらなく大事にしてますが、 それと同様、娘を持つパパもやっぱり大事なんでしょうね・・。 それを知ってか知らずか、逆手にとって、 子どもが有利になるなんて、参り・・・続きを読む

  • 主人公は小学4年生

    新司は、運動神経も鈍くて体重が五十キロ以上もある小学4年生です。だからなわとびも苦手です。 冬になると小学校では必ずなわとびがありますね。 そんなことから興味を持って読みました。新司は動き・・・続きを読む


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット