だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

森忠明

森忠明

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

安寿と厨子王

安寿と厨子王

作:堀泰明  絵:森忠明  出版社:「京の絵本」刊行委員会  本体価格:¥1,748+税  
発行日:1994年05月  ISBN:9784810418866
ホーン岬まで

ホーン岬まで

作:森忠明  絵:藤川 秀之  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,262+税  
発行日:1990年11月  ISBN:9784875765813

2件見つかりました

森忠明さんの作品のみんなの声

  • 子供のころに

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    まだ小学生のころに、私より下の子たちが劇をしていた覚えがあるので、もっと簡単な話かと思っていたら、なんと難しい話であることか・・・ ちょっと衝撃を受けました。 だまされて、親子が引き離され、ひどい・・・続きを読む

  • この物語の時代は…?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    出版元が面白いですね。 「京の絵本」刊行委員会というところが出しています。 後半の舞台が京都だったからでしょうか? 解説を読むとこのお話は、中世期末期頃に成立した物語だそうです。 上の子と「こ・・・続きを読む

  • 一度は読んで欲しい

    誰もがたぶん名前くらいは聞いたことのある本なので、買わなくても、ぜひ一度は読んで欲しいです。 安寿と厨子王の姉弟は、母と一緒に逃げ延びる途中、悪い人攫いにつかまり、母が二人を引き離さないで、と泣・・・続きを読む

  • やはり名作

    かの有名な「安寿と厨子王」の絵本です。 『京の絵本シリーズ』だけあって、絵も和風の雰囲気です。 ストーリーはわかっていても、 読む度に安寿と厨子王の様子は涙を誘い、 最後の母親の姿は胸を打・・・続きを読む

  • 日本の文化です。

    • ミッケ!さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    日本の古典ですが、本屋さんで「京の絵本」シリーズとして出ていました。絵の美しさもさることながら、のちに安寿と厨子王を売り飛ばした人買いが処刑されるところなど、子供の絵本としては、躊躇する?首切りの場面・・・続きを読む


第12回 『あったかいな』の片山健さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット