キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

町田 仁(まちだしのぶ)

町田 仁(まちだしのぶ)

1922年東京に生まれる。慶應義塾大学文学部卒業。花森安治との知遇を得て「暮しの手帖」誌上で、藤城清治が影絵で描く、外国名作童話の翻訳を担当。1950年に発表された、暮しの手帖社刊行の『ぶどう酒びんのふしぎな旅』でも翻訳を行った。また大手広告代理店で広告プランナー・プロデューサーとして活躍するかたわら、ラジオ・テレビ・演劇でシナリオを多数発表。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ぶどう酒びんのふしぎな旅

ぶどう酒びんのふしぎな旅

原作:H.C.アンデルセン  絵:藤城 清治  訳:町田 仁  出版社:講談社  本体価格:¥2,857+税  
発行日:2010年04月  ISBN:9784061324244

1件見つかりました

町田 仁(まちだしのぶ)さんの作品のみんなの声

  • ひきこまれる

    藤城さんの絵本なので読んでみました。原作はアンデルセンですが、このお話ははじめてでした。 ぶどう酒のびんの語られるお話は、せつなく、深くひびいてきます。 そして、絵のすばらしさにひきこまれました。・・・続きを読む

  • 影絵

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    アンデルセンが好きなので読みました。 びんの人生といっしょに人間たちの様子も見えてきます。 影絵がとても美しい絵本だと思いました。 よくこんなに細かく表現できるなーと感心してしまいます。 そん・・・続きを読む

  • 芸術

    初めて読むお話でした。 お話と絵の魅力に、すっかりはまってしまいました。 人生の悲しみも喜びも、両方描かれていて、まさに光と影で描かれる影絵そのものだと思いました。 重なるようですれ違う物語は、・・・続きを読む

  • 藤城さんの影絵絵本の出発点

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    私くらいの年代の方で、藤城さんの影絵を知らない人はいないのではないでしょうか? お名前を知らなくても、絵を見れば「あぁ、あの絵の!」と思われると思います。 実はこの作品は藤城さんの絵本(影絵)作家・・・続きを読む

  • お互いが気づかないで・・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    藤城清治さん86歳の最新作は60年の時を経て、再びこのお話をカラーにして、経験と技術と感動を込めて作り上げたものでした これが影絵かと思うほどの繊細さが、見ているものを感動させずにはいられません・・・続きを読む


『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット