ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

クリス・K・スーンピート(くりすけーすーんぴーと)

クリス・K・スーンピート(くりすけーすーんぴーと)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ぼくが一番望むこと

ぼくが一番望むこと

文:マリー・ブラッドビー  絵:クリス・K・スーンピート  訳:斉藤 規  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2010年07月23日  ISBN:9784406053341

1件見つかりました

クリス・K・スーンピート(くりすけーすーんぴーと)さんの作品のみんなの声

  • 考えられないよね

    今の自分たちの世界では、考えられないような現実です。 ブッカーは、朝暗いうちから仕事に出かける。朝ごはんも食べずに仕事に取りかかる。わずか9歳で、家族のため、家族とともに働く現実。でも、ブッカーは文・・・続きを読む

  • 勉強が出来るということ

    勉強できるということが、どんなに恵まれていることか、子供自身も考えていた様子でした。 字が読めるだけで、どんなに世界が広がるでしょう。 当たり前のように学校に行っていると、忘れてしまいますね。 ・・・続きを読む

  • 読むこと、書くこと

     生まれたときから絵本にふれて、 ものごごろついたころには、文字をよむことができる 私たちには、なかなか想像できないことです。  おなかをすかせても、本が読みたい、なんて。  奴隷から解放・・・続きを読む

  • 渇望

    渇望という言葉の裏には、抑圧・貧困・差別などがあると思いました。 黒人教育家であるブッカーの自伝的絵本ということで、実話である重みがずんと迫って来ます。 食べていく、仕事があるという次にく・・・続きを読む

  • 光と影

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    黒人教育者ブッカーの幼少期を描いた絵本です 本当に映画のワンシーンのような、光と影の絶妙なコントラストで描かれた絵に、一瞬写真かと思うほどでした また学びたいと一途に思うブッカー少年に、1冊の・・・続きを読む


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット