くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

エマヌエラ・ブッソラーティ(えまぬえらぶっそらーてぃ)

エマヌエラ・ブッソラーティ(えまぬえらぶっそらーてぃ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

タラリタラレラ

タラリタラレラ

作:エマヌエラ・ブッソラーティ  訳:谷川 俊太郎  出版社:集英社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2011年09月  ISBN:9784087814781

1件見つかりました

エマヌエラ・ブッソラーティ(えまぬえらぶっそらーてぃ)さんの作品のみんなの声

  • 言葉の音のとり方がとても難しいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    初めてこの本を口にした時、タイトルからしてちゃんと言えてなくて、 「タラリラ〜」と、言ってしまいました。 本当は「タラリ」、「タラレラ」です。 わたしたち大人はどうも頭で物事を考えすぎなのだ・・・続きを読む

  • ピリプ語難しい

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    「これはピリプっこのためのピリプ語の絵本です」 って・・・えー!ピリプ語ってなに? 読んでみて納得。これがピリプ語ですか。さすが谷川俊太郎さんの訳ですね。 何度か読まないと、カタカナが発音しにく・・・続きを読む

  • 感性がないと・・難しい??

    息子が図書館で選んだ1冊です。 谷川俊太郎さん訳だし・・・と思ったのですが オノマトペ(擬音語)の絵本なので正直私には難しかった。 私の感性が足りなかったのでしょう。 もちろんストーリ・・・続きを読む

  • 擬音語がいっぱい

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    声に出して読むと楽しい絵本とのことでしたが、擬音語がいっぱいで正直むずかしかったです。 中にはわかるようなわからないような音があったりで・・・ ストーリーもわかるんだけどなんだか微妙でう〜ん・・・・・・続きを読む


南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット