もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かとう はやと

かとう はやと

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

みえないばくだん

みえないばくだん

文:たかはし よしこ  絵:かとう はやと  出版社:小学館  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2011年12月  ISBN:9784097264576
  ためしよみ  全ページためしよみ

1件見つかりました

かとう はやとさんの作品のみんなの声

  • う〜ん。。

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    原発反対を直球でうったえる絵本です。 私も反対派なのですが、それでも原発事故の時、放射線をあびた人が病気の子どもをうんでしまうということが断言されているこの絵本には、どうなんだろうという気持ちになり・・・続きを読む

  • みんなに読んでもらいたい!

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    息子の宿題に読ませた絵本で福島原発のお話です。 小学2年生にはちょっと内容が難しく、重たいと思いましたが、 大変なことが起こって、今もまだ起こっていることを知ってもらいたいと。 息子は意味がわか・・・続きを読む

  • 大きな課題

    原発や放射能の恐ろしさについてわかりやすく書いてあり,小学生くらいの子供に知ってもらうにもよい絵本だと思いました。 大人の私が読んでもとても読みやすく,色々考えさせられ,風化させてはいけないなと改め・・・続きを読む

  • 事の重大さを理解しました

    原発の危険性について、ここまで深く知らなかったので驚きました。 恥ずかしながら、 「きっと危険だから、無くした方がいいのだろうけれど・・・」 と、そのくらいの知識でした。 昨年まで被災・・・続きを読む

  • 原発について

    福島の原発事故を、テーマにした作品です。 そうとは知らずに手にして、タイトルから地雷撲滅の絵本かと思っていました。 放射能の脅威を「みえないばくだん」という表現は、的を獲ていると思いました。 な・・・続きを読む


「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット