雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

マーガレット・ワイルド(まーがれっとわいるど)

マーガレット・ワイルド(まーがれっとわいるど)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

9件見つかりました

表示

ライオンのひみつ

ライオンのひみつ

文:マーガレット・ワイルド  絵:リトバ・ボウティラ  訳:木坂 涼  出版社:国土社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2014年06月  ISBN:9784337062474
さよならをいえるまで

さよならをいえるまで

作:マーガレット・ワイルド  絵:フレヤ・ブラックウッド  訳:石崎 洋司  出版社:岩崎書店  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2010年06月  ISBN:9784265068241
だいすき、パパ!

だいすき、パパ!

作:マーガレット・ワイルド  絵:スティーブン・マイケル・キング  訳:さんべりつこ  出版社:主婦の友社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2009年05月  ISBN:9784072663189
  ためしよみ
だいすき、ママ!

だいすき、ママ!

作:マーガレット・ワイルド  絵:スティーブン・マイケル・キング  訳:さんべりつこ  出版社:主婦の友社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2007年09月  ISBN:9784072543962
  ためしよみ
ちゅっ、ちゅっ!

ちゅっ、ちゅっ!

作:マーガレット・ワイルド  絵:ブリジット・ストリーブンズ=マルゾー  訳:なかがわ ちひろ  出版社:主婦の友社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2005年09月  ISBN:9784072456354
キツネ

キツネ

作:マーガレット・ワイルド  絵:ロン・ブルックス  訳:寺岡 襄  出版社:BL出版  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2001年  ISBN:9784892385872
ジェニー・エンジェル

ジェニー・エンジェル

作:マーガレット・ワイルド  絵:アン・スパッドヴィラス  訳:もりうちすみこ  出版社:岩崎書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2001年  ISBN:9784265068036
ぶたばあちゃん

ぶたばあちゃん

作:マーガレット・ワイルド  絵:ロン・ブルックス  訳:今村 葦子  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1995年  ISBN:9784751514450
  ためしよみ
ぼくのへやにうみがある

ぼくのへやにうみがある

作:マーガレット・ワイルド  絵:ジェーン・タナー  訳:しろたのぼる  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,204+税  
発行日:1987年  ISBN:9784593502073

9件見つかりました

マーガレット・ワイルド(まーがれっとわいるど)さんの作品のみんなの声

  • 考えたい絵本です。

    イヌと カササギ。 その関係の中に入り込んできたキツネ。 鋭さが迫ってくるような絵、 色使いも迫力があります。 手書きと思われる文字も 読みづらい方向に書かれていることも よりいっそう・・・続きを読む

  • 川端誠さんも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    表紙から独特の迫力です。 イヌとカササギの友情と、そこに割り込んできたキツネ。 揺さぶりの言葉の巧みさもさることながら、 その目的に、キツネの孤独の重さを突きつけられます。 とても重いテーマを・・・続きを読む

  • あたえて受け取る命のリレー

    ちょっとためし読みで読んだら気になったので、 図書館で借りました。 思っていた以上に「死」が鮮明に描かれていますが、やわらかいタッチの絵とあたたかい言葉で、余韻が残る感動するお話でした。 ・・・続きを読む

  • ライオンと図書館の関係

    以前に『としょかんライオン』という絵本を読んで感じたのですが、ライオンの像が図書館の前にある公共図書館とは、アメリカでは珍しいことではないのでしょうか。 図書館の守護神のようなライオン像が、この本で・・・続きを読む

  • ステキなライオン

    このお話は図書館の前にある銅像のライオンが女の子と赤ちゃんを助けるために動いたお話でした。でも、このライオンが動けるのは一回きり。その一回を女の子と赤ちゃんのために仕えるなんてとっても心の優しいライオ・・・続きを読む


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット