もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

エリーネ・ファンリンデハウゼ(えりーねふぁんりんではうぜ)

エリーネ・ファンリンデハウゼ(えりーねふぁんりんではうぜ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ローラのすてきな耳

ローラのすてきな耳

作:エルフィ・ネイセ  絵:エリーネ・ファンリンデハウゼ  出版社:朝日学生新聞社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:2011年12月  ISBN:9784904826379

1件見つかりました

エリーネ・ファンリンデハウゼ(えりーねふぁんりんではうぜ)さんの作品のみんなの声

  • 力強い味方

    ちょっと前に娘のクラスでは「アイマスクをして歩いたり アイマスクをしてボールゲームをする」という学習があった そうです。実際に目を覆うことによって「目が見えないヒト」 の状態に近づき、どういうこ・・・続きを読む

  • 二種類の活字の使い方がいいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    耳の遠い(聞こえが悪い)女の子の不自由で、周りとうまくいかない日常生活を描いています。 主人公のローラはとても前向きです。 物語の途中で「補聴器」を手に入れることができ、ローラの音の世界はいっぺん・・・続きを読む

  • 難聴の少女と補聴器

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    難聴の少女ローラの独白です。 耳がよく聞こえないということがどういうことなのか、 ローラの語るエピソードからよくわかります。 「私のせいじゃない」というセリフが心に響きます。 後半は、補聴器と・・・続きを読む


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット