しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

藤野 可織(ふじのかおり)

藤野 可織(ふじのかおり)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ぼくは

ぼくは

作:藤野 可織  絵:高畠 純  出版社:フレーベル館  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2013年08月22日  ISBN:9784577041598

1件見つかりました

藤野 可織(ふじのかおり)さんの作品のみんなの声

  • 息子が藤野さん作ということで 借りてきて 「どう?」とのこと 谷川俊太郎さんの 「たべる」だっけかな・・・ なんか、みんなの命をいただいているーみたいな 感じかな・・・ と初め思・・・続きを読む

  • ぼくは何でできている?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    コップの牛乳を僕が飲めば,牛乳はなくなったように見えるけど,そうじゃなくて僕の体の中にいて,僕の体を作ってくれる. 本だって読んだら僕の頭の中に入って僕の心を作ってくれる. 言葉だって,言ってしま・・・続きを読む

  • 絵柄は楽しいけど言ってることは難しい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    哲学的な絵本でした。 作品の序盤の方で、 いくつかの食べ物が「ぼく」のお腹の中へ入っていくとき、  きみは ぼくが すき。  ぼくは きみが すき。……  あっ のまないで(たべないで)・・・続きを読む

  • 少し理屈っぽ過ぎるかも

    自分の口に入る牛乳やパンやリンゴに自我があったら、買ってもらった本に自我があったら、発想は凄いけれど、ぼくはきみというまとめに窮屈さを感じました。 絵は楽しいのですが、内容は子どもには哲学的過ぎるよ・・・続きを読む

  • みんな僕の仲間

    このお話は、主人公の少年が食べたり飲んだりしたものが少年の体のいt部となってずっと一緒にいられるっていう事を描いたお話でした。うちの子はこのお話を聞いて、「僕も今日パン食べたけど、お腹の中で生きてるの・・・続きを読む


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット