ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

アントニア・バーバー(あんとにあばーばー)

アントニア・バーバー(あんとにあばーばー)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

やんちゃなサルと しずかなパンダ

やんちゃなサルと しずかなパンダ

作:アントニア・バーバー  絵:メイロ・ソー  訳:山口 文生  出版社:評論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2001年  ISBN:9784566007185
まほうつかいのむすめ

まほうつかいのむすめ

作:アントニア・バーバー  絵:エロール・ル・カイン  訳:中川 千尋  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1993年  ISBN:9784593502998

2件見つかりました

アントニア・バーバー(あんとにあばーばー)さんの作品のみんなの声

  • 和洋折衷の美しい絵

    表紙の和装にも見える黒髪の女性が 主人公の「まほうつかいのむすめ」です。 魔法使いというちょっと洋物っぽい響きなのに 娘がアジア系??? タイトルの前に 「地球を半周飛んでやってきた・・・続きを読む

  • 何を幸せと思うか? 

    魔法使いの娘は、何に不自由なく育てられたかのように思えました しかし、名前もなく「むすめ」と呼び 他の人間との関わりもなかったので、自分の美しさを比較する物がなかったのですね。 まほうつかい・・・続きを読む

  • 美しい絵

    魔法使いもきっと孤独が嫌だったのだと思うけれど、自分が老いていくので永遠の若さを手に入れるのが必死だったのでしょう・・・・ 娘との生活、自分が死んでからの娘の心配をきっとしたに違いないと思いました。・・・続きを読む

  • 自分を知ること

    魔法使いと娘の二人暮らし。 娘は名前もなく、生い立ちも知らないのです。 閉ざされた世界に生活していて、外の世界も他人も知らない。 考えるとすごいことです。 娘は知識を得ることも情報もないから、・・・続きを読む

  • 歳の功

    やっぱり老人は歳の功だけあって上手くまとめたなあって感心しました。どちらの話も平等に聞いてサルの長所を誉め、子供たちにサルを大事にしなさい。サルは夢を与えてくれることを教えます。パンダをたたえなさい。・・・続きを読む


『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット