タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。

ユリ・シュルヴィッツ(ゆりしゅるびっつ)

ユリ・シュルヴィッツ(ゆりしゅるびっつ)

1935年ポーランド ワルシャワ生まれ。1959年アメリカに渡り、2年間ブルックリンの絵画学校で学ぶ。「空とぶ船と世界一のばか」(岩波書店刊)でコルデコット賞受賞。他に「あめのひ」(福音館書店刊)などの作品がある。東洋の文芸・美術にも造詣が深く、この「よあけ」のモチーフは、唐の詩人宗元の詩「漁翁」によっている。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

11件見つかりました

表示

ゆうぐれ

ゆうぐれ

著:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2014年10月  ISBN:9784751527139
  ためしよみ
おとうさんのちず

おとうさんのちず

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2009年05月  ISBN:9784751525210
  ためしよみ
ねむい ねむい おはなし

ねむい ねむい おはなし

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2006年09月  ISBN:9784751522882
たからもの

たからもの

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:安藤 紀子  出版社:偕成社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2006年05月  ISBN:9784032015300
ぼくとくまさん

ぼくとくまさん

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2005年05月  ISBN:9784751522769
  ためしよみ
ゆき

ゆき

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1998年11月  ISBN:9784751519721
  ためしよみ
あるげつようびのあさ

あるげつようびのあさ

作:ユリ・シュルヴィッツ  訳:谷川 俊太郎  出版社:徳間書店  本体価格:¥1,553+税  
発行日:1994年  ISBN:9784198601027
よあけ

よあけ

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:瀬田 貞二  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1977年06月  ISBN:9784834005486
あめのひ

あめのひ

作:ユリ・シュルヴィッツ  訳:矢川 澄子  画:ユリ・シュルヴィッツ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1972年09月20日  ISBN:9784834010770
空とぶ船と世界一のばか

空とぶ船と世界一のばか

作:アーサー・ランサム  絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:神宮 輝夫  出版社:岩波書店  本体価格:¥2,000+税  
発行日:1970年  ISBN:9784001105605

11件見つかりました

ユリ・シュルヴィッツ(ゆりしゅるびっつ)さんの作品のみんなの声

  • よい眠りに

    ユリ・シュルヴィッツなので、読んでみました。 最初からすでに眠い場面だったので、このままゆーっくり眠りについていくのかな思いつつ読みすすめると、途中、予想外の楽しい展開に! まだ眠たくない子どもも・・・続きを読む

  • 素敵な絵です!

    白枠を残してある額に入れて眺めているような素敵な絵にページを捲るのがとても楽しみな絵に出合えました。不思議な夢のお告げを3回も見るとやっぱり3回目には行動を起こしてしまうのもちょっと納得でした。長い長・・・続きを読む

  • 神秘的な時間

    田舎に住んでいて、早起きな人ならこういう時間は 当たり前のことかもしれないですが、普段はこの不思議な時間を 知らない間に過ごしていることが多いです。 湖の岸辺で夜を明かしたおじいさんと孫の朝の火・・・続きを読む

  • はじめはひとひらの雪だけど

    ひとひらのゆきがふわっと舞い落ちる光景から始まっているお話です。 ためらうように、はらりと舞い降りては溶けてゆく薄い雪片。 期待を込めて見上げる子供たちと、たいして関心を示さない大人たち。 大人・・・続きを読む

  • 一枚の地図が心の栄養に

    戦禍を命からがら脱出して、 やってきた地方での両親とぼくの暮らしが描かれています。 淡々と描かれていますが、何もない不自由な生活の辛さがうかがわれます。 食べるのがやっとの暮らしの中で、お父さん・・・続きを読む


可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット