あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

ユリ・シュルヴィッツ(ゆりしゅるびっつ)

ユリ・シュルヴィッツ(ゆりしゅるびっつ)

1935年ポーランド ワルシャワ生まれ。1959年アメリカに渡り、2年間ブルックリンの絵画学校で学ぶ。「空とぶ船と世界一のばか」(岩波書店刊)でコルデコット賞受賞。他に「あめのひ」(福音館書店刊)などの作品がある。東洋の文芸・美術にも造詣が深く、この「よあけ」のモチーフは、唐の詩人宗元の詩「漁翁」によっている。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

11件見つかりました

表示

ゆうぐれ

ゆうぐれ

著:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2014年10月  ISBN:9784751527139
  ためしよみ
おとうさんのちず

おとうさんのちず

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2009年05月  ISBN:9784751525210
  ためしよみ
ねむい ねむい おはなし

ねむい ねむい おはなし

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2006年09月  ISBN:9784751522882
たからもの

たからもの

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:安藤 紀子  出版社:偕成社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2006年05月  ISBN:9784032015300
ぼくとくまさん

ぼくとくまさん

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2005年05月  ISBN:9784751522769
  ためしよみ
ゆき

ゆき

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1998年11月  ISBN:9784751519721
  ためしよみ
あるげつようびのあさ

あるげつようびのあさ

作:ユリ・シュルヴィッツ  訳:谷川 俊太郎  出版社:徳間書店  本体価格:¥1,553+税  
発行日:1994年  ISBN:9784198601027
よあけ

よあけ

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:瀬田 貞二  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1977年06月  ISBN:9784834005486
あめのひ

あめのひ

作:ユリ・シュルヴィッツ  訳:矢川 澄子  画:ユリ・シュルヴィッツ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1972年09月20日  ISBN:9784834010770
空とぶ船と世界一のばか

空とぶ船と世界一のばか

作:アーサー・ランサム  絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:神宮 輝夫  出版社:岩波書店  本体価格:¥2,000+税  
発行日:1970年  ISBN:9784001105605

11件見つかりました

ユリ・シュルヴィッツ(ゆりしゅるびっつ)さんの作品のみんなの声

  • 雪がふってうれしかったころがあったかな?

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子17歳、男の子13歳

    ちょっとだけ雪がふった日があったので、3年生のクラスで読んでみました。絵本のなかの男の子は雪が降り始めたことに、心底喜んでいます。読んでいた子どもたちは、きっとこの男の子に共感できたことでしょう。雪が・・・続きを読む

  • 表紙からこだわりがある絵本らしい絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    すごく有名な冬の日のおはなしです。 何度も読んでいたはずなのに、感想は描いてなかったみたいです(笑) 表紙絵の文字の部分にまでこだわりのある絵本らしい作りが素敵です。 ページ数は結構あります・・・続きを読む

  • クリスマスへ

    『よあけ』『ゆき』『あめのひ』とともに、しっとりと味わいたい作品です。 『DUSK』が原題。 おじいさんと散歩に出かけた男の子が眺めた、12月の夕暮れの様子を描きます。 沈んでいく夕日と、暗くな・・・続きを読む

  • 幻想的な絵と美しい言葉

    この作品については、図書館で目にするまで知りませんでしたが、名作『よあけ』の作者によるものということで、息子に借りてみました。 初めて読み聴かせをした際は、序盤の絵のトーンがやや暗めなこともあり、海・・・続きを読む

  • すきな内容

    まず、大きめの絵本なのでじーっと眺めて絵を見ている子供。優しいタッチで好きです、と思ったら原作者が子供の頃に書いた絵?!すごいと思います。さらに内容としても貧しく食べるものがなくても、心の中に夢かある・・・続きを読む


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット