話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
ユリ・シュルヴィッツ(Uri Shulevitz)

ユリ・シュルヴィッツ(Uri Shulevitz)

1935年ポーランド ワルシャワ生まれ。1959年アメリカに渡り、2年間ブルックリンの絵画学校で学ぶ。「空とぶ船と世界一のばか」(岩波書店刊)でコルデコット賞受賞。他に「あめのひ」(福音館書店刊)などの作品がある。東洋の文芸・美術にも造詣が深く、この「よあけ」のモチーフは、唐の詩人宗元の詩「漁翁」によっている。

お気に入りの作家に追加する

ユリ・シュルヴィッツさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

11件見つかりました

表示

よあけ

よあけ

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:瀬田 貞二  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,320  
発行日:1977年06月  ISBN:9784834005486
おとうさんのちず

おとうさんのちず

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2009年05月  ISBN:9784751525210
  ためしよみ
ゆき

ゆき

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  税込価格:¥1,430  
発行日:1998年11月  ISBN:9784751519721
  ためしよみ
あるげつようびのあさ

あるげつようびのあさ

作:ユリ・シュルヴィッツ  訳:谷川 俊太郎  出版社:徳間書店  税込価格:¥1,708  
発行日:1994年  ISBN:9784198601027
ねむい ねむい おはなし

ねむい ねむい おはなし

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  税込価格:¥1,430  
発行日:2006年09月  ISBN:9784751522882
あめのひ

あめのひ

作:ユリ・シュルヴィッツ  訳:矢川 澄子  画:ユリ・シュルヴィッツ  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,320  
発行日:1972年09月20日  ISBN:9784834010770
たからもの

たからもの

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:安藤 紀子  出版社:偕成社  税込価格:¥1,320  
発行日:2006年05月  ISBN:9784032015300
ゆうぐれ

ゆうぐれ

著:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2014年10月  ISBN:9784751527139
  ためしよみ
空とぶ船と世界一のばか

空とぶ船と世界一のばか

作:アーサー・ランサム  絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:神宮 輝夫  出版社:岩波書店  税込価格:¥2,200  
発行日:1970年  ISBN:9784001105605
ぼくとくまさん

ぼくとくまさん

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ  訳:さくま ゆみこ  出版社:あすなろ書房  税込価格:¥1,320  
発行日:2005年05月  ISBN:9784751522769
  ためしよみ

11件見つかりました

ユリ・シュルヴィッツさんの作品のみんなの声

  • 夢を抱くことの大切さ

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子10歳、女の子8歳

    とにかくお金がなくて、今日暮らすお金もない。 そんなとき、パンを買わずに地図を買ってきたお父さん。 その地図こそが、心を豊かに、自分を違う世界へ連れて行ってくれた。という内容の絵本でした。 ・・・続きを読む

  • だんだん意地になってきました

    月曜日、少年の所にやってきたのは、王様とお妃様と王子様。 意味不明の展開ですが、翌日、またその翌日と、次第にメンバー増えていくところが面白いです。 どうして出かける前とか、夕方とか、僕が居そうな時・・・続きを読む

  • ゆったりとした時間

    冬は昼が短く夜が長いです。 沈んでいく太陽をみた男の子とおじいさんが出てきます。 帰り人もいれば、買い物に行く人もいます。 どんどん暗くなっていき、建物の色も濃くなります。 だ・・・続きを読む

  • 綺麗なよあけ

    本当に美しいよあけの絵本です。 音のない寒くて静かな夜に、ゆっくりとよあけを告げる音が響き始め、 おじいさんと孫がボートに乗り。山と湖が緑になる瞬間が、何度見ても綺麗です。 朝になる絵本だけれど・・・続きを読む

  • 本を読む理由

    とある読み聞かせの会で読んで頂いた本です 絵本の中では地図でしたがそれは本にも通じる事なのではないかと思います 特に子ども時代10歳ぐらいまでの黄金期にどのような本に出会うのかでその後の人生の豊かさみ・・・続きを読む


『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット