ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

アヌシュカ・ラビシャンカール(あぬしゅからびしゃんかーる)

アヌシュカ・ラビシャンカール(あぬしゅからびしゃんかーる)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ここってインドかな?

ここってインドかな?

作:アヌシュカ・ラビシャンカール  絵:アニータ・ロイトヴィラー  訳:角田 光代  出版社:アートン  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2005年12月  ISBN:9784861930232
1・2・3 インドのかずのえほん

1・2・3 インドのかずのえほん

作:アヌシュカ・ラビシャンカール シリシュ・ラオ  絵:デュンガ・バイ  訳:石津 ちひろ  出版社:アートン  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2005年10月  ISBN:9784861930188

2件見つかりました

アヌシュカ・ラビシャンカール(あぬしゅからびしゃんかーる)さんの作品のみんなの声

  • 異文化に触れる

    数字が好きな息子のために図書館で借りてきました。 1,2,3・・・と少しずつ動物が増えて、同じ木に登っていくというもの。 翻訳も日本語の韻を踏んでいて、原文とはだいぶ違うのでしょうか。 翻訳がな・・・続きを読む

  • 英語で数える

    1が「one」 日本語とあわせて、英語での数え方も学べますね。 こういった絵本は他にも見かけますが、絵は、やはりインドらしい雰囲気です。 それを見ると、英語は世界中で使われている言語なのだなと、・・・続きを読む

  • 夢かぁ

    夢の中で、奇想天外な体験をするお話でした。 ちょっと難しいんですよねー、文章が。 「どこにいるかなんて かんけいないさ。もんだいは、どこにいくかなんだから」 など、哲学的だったと思います。 子・・・続きを読む

  • ちょっと難しかった。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    絵がパッチワークでとても暖かく個性的ですが、 ストーリーがいまいちよく分からず、 4歳の息子にもウケがよくなかったです。 一番最後の角田光代さんの「訳者あとがき」を見て、 やっとこの絵本の・・・続きを読む

  • 温かいパッチワーク

    パッチワークでインドの町の中の様子が上手く表現されていると思いました。と、言ってもインドに行ったことのない私です。パッチワークの温もり人の温かさを感じるのですが、青ネズミちゃんになって夢の話にはあまり・・・続きを読む


ねえ、「コワイ」って、もってる?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット