もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

三輪滋

三輪滋

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

おばあちゃん

おばあちゃん

絵:谷川 俊太郎 三輪滋  出版社:いそっぷ社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2016年05月  ISBN:9784900963702
たいようのきゅうでん

たいようのきゅうでん

作:三輪滋  出版社:復刊ドットコム  本体価格:¥1,800+税  
発行日:2014年10月  ISBN:9784835451282
せんそうごっこ

せんそうごっこ

文:谷川 俊太郎  絵:三輪滋  出版社:ばるん舎  
発行日:1982年08月  ISBN:9784893400017
ひとり

ひとり

作:谷川 俊太郎  絵:三輪滋  出版社:ばるん舎  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1982年

4件見つかりました

三輪滋さんの作品のみんなの声

  • 君は君だ

    君は君だ。 君は一つの個性だ。 君は一人しかいないけれど、ひとりでも一人ぼっちじゃあない。 三輪滋のドライで試すような絵の前で、君は何を感じるだろうか。 君が自分をポジティブに考えるのもネガテ・・・続きを読む

  • みごとな夢?妄想?オチ

    今はなきソビエトとアメリカに扮して 戦争ごっこをするはずが いつのまにか空想と現実の境界があいまいになって お父さんもお母さんも死んでしまい こわいっっっとなったら・・・ すべて非現実でした・・・続きを読む

  • 35年前の痴ほう症

    35年前にこの本が出されていたことを知って、驚きと衝撃を感じました。 痴ほう症になったおばあちゃんのために、家庭が崩壊しようとする危機感。 何よりも乾いた感じで人間関係が描かれていることが不気味で・・・続きを読む

  • たいようは女性だったのね

    なんだかとっても不思議な絵本でした。 たいようのきゅうでん・・というからもっと比喩的な 内容を想像してしまっていたのです。 だけど、タイトルの通りだったのですね。 たいようが暮らしているから『・・・続きを読む

  • 太陽が作るスパゲッティ

    意外性と楽しさに満たされた作品です。 太陽を人格化して、それが女性だったという意外感。 女性である太陽が仕事を終えて帰宅してからの家庭生活。 お風呂に入ったり、ベッドで休んだり…は良いとして、得・・・続きを読む


あの漢字検定が絵本を出版!?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット