だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

中村 運

中村 運

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

いのちのつながり

いのちのつながり

作:中村 運  絵:佐藤 直行  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1991年  ISBN:9784834010299

1件見つかりました

中村 運さんの作品のみんなの声

  • 遺伝子でつながっているきょうだい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    生命の歴史と生きものの成り立ちがわかりやすくサラリと描かれています。 植物や動物の体の作り、どうやって子孫を増やしていくかという事にも触れています。 この本を読むと、「いのちのつながり」は≪遺伝子・・・続きを読む

  • きょうだいどうし

    人間はどこから来たのか? 身近な動物(犬、にわとり、植物)などの新しい命が生まれる様子を コマ割りで詳しく説明しながら 生命の起源を辿って行きます。 生命誕生の瞬間から恐竜の時代を経て 今の・・・続きを読む

  • 盛りだくさんの内容

    夫と息子に読み聞かせたのですが、夫は「これ絵本?図鑑に近い」という反応でした。夫と息子に読み聞かせたのですが、夫は「これ絵本?図鑑に近い」という反応でした。 命のつながりや細胞のことまで、絵本で・・・続きを読む

  • 簡潔でわかりやすい

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    この絵本を読む直前に、「たまごとひよこ」(ミリセント・E・セルサム/福音館書店)を読んだので、犬とのちがい、植物との違いがとてもわかりやすく、効果的に読めました。 昔々、小さな生物が生まれ、陸に・・・続きを読む

  • 簡単な理科のおはなし

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    うちの長女が幼稚園時代に気に入って読んでいた本です。 私は、小学校で習った理科を思い出しました。 植物は光合成で生きていること。この本の中には「光合成」という言葉は出てこないけれど、それがやさ・・・続きを読む


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット