どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

そのだひさこ

そのだひさこ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

いのちの花

いのちの花

作:そのだひさこ  絵:丸木 俊  出版社:解放出版社  本体価格:¥2,000+税  
発行日:2003年  ISBN:9784759222302

1件見つかりました

そのだひさこさんの作品のみんなの声

  • 迷う

    先に一人で読んであまりにもむごたらしくて、とても悲しくなってしまい、息子が「あっこれ読んでない」と言ったのですが 「これはちょっと怖いよ」と言って薦めることはできませんでした。 戦争ものに・・・続きを読む

  • 実際にあった話

    実際にあった話らしいのですが、とてもかわいそうな話。悪さをした犯人は5人組の若者に違いないから、若者5人出せ、出さないと村ごと思い知らせてやる!とおどされ、村のために自発的にぬれぎぬをかぶって出た若者・・・続きを読む

  • 理不尽

    無実の罪を背負って死罪となった5人の若者。 どうして、村人は人身御供を出さねばならなかったのだろうか。 作者が被差別部落に伝承されている話を基に書いた話は、本文よりも解説において饒舌である。 武・・・続きを読む

  • 村を救う門出

    村を救う5人の若者の親の気持ちを考えると、「村を救う門出」だからと喜んで送りだすのをどんな思いでいたのだろうと考えただけでも身震いしてしまう私です。その若者のお陰で村は救われ、今も、「命はこの村でずー・・・続きを読む

  • いのちの花の絵本の表紙は、丸木俊さんの、母と赤子の絵で、そのすばらしさに惹かれて読みました。 ひがん花の咲く お彼岸に  おじいさんが 子供たちに語るのです。 「五人衆の 最後に語った言葉  ・・・続きを読む


寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット