十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

クオン・ジョンセン(くおんじょんせん)

クオン・ジョンセン(くおんじょんせん)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ゆらゆらゆくよ

ゆらゆらゆくよ

作:クオン・ジョンセン  絵:キム・ヨンチョル  訳:金広子  出版社:小峰書店  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2007年10月  ISBN:9784338126502
こいぬのうんち

こいぬのうんち

作:クオン・ジョンセン  絵:チョン・スンガク  訳:ピョン・キジャ  出版社:平凡社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2000年9月  ISBN:9784582829488

2件見つかりました

クオン・ジョンセン(くおんじょんせん)さんの作品のみんなの声

  • 自分が自分であること

    「どうせじぶんなんか・・」こんな気持ちがもたらすマイナス作用。 そして 「もしかして自分にもできるかも」そんな気持ちが生み出す 次のステップ。 とてもよく組み立てられた物語です。 擬人化・・・続きを読む

  • うんち擬人化

    ここでの評価を見て興味を誘われました。 本当に、表紙からは想像できないお話ですね。てっきり食物連鎖かと。 連鎖には違いないけど、愛が感じられるつくりに。 それは生きとし生けるものへ命を繋いでいく・・・続きを読む

  • うんちの一生

    このお話は子犬がこいたうんちのお話でした。うんちは自分の存在に葛藤しながらも、タンポポと出会って、タンポポのために栄養となって一生を終えました。みんなから好かれていなくても、一部の物は自分(うんち)を・・・続きを読む

  • うんちに泣かされるなんて

    「うんち」というキーワードが気になって読んだ絵本でしたが、まさかこんな感動的なおはなしだなんて・・・ 道にうんちを放置?とはじめはちょっと抵抗があったのですが、読み進めるうちに、次第にうんちの気持ち・・・続きを読む

  • うんちの目線

    「こいぬのうんち」や「つちくれ」が人格を持って登場する、一味ちがった絵本です。 ページ背景もこの登場人物たちの気持ちをあらわす素敵なデザインになっていたりして気に入りました。 自然の法則が描か・・・続きを読む


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット