もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

児島宏子

児島宏子

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

どうぶつ こんにちは

どうぶつ こんにちは

文:児島宏子  案・絵:フランチェスカ・ヤールブソワ  出版社:福音館書店  本体価格:¥390+税  
発行日:2012年07月
だれの くるま?

だれの くるま?

作・絵:ニコライ・ポポフ  訳:児島宏子  出版社:福音館書店  本体価格:¥362+税  
発行日:2007年12月
新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち

新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち

作・絵:エドゥアルド・ウスペンスキー  訳:児島宏子  出版社:平凡社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2002年  ISBN:9784582831306

3件見つかりました

児島宏子さんの作品のみんなの声

  • 絵が洒落ていて面白い

    シンプルですが、絵が洒落ていて、面白いです。 車は、ちょっと工作で作るような感じですが 飛び出してくるどうぶつは、それぞれになにかしら 大切らしいものを持っていて、 元気いっぱいな感じです。・・・続きを読む

  • 牧場の動物がいっぱい

    通常の動物系の絵本とは少し登場する動物が変わっている。 決して認知度が低いものではないけど、どっちかというと牧場というか森というかそっちの動物がいっぱい登場する。 チャボのようなおんどり(白色・・・続きを読む

  • いきもの

    おはようのおんどりさんから始まり、おやすみなさいのふくろうさんまで… 色んな動物に出会える絵本です。 ごはんを食べたり、歌をうたったり、走り回ったり… 生き物はみんな同じように、こうして・・・続きを読む

  • おはよう

    こけこっこーという鳴き声、おはよう、ではじまったこの本は最後はおやすみなさい、と終わっていくのでとっても気持ちが静まる本だなとおもいました。小さな子がよく知っている、いぬ、ぶた、がとても繊細なタッチで・・・続きを読む

  • 子供と当てっこ。

    今3歳の次女がとってもはまってる1冊です。前から持ってるのですが、いろんな動物たちが車にのっていて、だれの車か当てる絵本です。 絵もとってもおしゃれです。最近当てっこするのと同時に文字数も少ない・・・続きを読む


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット