雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ダイアン・スタンレー(だいあんすたんれー)

ダイアン・スタンレー(だいあんすたんれー)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ネズミはひとり森のなか

ネズミはひとり森のなか

作:トニー・ジョンストン  絵:ダイアン・スタンレー  訳:小川 仁央  出版社:評論社  本体価格:¥951+税  
発行日:1987年12月  ISBN:9784566002722
12の月たち

12の月たち

作:サムイル・マルシャーク  絵:ダイアン・スタンレー  訳:松川 真弓  出版社:評論社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1986年  ISBN:9784566002654

2件見つかりました

ダイアン・スタンレー(だいあんすたんれー)さんの作品のみんなの声

  • 外国のお話

    スラブ民話とタイトルにあったので、どんなお話なのかと思いながら、読み始めました。 四季の変化や、自然の厳しさなど、日本人にも馴染みぶかいテーマだったと思います。 継母親子の結末を考えると、ぞっとし・・・続きを読む

  • 扉を開こう

    クリスマスにちなんだ絵本だとは気づかずに図書館から 借りてきて読みました。ちょうどクリスマスの頃に読んだので タイミングがよかったです。 ひとりぼっちだったネズミさん、扉をあけてよかったね。 ・・・続きを読む

  • シンデレラとはひと味違う

    継母とその連れ子である姉にひどい扱いを受ける娘の話です。娘に名前はつけられていません。真冬だというのに、継母の言いつけで、姉の誕生日のために、春に咲くマツユキソウを取りに行かされることから話が始まりま・・・続きを読む

  • 歓迎

    森の中の小さな家に、とても恥ずかしがりやのネズミが住んでいました 独りぼっちだったから、話相手がいなかったから、寂しくていつもなに かを「コリコリ カリカリ」とかじって寂しさに耐えていたの・・・続きを読む

  • 聖歌隊の灯

    「ともだちになれるね」と聞いた瞬間の小さなねずみの反応。 嬉しさを爆発させるにはあまりに恥ずかしがり屋さんな様子が 短い文章の中に表現されていました。 月明かりで暮らしていたであろうねずみの家に・・・続きを読む


2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット