庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

シン・ミンジェ(しんみんじぇ)

シン・ミンジェ(しんみんじぇ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

いぬとねこ

いぬとねこ

再話:ソ・ジョンオ  絵:シン・ミンジェ  訳:おおたけ きよみ  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2007年07月  ISBN:9784895726665

1件見つかりました

シン・ミンジェ(しんみんじぇ)さんの作品のみんなの声

  • いろんな意味でおもしろい本です

    韓国の昔話だそうですが、日本のあの昔話に出だしが似ているのです。すっぽんを助けたり、お礼に竜宮に招待されたり、お土産をもらったり・・・子供たちもすかさずあれっと反応してくれました。 まぁ、浦島太郎があ・・・続きを読む

  • 細かく描かれた絵がおもしろい

    3歳11ヶ月の息子に図書館で借りました。 韓国の昔話です。 毎年行っている、ボローニヤ国際原画展で、 いつも気になるのが韓国の方の絵本なので、借りてみました。 お隣りの国の昔話とあって、最・・・続きを読む

  • 韓国の昔話、なかなか面白い!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    読み始めて数ページ目までは、日本の代表的な昔話、浦島太郎のパクリかと思いましたがそうではなく、何故猫が家の中で、犬が家の外で飼われるようになったかをわかりやすく教えてくれる本です。執念深くある事もたま・・・続きを読む

  • 国が違えば・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    韓国の昔話とのこと 「浦島太郎」と「不思議玉」と「意地悪ばあさん」を 混ぜ合わせたような感じでした 韓国における 犬と猫の扱いの歴史的違いから きているようですよ その国の文化・・・続きを読む

  • 韓国のお話

    お話の前半部分は、「うらしまたろう」のようでした。 子供も気がつき、「これって、うらしまたろうだよね。おばあさんだけど」と、言いました。 しかし、後半からは、犬と猫がおばあさんのために頑張ります。・・・続きを読む


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット