もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

エドリアン・アダムズ(えどりあんあだむず)

エドリアン・アダムズ(えどりあんあだむず)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

魔女たちのあさ

魔女たちのあさ

作:エドリアン・アダムズ  訳:奥田 継夫  出版社:アリス館  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1992年  ISBN:9784752040248

1件見つかりました

エドリアン・アダムズ(えどりあんあだむず)さんの作品のみんなの声

  • 環になって楽しむ魔女たち

    『A WOGGLE OF WITCHES』が原題。 WOGGLEは、革の環、という意味。 夜に活動する魔女たちの様子が描かれます。 夜が始まると、「おはよう」というわけです。 魔女といっても、・・・続きを読む

  • 怖がりの魔女

    2歳の息子に図書館で借りてきました。 魔女というだけで、怖がっていた息子です。 最初のページの魔女の絵が怖かったのかな?! ですが、内容はとっても面白い! 人間の子供の仮装行列に怖がっ・・・続きを読む

  • まじょのしゅうかい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     こどもが2才の頃、公園でともだちが数名できました。毎日朝から晩までいっしょによく遊んでいました。そしてある月の13日を境に、母たちは月に一度、黒ずくめの衣装で夜出かけるようになったのでした。この絵本・・・続きを読む

  • この作者はきっととても魔女が好き

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    この作者は魔女が好きなんだろうなと、つくづく感じました。 登場する魔女たちの1人1人がそれはそれは生き生きと楽しげに描かれていました。 西洋のどこかの森に本当にこんなふうに魔女たちが住んでいて、夜・・・続きを読む

  • ハロウィンに

    みんなが思う魔女ってこんな感じ、と思うような、これぞ魔女という感じがしました。 暗い森の中、魔女たちは「おはようございます。」と目を覚ます。 怖がられるのは魔女たちのはずですが、この日ばかりは、こ・・・続きを読む


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット