くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

仲倉眉子 再話

仲倉眉子 再話

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

たからげた

たからげた

絵:梶山 俊夫  再話:仲倉 眉子  出版社:福音館書店  
発行日:2000年

1件見つかりました

仲倉眉子 再話さんの作品のみんなの声

  •  ごんぞう虫? どんな虫?

    こどものとも 年少版の おはなしです 昔話は 簡潔で テーマがはっきりとしていて なるほど よくばりの ごんぞうじいさんは びんぼうな おっかさんが病気で倒れ おかねをかりにきたむすこに いちもん・・・続きを読む

  • 欲を出しすぎ

    欲を出しすぎたらだめですよっていう いわゆる、昔話です。 でも、絵がすごく味わい深くていいなと思います。 絶版なんてもったいない。 二歳なりたての息子には昔話はちょっと早かったようですが・・・続きを読む

  • 欲張り過ぎてはいけない

    転べば小判が出てくるたからげた。 しかし、背が低くなるというたからげた。 ほどほどに済ませばよいものを、強欲は身をつぶすいう昔話。 わかりやすいお話で、梶山さんも極めてシンプルにまとめているのは・・・続きを読む

  • 欲張り

    おっかさんが病気でお金に困った息子が、ごんぞうおじさんの所へお金を借りに行くお話です。 転ぶたびに小判が出る下駄を貰うのですが、その分、転ぶと背が小さくなるという変わった下駄でした。 息子は必・・・続きを読む

  • 人間の欲には切りが無い

    梶山俊夫さんの絵によってやんわりと楽しい世界に仕上っていて息子と笑って読みましたが、はて自分が“たからげた”を手にしたら自制が効くんだろうかと自戒の気持ちが沸きました。 貧しい暮らしのおっかさん・・・続きを読む


「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット