バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

アンデルセン原作 ナオミ・ルイス文(あんでるせんなおみるいす)

アンデルセン原作 ナオミ・ルイス文(あんでるせんなおみるいす)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

雪の女王

雪の女王

文:ナオミ・ルイス  絵:エロール・ル・カイン  原作:アンデルセン  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,600+税  
発行日:1981年  ISBN:9784593501427

1件見つかりました

アンデルセン原作 ナオミ・ルイス文(あんでるせんなおみるいす)さんの作品のみんなの声

  • カインの世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    アンデルセンの『雪の女王』を、ナオミ・ルイスが再話し、エロール・ル・カインが絵を添えています。 カインの絵はエキゾチックで、この童話の世界にぴったりなので、嬉しいです。 お隣同士のカイとゲルダです・・・続きを読む

  • もしかしたら“ゆばーば”のモデルはこの人?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    多くの人が知っているアンデルセンの有名なお話です。 とわいえ、私はこの年になるまで、絵本では一度も読んだ記憶がありませんでした。でも、お話は知っているので、たぶん子どもの頃子ども向けのアニメで見たの・・・続きを読む

  • 人を思う気持ちは何にも増して強い

    子どもの時読んだ以来で息子と読んでみて、意外に長いお話であるように思いました。 「雪の女王」の感じが「ライオンと魔女」の白い魔女を連想させます。登場の仕方がよく似ていると思いました。 人を・・・続きを読む


読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット