くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

なかむら まさこ

なかむら まさこ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

りんご たべよう

りんご たべよう

作:なかむら まさこ  出版社:福音館書店  本体価格:¥381+税  
発行日:1996年

1件見つかりました

なかむら まさこさんの作品のみんなの声

  • くるくるとん

    真っ赤なりんごがとっても印象的なえほん。 りんごを触る手がやさしい茶色の線なのもいいですね。 赤ちゃんもりんごを認識しやすいのではないかと思います。 ピカピカきれいなりんごを くる く・・・続きを読む

  • 中身は赤くないよ

    りんごをおやつにすることにして、ナイフで皮をむいてお皿にのるまでの過程を書いている。イラストはペイントしたものではないので色むらが出ない分リンゴの赤がはっきりしている。それ以外は白いのでリンゴの皮だけ・・・続きを読む

  • りんごの変化に

    1歳3ヶ月の時に読みました。 実際のりんごは食べられないのですが、この本は気に入っています。 友人が「子供はこの本好きよねーー」と言っていたので手にとってみました。 最初は”りんご食べないし、皮・・・続きを読む

  • おいしそう

    とてもおいしそうなりんごです。 タイトルのようにりんご たべよう、という気になります。 皮を包丁でむいて…こどもが楽しみに待っているのかな?と想像がふくらみます。 途中、本を縦にして読んだりして・・・続きを読む

  • おやつにリンゴが好きな息子なのでリンゴの本は珍しいと思い読んでいます。 男の子ですがおままごとが好きなので、木の包丁を持って遊ぶことがあるのでぴったりです。 包丁で皮を長くむいたり、リンゴ・・・続きを読む


【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット