ユーザーレビュー

  • ボードブックがあったのですね!

    3.0

    ボードブックが出ていたとは知りませんでした。 ふくろうの、3兄弟が、夜に目をさますと、お母さんがいません。 3兄弟は、とても、不安な夜を、3ひきで、乗り越えます。 人間の子どもだって、同じような経験、一度はあると思います。...続きを読む

  • 絵が印象的

    3.0

    ふくろうの兄弟が、夜、目をさますと、お母さんがいません。 ドキドキしながら、この不安な気持ちを、3ひきで、話をしながら、乗り越えます。人間の子どもも、一度は、このような気持ちを経験することがあるのではないでしょうか。...続きを読む

  • 賢いネズミ

    3.0

    小さな動物が、知恵を使って大きな動物を、やりこめる、よく昔話にあるようなストーリーです。 あっけらかんとしていて、爽快です。小さなネズミの頭と運の良さが、よく伝わってきます。とても、面白い本だと思いました!...続きを読む

  • ママさがし

    3.0

    ママとはぐれたサルくんが、ママをさがしています。森の動物たちが、ママの特徴を聞いて、親切に、探してくれます。でも、なかなかママに会えません。 絵は、とても、シンプルで、それぞれの動物の特徴も、分かりやすいです。...続きを読む

  • おもしろいです!

    3.0

    魔女がほうきにのって出かけます。ところが、大変、落とし物をしてしまします。その度に、「下へ!」と叫んで、落とし物を捜します。 助けてくれた動物たちが、ほうきに乗せてほしいと頼みます。どんどん、乗り手が増えていき…ドラゴン退治の冒険もあって、面白いです。 ...続きを読む

出版社エディターブログ

パパ、お散歩に行こう♪

2017年12月1日 9時35分  


♪11月の新刊は、紅葉の季節にぴったりの絵本♪


女の子とパパがお散歩にでかけます。

女の子 「あたしの すきなもの、なぁんだ?」

パパ   「なにが すきなの?」

パパは女の子の質問に、やさしく聞き返します。
何度も、何度でも……。
心がはずむ二人の会話は、おやすみの時間まで止まりません! 特に後半の場面は、パパの深い愛が伝わってきます。

女の子とパパがお散歩するのは、赤、オレンジ、黄色……見事に色づいた木々に囲まれた公園。ソウル在住のイラストレーター、スージー・リーさんが描く鮮やかな景色も一緒にお楽しみください。




【書誌情報】
『あたしの すきなもの、なぁんだ?』
 バーナード・ウェーバー/作
 スージー・リー/絵
 松川真弓/訳
 28.5×23.5cm/40ページ
 定価(本体1,400円+税)
 2017年11月刊
 ISBN978-4-566-08030-0

パパ、お散歩に行こう♪


出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • ちっちゃな木のおはなし

    ちっちゃな木は幸せでした。葉っぱは青々としげっていましたし、友だちもたくさん遊びに来てくれましたから。秋になり、ほかの木は葉っぱを落としましたが、ちっちゃな木だけは葉っぱを落としませんでした。でも、やがて……何かを手ばなすことの大切さを、やさしく語りかけてくれる絵本です。

  • あかちゃんの木

    あかちゃんは一体どこで手に入るんだろう?……ぼうやのなやみに「たまごから生まれる」「たねを植える」「コウノトリがはこんでくる」と、いろんな答えがかえってきます。パパとママは、ちゃんと答えてくれましたよ。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

  • ぼくたち、いちばん!

    いちばん大切なおもちゃを学校へ持っていってもいい日、エリーが選んだのは、クマくんではなくワンコでした。「ぼくは大切なおもちゃじゃないの?」……クマくんはなやみます。でも誤解がとけて……。誰かの「いちばん」であることの幸せを伝える愛らしい絵本。

  • ぼくのつばさ

    ノーマンは、ごくふつうの男の子。なのにある日、つばさがはえてきました! パパにもママにも言えずになやむノーマン。でも、あることに気づいて……!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット