ユーザーレビュー

  • ウンゲラーさん

    5.0

    挿絵がトミー・ウンゲラーさんなので 「あ!すてきな三にんぐみだ」と、うれしくなりました。 楽しかったです。すてきな三にんぐみよりも、私は好み かもしれない。魔術師のおしろが、いろいろとおどろおどろ しいので、絵を眺めているだけでも飽きないし、物語にも 動きがあって。たくさんのほうきがひょこひょこしている 場面では笑ってしまいま...続きを読む

  • このシリーズはどれもお気に入りです。

    5.0

    どのページにもしかけがあって、動物を探すのが楽しいです。 しかけは向きがさまざまで、1歳9ヶ月の娘は考えながらめくっています。 字が大きくて、絵もかわいくて、色んな動物が出てくるので、動物の鳴き声をまねしながら読むと、より楽しめると思います。...続きを読む

  • 英国愛

    5.0

     女王さまがお出かけ。あらら、お気に入りの帽子が飛ばされてしまいました!女王さまと一緒にみんなで帽子を追いかけます。帽子は、ロンドンの名所を通りながら飛んでいきます。絵本を読むと、読み手もロンドンの名所を巡ります。作者のロンドン愛、英皇室愛を感じました。  女王さまと一緒に帽子を追いかけているワンちゃんがとっても可愛いです。お茶をト...続きを読む

  • 息子は気球が楽しかったみたい

    5.0

    最近、飛行機や飛行船にハマっている5歳息子と読みました。 彼は気球も大好き。 ミランダが、気球に乗って世界中を旅するというストーリー。 息子はまずは気球が気に入ったみたい。 風の乗り方なども前もって私に教えてくれました。 この絵本を読んで、砂袋の使い方もわかったみたいです。 私としては地図を見ながら、息子と世界について触れられ...続きを読む

  • 地球のてっぺん!

    4.0

    エベレストは、考えてみれば地球のてっぺん!ですね。 てっぺんに立ったらどんな気持ちになるのでしょう。 きっと「うれしい」とか「やった」とかだけではない 複雑な気持ちになるのだろうな。命を落とす登山家も たくさんいますし。 挿絵が、貼り絵なのかな。不思議な味わいの絵本です。 こんな風に絵のようになるように、貼っていくのは楽し...続きを読む

出版社エディターブログ

タマゴが先か、ニワトリか……?!

2016年12月28日 13時29分  

2017年は、酉年ですね。
そこで、ニワトリが登場する絵本をご紹介します。


『はじめはタマゴ』は、ページを切り抜いただけ(型抜き)のシンプルなしかけの絵本です。


タマゴがヒヨコに、ニワトリに……変身するのはそれだけではありません。
ふとしたものが素敵なものに大変身します。
大胆な発想と明るい色彩で、コルデコット賞候補になりました。

軽快な言葉のリズムにのって、是非お楽しみください♪

対象:幼児〜

タマゴが先か、ニワトリか……?!


出版社おすすめ

  • かぞえてみよう スカーリーおじさんのかずの本

    1までかぞえながら、数や数字にしたしみ、たしざんやひきざんの基礎をみにつけていくことができる、スカーリーおじさんのかずの本。うさぎやぶたなど、スカーリー絵本でおなじみのかわいい動物たちが、こどもたちをわくわくさせ、数になじませてくれます。

  • ババールの1・2・3

    世界中で愛されている、ぞうのババールの〈かずの本〉。ババールの子どもたちが、数をかぞえる冒険にでかけます。とりが1わ! ききゅうが2つ! レーシングカー3だい! それから…? 20までかぞえられたら、ババールがしょうめいしょをくれるよ。

出版社おすすめ

  • もしも地球が…?

    もしも地球から、人間以外の動物がぜんぶ消えてしまったら、どうなる? 
    植物が消えてしまったら?水が、太陽がなくなったら?
    すべての命は、くさりのようにつながっている…。地球が健康でいられることの大切さを伝えます。

  • わたしのひかり

    きらきら光る町のあかり、あのあかりも、もともとはわたし(太陽)のひかりなのですよ。―人間がどのようにして電気を手に入れているかを語る絵本。さまざまな発電方法の短所と長所も解説しています。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット