ユーザーレビュー

  • 炸裂しています!

    5.0

    『続』の方を先に読んだことがあるのですが、本当に、この選択肢から? いや〜、困るなぁというものばかりで、ページをめくる度に、うっと思わず声が漏れます。楽しすぎです。  バーニンガムさんのセンスが炸裂しすぎていて、これは本とか全く興味がないような男子でもくいつくと思います。最後もとても好きです。お薦めです。...続きを読む

  • 思い出す絵本

    5.0

    ふとした時に、思い出す絵本です。 必ず、きまって、「もしも自分がシルベスターだったら・・・」と、あんなにも長いあいだ石になっていたシルベスターを思い出すのです。 文章は多いのですが、ストーリーが面白いので ものがたりが好きなお子さんであれば、 きっと楽しめると思います。...続きを読む

  • 素晴らしい人生

    5.0

    絵を描くのが大好きな10歳長女に借りてきました。面白い絵がいっぱい載っている絵本かなと思って借りてみたのですが、キース・へリングの妹さんが書いたキースの生涯のような絵本です。 絵を極めたキース。極めたというのもおかしいのかもしれませんが、やはり好きなものを見つけることって強いなと思いました。見つけるわけじゃなかったのかもしれませんが...続きを読む

  • 会話が弾む絵本

    5.0

    8歳10歳の娘たちに読みました。 「ミツバチの蜂蜜づづくりか、ウサギの穴掘りか、手伝うならどっちがいい?」など、たくさんの「どっちがいい?」「どれがいい?」が出てきます。 「ラクダ、ゾウ、牛?」のページは、迷いすぎてなかなか答えが出ず。 親子ですごく会話が弾む絵本です。...続きを読む

  • 考えるきっかけに

    4.0

    戦争とは何か? 何故争いが起きるのか? という小さな見出しをつけて、 用語解説に加え、人々の心の動きについてや、 あるべき姿について書かれています。 「たいせつなのは、他の人たちを理解すること」というページで書かれている、 「ひとりの生徒が学校かrコンピューターを盗んだからといって、 その学校の生徒すべてが泥棒だというのは...続きを読む

出版社エディターブログ

【入場無料】 キース・へリング特別展(表参道)

2018年8月9日 13時48分  

新刊絵本『キース・へリング―ぼくのアートはとまらない!―』関連情報をお伝えします。

 ★ ★ ★

キース・へリング生誕60周年記念 特別展
「Pop, Music & Streetキース・ヘリングが愛した街 表参道」

中村キース・へリング美術館(山梨県)所蔵の作品を東京初公開! オリジナルポスター、レコードジャケット、来日時の秘蔵写真などが見られます。

期間:2018年8月9日(木)― 8月19日(日) 
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー(入場無料)

※絵本の原画展ではありません。

 ★ ★ ★

〈絵本情報〉
『キース・へリング―ぼくのアートはとまらない!―』
ケイ・へリング/文
ロバート・ニューベッカー/絵
梁瀬 薫(中村キース・へリング美術館顧問)/訳
中村・キース・へリング美術館/監修協力
定価(本体1,600円+税)

【入場無料】 キース・へリング特別展(表参道)


出版社おすすめ

  • とっても なまえの おおい ネコ

    はなさき通りのネコは、とってもいそがしい! 3番地で朝ごはん、9番地でお茶、18番地で絵のモデル……行く先々で、ちがう名前で呼ばれています。ある日、ひとり暮らしのマレーさんとネコが出会って……。1匹のネコが人と人をつなぐ暖かな絵本です。

  • 弱小FCのきせき

    レスターシティFCの熱烈なファンのキツネの親子。でもこのチーム、なかなか勝てない弱小チームなのだ。ある日、地下から妙な声が聞こえて……声の主はなんとリチャード三世! 幽霊の願いをキツネがかなえてあげたとたん、レスターシティは快勝つづき。ついに創設132年目にして初優勝! 実話をもとにして描かれるユーモアいっぱいの物語。

出版社おすすめ

  • ちっちゃな木のおはなし

    ちっちゃな木は幸せでした。葉っぱは青々としげっていましたし、友だちもたくさん遊びに来てくれましたから。秋になり、ほかの木は葉っぱを落としましたが、ちっちゃな木だけは葉っぱを落としませんでした。でも、やがて……何かを手ばなすことの大切さを、やさしく語りかけてくれる絵本です。

  • あかちゃんの木

    あかちゃんは一体どこで手に入るんだろう?……ぼうやのなやみに「たまごから生まれる」「たねを植える」「コウノトリがはこんでくる」と、いろんな答えがかえってきます。パパとママは、ちゃんと答えてくれましたよ。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

  • ぼくたち、いちばん!

    いちばん大切なおもちゃを学校へ持っていってもいい日、エリーが選んだのは、クマくんではなくワンコでした。「ぼくは大切なおもちゃじゃないの?」……クマくんはなやみます。でも誤解がとけて……。誰かの「いちばん」であることの幸せを伝える愛らしい絵本。

  • ぼくのつばさ

    ノーマンは、ごくふつうの男の子。なのにある日、つばさがはえてきました! パパにもママにも言えずになやむノーマン。でも、あることに気づいて……!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット