ユーザーレビュー

  • わかりやすい!

    4.0

    地球上の生き物で一番大きいシロナガスクジラ。 それよりも大きなものとは?で始まり、エベレスト、地球、アンタレス、銀河とスケールの大きい話になっていきます。 地球を100個詰めたものより太陽は大きい、太陽を100個詰めものよりもアンタレスは大きい。 アンタレスなどのたくさんの星を集めたものが銀河、という感じで宇宙の大きさもただ「広い」...続きを読む

  • 音楽が聴こえてきそうです♪

    5.0

    「本当にあったおはなしだよ〜」と 先輩が紹介してくださいました かわいい♪ 「いせひでこさんの絵の雰囲気に 似ているような感じもあるのよ」 ほんとだ・・・ ひろったねこちゃんを大事に大事に 育てるつもりが 相棒みたいな そして、なんと!助けられてるではありませんか 小さな 何も出来ないような存在に見え...続きを読む

  • かわいいちゃん♪

    4.0

    絵が素敵! かわいらしいし 目配り、寄り添っている雰囲気が と〜ってもいいです ねずみ、アヒルさんと 姿、形は違っても 愛情は、同じ!! 素敵ですね 「みんなのとくべつなうた」 というのもいいですよね!? ガーガーもぐり チューチューがえり や トントンかけっこ それぞれの得意なことを認め合ったり ...続きを読む

  • ページをめくるごとにワクワク!

    4.0

    大きなサイズの絵本ですが、絵は細かくびっしりと描かれています。全体のストーリーもあるのですが、各ページ細かく描かれた絵にも色んなドタバタ劇があって面白いです。好奇心旺盛な3歳の娘はすっかりハマって、毎回ページをめくるごとに「これは何?」「この子は何をしてるの?」と質問責め。色んな仕事をしている人たちや、色んな物や道具が出てきて、楽しく知識...続きを読む

  • 面白いです!

    5.0

    グーゴルという数字は、0が100こついた位で、宇宙にある全ての原子を集めた数より大きいとんでも無い数だと言うことが分かりました。 息子はあとがきまで読んだあと、「もし甥っ子がグーゴルじゃなくて、ケチャップって言ったら、1ケチャップっていう数字になったのかな?笑」とか、ふとした時に「人間が死ぬまでに話す言葉の数ならグーゴルいくんじゃない?...続きを読む

出版社エディターブログ

【速報】35年ぶり! あの有名絵本の続編登場♪

2018年4月3日 15時57分  


世界的に有名な大人気絵本の続編が、35年ぶりに登場します。
その名も……

『またまた ねえ、どれがいい?』

『ねえ、どれがいい?』で次々と繰り出される、ギョッとおどろく選択肢。子どもたちは「どれもイヤだ〜!」と言いながら大よろこび。
続編では、いったいどんな選択肢が待ち受けているのでしょうか??? 著者バーニンガムさんは、81歳!(2018年4月で82歳!) かわいいイラストとユーモアは健在です! 読み聞かせで盛り上がること間違いなしです!

●6月下旬刊行予定
『またまた ねえ、どれがいい?』
ジョン・バーニンガム/作
まつかわまゆみ/訳
定価(本体価格1,500円+税)
ISBN978-4-566-08035-5

●好評発売中
『ねえ、どれがいい?〈改訳新版〉』
定価(本体価格1,500円+税)
ISBN978-4-566-00198-5

【速報】35年ぶり! あの有名絵本の続編登場♪


出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • ちっちゃな木のおはなし

    ちっちゃな木は幸せでした。葉っぱは青々としげっていましたし、友だちもたくさん遊びに来てくれましたから。秋になり、ほかの木は葉っぱを落としましたが、ちっちゃな木だけは葉っぱを落としませんでした。でも、やがて……何かを手ばなすことの大切さを、やさしく語りかけてくれる絵本です。

  • あかちゃんの木

    あかちゃんは一体どこで手に入るんだろう?……ぼうやのなやみに「たまごから生まれる」「たねを植える」「コウノトリがはこんでくる」と、いろんな答えがかえってきます。パパとママは、ちゃんと答えてくれましたよ。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

  • ぼくたち、いちばん!

    いちばん大切なおもちゃを学校へ持っていってもいい日、エリーが選んだのは、クマくんではなくワンコでした。「ぼくは大切なおもちゃじゃないの?」……クマくんはなやみます。でも誤解がとけて……。誰かの「いちばん」であることの幸せを伝える愛らしい絵本。

  • ぼくのつばさ

    ノーマンは、ごくふつうの男の子。なのにある日、つばさがはえてきました! パパにもママにも言えずになやむノーマン。でも、あることに気づいて……!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット