出版社エディターブログ

【新刊】『ゴースト・ボーイズ』

2021年4月26日 14時53分  

十二歳のジェロームはある日、白人警官に撃たれて、ゴーストとなってさまようことになる。オモチャの銃を持っていたばかりに...…。自分はなぜここに留まっているのか。周りにいるゴースト少年たちは何者なのか?歴史の中で繰り返されてきた悲しい事件の被害者たちの苦しみを重層的に描き、重いテーマを扱いながら、未来を感じさせるエンディングとなっています。

 「日本にもさまざまな形の差別があります。でも自分が傷ついていなければ、差別に気づくのは難しいものです。自分とは違う人の物語にふれることで、わたしたちは差別に気づき、自分の行動を変えることができます」訳者のあとがきが胸にささります。

 巻末に、読んだ後に、家族で、学校で、友だち同士で、思ったことを話し合えるように、参考となる質問も16問あります。

【新刊】『ゴースト・ボーイズ』


出版社おすすめ

  • とっても なまえの おおい ネコ

    はなさき通りのネコは、とってもいそがしい! 3番地で朝ごはん、9番地でお茶、18番地で絵のモデル……行く先々で、ちがう名前で呼ばれています。ある日、ひとり暮らしのマレーさんとネコが出会って……。1匹のネコが人と人をつなぐ暖かな絵本です。

  • 弱小FCのきせき

    レスターシティFCの熱烈なファンのキツネの親子。でもこのチーム、なかなか勝てない弱小チームなのだ。ある日、地下から妙な声が聞こえて……声の主はなんとリチャード三世! 幽霊の願いをキツネがかなえてあげたとたん、レスターシティは快勝つづき。ついに創設132年目にして初優勝! 実話をもとにして描かれるユーモアいっぱいの物語。

出版社おすすめ

“特集

ユーザーレビュー

  • 足で数える かずのほん 1 かたつむり(かたつむりのあし) 2 人間の あし 2本  こんなふうに いぬは4本・・・・ 8は くも  10は かに  20は かにがにひき(10×2=20) かずを楽しむのに いろんなやり方があるんですね〜 遊び心で 楽しむ かずのほんですね ちょっと おもしろく 笑えるのも・・・・ ...続きを読む

  • 分類ごとに本が並んでいる

    5.0

    本の中に小さな本が入っているしかけ絵本です。 迷子になった羊の探し方を求めて、ピープちゃんが図書館へ。 どうやって探したら良いのか? 図書館には分類ごとに本が並んでいることがわかります。 書架に並んだ本を取り出して読めるというしかけが、なんとも楽しいです。 この絵本を読んだら図書館に行きたくなると思います。...続きを読む

  • 驚きました!

    5.0

    誰もが知っていると言っても過言ではない、くまのプーさん。 このプーさんが実在するくまで、こんな物語があったことに本当に驚きました。 わたしの知っているおとぼけなプーさんではなく、本当のプーさんは、しっかりとした賢いくまさんでした。...続きを読む

  • 絵だけの絵本

    4.0

    ピーター・スピアの『世界のひとびと』と『きっとみんなよろこぶよ』が好きだったので、『雨』も読んでみることに。 文字がない絵本であることに 少しがっかりした様子の息子だったけれども ページを開くたびにいろいろな発見があって お話が止まりませんでした。 スピアの絵が好きな方はぜひ。...続きを読む

  • オスとメス

    5.0

    ふしぎだな?しらないこといっぱいシリーズの一冊です。このシリーズ、初めて読んだのですが、色々な動物の豆知識が満載で、ちょっとだけ詳しくなれるのが面白い!これを機に、もっと知りたいなぁと探究心をもってくれることを母は期待します。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット