出版社エディターブログ

『魔女がいっぱい』映画化、12月4日より全国ロードショー

2020年12月3日 10時36分  イギリスの超人気作家、ロアルド・ダール。 日本でも、『チョコレート工場の秘密』や、『おばけ 桃が行く』『マチルダは小さな大天才』などの作品 でよく知られています。

 そのダールの代表作のひとつ『魔女がいっぱい』 (原題:The Witches)が、新しく映画化されました。 主演は、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、 監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ ゼメキスという豪華さ。

 子どもが大キライで、みんなネズミに変えてやろう とたくらむ魔女集団。少年とおばあちゃんは、魔女 たちの計画を阻止できるのでしょうか?!

 この機会に、ぜひ映画も原作もお楽しみください!

 くわしい映画情報はこちら↓

   majo-movie.jp


出版社おすすめ

  • とっても なまえの おおい ネコ

    はなさき通りのネコは、とってもいそがしい! 3番地で朝ごはん、9番地でお茶、18番地で絵のモデル……行く先々で、ちがう名前で呼ばれています。ある日、ひとり暮らしのマレーさんとネコが出会って……。1匹のネコが人と人をつなぐ暖かな絵本です。

  • 弱小FCのきせき

    レスターシティFCの熱烈なファンのキツネの親子。でもこのチーム、なかなか勝てない弱小チームなのだ。ある日、地下から妙な声が聞こえて……声の主はなんとリチャード三世! 幽霊の願いをキツネがかなえてあげたとたん、レスターシティは快勝つづき。ついに創設132年目にして初優勝! 実話をもとにして描かれるユーモアいっぱいの物語。

出版社おすすめ

“特集

ユーザーレビュー

  • 明日初めて学校に行く男の子。大きくなったから学校に行かなくちゃいけないけど、心の中はまだまだ不安もあります。 何度もくまのぬいぐるみに話しかけて自分を勇気づけているところが健気でとてもかわいいです。このやりとりを見ていると、こうして子どもたちは自分の力で大きな一歩を踏み出していくんだな…とあらためて感じました。 小さな心のがん...続きを読む

  • 迷子の猫を探して

    4.0

    言葉少なに、寂しげで、切ない絵本です。 何をしに少年が町を歩き回るのか、解ったときにその孤独感がじんわりと心に染みました。 迷子の猫を探して、チラシを貼って歩く少年。 猫と都会の接点を想像しました。 バスに乗ってまで出かけた都会と、家の距離感が重いです。 猫が、どこかで無事に暮らしていると祈ります。...続きを読む

  • 貨物の行列がきれいでした

    4.0

    虹色のような貨物車を引いた機関車が走っていきます。 途中、貨物車部分の色が機関車のスピード故に溶けているように見えてとてもきれいでした。 機関車の絵本というよりは、「きれいな絵本」という印象の絵本でした。...続きを読む

  • 英語タイトル『My

    5.0

    新生児の時からママバージョンと共に読み聞かせをしています。文字は少ないですが、絵のインパクトが大きいので、子供も大人も一緒に楽しめます。作者のアンソニーブラウンさんの他の絵本と同様にユーモアが沢山詰まった絵本です。父親と一緒に読み、最後のページで一緒にハグをするのが定番です。...続きを読む

  • 音楽絵本

    5.0

    プロコフィエフのレコード、「ピーターと狼」を聴きながら読むと、楽器と登場人物が一体化して、楽しさ倍増するような絵本です。 絵から音楽を想像するというのも不思議な話ですが、この絵本は曲に忠実に展開していると思います。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット