出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • この頃の男の子

    4.0

    毎日毎日喧嘩と仲直りの繰り返しをしている息子へ読み聞かせし巻いた。 この絵本、6歳の息子達(園児多数が同じことお互いに言ってる)の生活にすごく似ていて笑いながら読み聞かせしました。 本人も恥ずかしがりながらや、言い訳を言いながらニコニコして聞いていました。 本当の喧嘩じゃないんだけど、生活のエッセンスなのか?じゃれ合いの一環なの...続きを読む

  • 怪獣が怖い…

    4.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    ママが大好きないたずら怪獣、かわいいじゃないですか。 夢の中か、男の子の想像か、ママに怒られ怪獣の世界にたどり着いた男の子は、怖そうな怪獣の王さまになってしまいます。 自分の指図で思い通りに動かせる怪獣の世界より、脅してくる怪獣より、ママに会いたいという気持ちで自分の部屋に帰っていく姿を見て、子ども達はなんだかほっとしているみたいでし...続きを読む

  • とても人気がある絵本のようでしたので

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    読んでみましたが、私にはいまいちこの絵本の面白さがよくわかりませんでした。子供にしかわからない面白さがあるのかな?子供の心をなくしてしまった大人にはわからない面白さが…。子供が帰ってきたら読んであげてみよう。...続きを読む

  • いつも風と一緒

    4.0

    このお話は、ジルベルトという男の子が風と一緒にいつもいるお話でした。一緒に遊んだり、お手伝いを風が邪魔したり、ジルベルトを助けてくれたりとまるで兄弟みたいに風が描かれているのが素敵なお話だなと思いました。...続きを読む

  • センダックの絵が楽しい

    5.0

    表紙の絵も色合いにも、とても惹かれます。 お話は、小さな二人の男の子のけんかと仲直りです。 こんな風にして、子供は大きくなってゆくんだなあ、、、とか 幼なじみっていいなあとか思える絵本です。 モーリス・センダックの絵、やっぱり好きです。 男のこの表情が楽しいです。...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

    読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット