出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 秀逸なお話でした

    5.0

    「3びきのこぶた」をベースにした、とても斬新でおもしろいお話でした。 とても秀逸な内容のお話だったと思います。 何よりお話の結末には「なるほど!」とすっかり感心してしまいました。 大人が楽しめる、大人向けの絵本だったと思います。 (もちろん、子どもも楽しめます!)...続きを読む

  • 帰りたくなる場所

    4.0

    名作ですが、読んだ記憶も内容の記憶もなく、遂に我が子が読める年齢となり、 一緒に読みました。 まず、意外にも文が少ないことに驚きました。 かいじゅうたちと遊ぶところは、絵だけなのも良いです。言葉ではなく絵が物語るというのを身をもって体験しました。 どんなかいじゅうでも、やっぱりお母さんが一番なんですね。 マックスは、ちゃ...続きを読む

  • かぜくん

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    色も地味ですし、 内容もただ風と少年が戯れるお話なのですが、 とてもよかったです。 小さいころからイマジナリーフレンドがいて、 幼稚園に通うようになって、5歳になっても 兄弟が学校などでいない、一人のときには 息子は「かぜくん」や「かがみくん」がいて、 一人で風と楽しそうに話しています。 邪魔をしたり、遊んでくれた...続きを読む

  • ちょっと怖い。でも読みたい。

    4.0

    ずっといつか娘に読んであげたいなと思っていました。 4歳になって初めて読んであげると、 まだ少し怖いみたいです。 ちょっと怖いけど、気になる存在。 たまに物語の世界を覗いてみたくなる・・・。 そんな気持ちなのか、 忘れた頃にこの絵本を「読んで」と持ってきます。 緻密なイラストが美しく、 いたずら者のマックスが現実か...続きを読む

  • ぶたがこわ〜い

    4.0

    いやー、楽しかった。 3びきのこぶたの逆バージョン?みたいな感じのお話です。 おおかみはお母さんに言われて家を出て、 三人で暮らすように言われます。 悪い豚に気をつけないと・・・ なんかかわいいおおかみもいいですが、 悪いぶたが、これまた本当に悪くて みてて楽しかったです。 しかけ絵本なので...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット