ユーザーレビュー

  • ぞくっとした

    3.0

    車好きの息子がぱらぱらっと見ただけで、唯一手にとらない本でした。 ぼんやりした感じのイラストのせいでしょうか。 「死んだ猫ちゃんの本は嫌だ」と言っていました。(笑) 改めて母親だけで読みました。 ストーリーは分からなくもない。 でもちょっと大人目線かな。 そして、猫が捨てられたブルンルを見つけるシーン。 決して写実的...続きを読む

  • 新鮮な発想

    5.0

    子供に大好きな水たまり。 イラストが好みではなかったのか、最初は食いつきが悪かったのですが、1度読んだら2度、3度とリクエストされました。 みずたまりが世界を見ている、という発想がとても新鮮でした。 しかも猫になめられてくすぐったいとか、葉っぱが落ちてよく見えないとか、読み進めるごとにみずたまりに感情移入してしまいます。 ...続きを読む

  • イラストは好き

    4.0

    ほのぼのとした感じのイラストは、ちょっと違うかもしれませんが柿本幸造さんのようで私は好きだなと思いました。 ただ・・・内容が悪くはないのですが、「道徳の教科書」のようでもあり、読みながらちょっと白々しい気がしてしまいました。 息子はそんなことは気にせず、昆虫たちが出てくるので楽しかったようです。...続きを読む

  • 魔法のイスですね

    5.0

    イスのすきまから出てくる出てくる、マジックのように出てくるものが、半端なく楽しい絵本です。 リズミカルな文章も楽しくて、とりあえず車のカギがなくたってしあわせ気分なのが良いですね。 思わず、我が家のソファーやらイスが気になり始めました。...続きを読む

  • 見た事ある絵です

    3.0

    イラストレーターの100%orangeさんの絵です。 色が好きな2歳児と一緒に読みましたが、5歳の子どもが急に歌いだしました。 そこで初めて気付きましたが、坂田修さん作詞・作曲の歌の歌詞だったのですね。 カラフルな絵で、はっきりしたイラストなので、子どもには分かりやすいのではないでしょうか。...続きを読む

注目の作品!

【フレーベル館】イチ押しの作品をご紹介

出版社おすすめ

  • 夏の魔女

    ある夏の日曜日、ニューヨークの美術館を訪れたサラと弟のティモシー。展示してあった家に入ったふたりは、アメリカ開拓時代にタイムスリップしてしまいます。なんとかして、元の時代にもどろうとしますが…。

  • スイッチ(1) クモにスイッチ!

    双子の兄弟ジョシュとダニー。ある日、飼い犬のチビを追って、となりに住む怪しい科学者ペティ・ポッツの家にしのびこみ、クモにされてしまう! しだいにクモの能力に感心する二人だが、天敵の鳥があらわれて…!

出版社エディターブログ

【東京】『ねこの ひけしや』原画展開催中!【消防博物館】

2016年5月2日 15時12分  


★★現在開催中の原画展情報をおしらせします!★★

「ねこざかな」シリーズでおなじみの渡辺有一先生が描いた絵本、『ねこの ひけしや』。江戸の町を舞台に、火消し見習いの「ぶちまる」が大奮闘する物語です。
そんな絵本の世界が東京の消防博物館で体感できます!
お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください!
5月8日(日)までの開催です!(入場無料・月曜休館日)

詳しくはこちら(フレーベル館HP)をご覧ください!

【東京】『ねこの ひけしや』原画展開催中!【消防博物館】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット