注目の作品!

【フレーベル館】イチ押しの作品をご紹介

    いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

  • 虫・むし・オンステージ!

    虫・むし・オンステージ!

    写真・文:森上信夫
    出版社:フレーベル館

    森の小さなステージで、虫たちがユーモラスにパフォーマンスしているという設定の写真絵本です。 無表情なはずの虫たちから、豊かな感情が見えてくるから不思議! 文はすべて、ひらがなで書かれているので、幼い子でも楽しめます(さくいんの虫の解説を除く)。 虫が苦手な人でも、ついページをめくってしまうような楽しさにあふれています。

  • あなたのすぐそばで生きている、小さな小さな命に目を向けてみませんか?

  • ミジンコでございます。

    ミジンコでございます。

    文:佐藤 まどか
    絵:山村 浩二
    出版社:フレーベル館

    目に見えないほど小さないきもの、ミジンコ。意外なミジンコの習性をユーモラスに描きつつ、命のつながりを考える絵本です。あなたのすぐそばで生きている、小さな小さな命に、目を向けてみませんか?

出版社おすすめ

ユーザーレビュー

  • ブラックな笑い

    4.0

    何故足が生えると人気者になれるかも?と月が思ったのがナゾですが、人気者になりたいと思うサメが、何だか可愛く思えてきてしまいました。 大根おろしは普通鮫皮は使わないように思うのですが、自分の体でワサビや大根がクリーミーに出来ていく様は、サメはさぞや驚いたでしょうね(笑) 何か違う、おれがなりたいのはこういう人気者じゃない。 サメは...続きを読む

  • 小学校2年生の我が家の娘が一人読みしました。 前後両方から読める絵本と娘は知らずに前から読みました。 イラストも可愛いので楽しめたようです。 が。。(汗) 前からのお話の印象が強かったのか,後ろからも読めると知ったあとに後ろからも読んでいましたが「よくわからない」と言っていました(笑)。...続きを読む

  • みずたまり

    4.0

    水たまりが空の景色などを みているなんて、想像したら 面白いですね。 でも確かに鏡のように いろんなものが映りますから。 どんどん日が経つにつれ 小さくなっていく水たまり。 雨がふったらまた会おうなんて ずいぶんかっこいいこと言うなと 思いました。...続きを読む

  • おいしそう♪

    4.0

    くろくまの3兄弟ののどかで賑やかなお話。 朝起きて、顔を洗って、朝ごはんのパンケーキを作って、森のみんなに配り、そしてお礼の果物やはちみつでもっと美味しくなるパンケーキが出来上がる。 日常の優しいお話。 最後、みんなで大きなパンケーキを囲む頁は本当に素敵ですね。幸せな気持ちになりました。絵も可愛いし、パンケーキ、美味しそうです♪...続きを読む

  • 穴あき絵本!

    5.0

    新井洋行さんの描く絵本の世界って本当に楽しいですね! 親目線でも,子供心をよくつかんでいることに毎度感心させられます。 こちらは穴あき絵本。 はたらく車がたくさん出てくるので,男の子にぴったりかも知れませんね。...続きを読む

出版社エディターブログ

『さんびきのくま』日本絵本賞読者賞候補絵本に選ばれました!

2017年12月22日 16時47分  

今年の「日本絵本賞読者賞」候補作に、『さんびきのくま』が選ばれました!詳しくは日本絵本賞公式サイトまで。みなさんの投票お待ちしています!

『さんびきのくま』日本絵本賞読者賞候補絵本に選ばれました!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット