『国立公園へ行こう! イエローストーンからコモドまで』の詳細を見る

児童文学『お話のたきぎをあつめる人 魔法の図書館の物語』(ローレンティン妃&パウル・ ヴァン・ローン 作/西村由美 訳/佐竹美保 絵)が、第33回読書感想画中央コンクールの指定図書(小学校高学年の部)に選定されました。オランダ王国ローレンティン妃殿下が、物語の楽しさを子どもたちに伝えたいと、人気作家とともに著したふしぎなファンタジーです。どうぞ、あなたのイメージを描いてみてください。

児童文学『お話のたきぎをあつめる人 魔法の図書館の物語』

→ https://www.tokuma.jp/news/n43214.html


企画・宮ア 駿、監督・宮崎吾朗の最新作、スタジオジブリ初のフル3DCG制作となる長編アニメーション『劇場版 アーヤと魔女』が全国の映画館で公開中。原作本と合わせて、お楽しみください!

原作本はこちら

https://www.tokuma.jp/book/b503211.html

アニメ絵本はこちら

https://www.tokuma.jp/book/b550454.html


児童文学『ぼくのあいぼうはカモノハシ』(ミヒャエル・エングラー 作/はたさわゆうこ 訳/杉原知子 絵)が、第67回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(小学校中学年の部)に選定されました。
ドイツを舞台にした、ゆかいなぼうけん物語です。ぜひお手にとってみてください。

https://www.tokuma.jp/book/b525656.html

 


 



話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren





出版社おすすめ

  • 国立公園へ行こう! イエローストーンからコモドまで

    ポーランドの森にすむバイソンとリスが、
    世界の国立公園をめぐる旅へGo!

    世界的ベストセラー『マップス』の著者が描く、
    自然と環境についての大判絵本!

    ポーランドの国立公園
    「ビャウォビェジャの森」にすむ
    リスとバイソンが、
    北はグリーンランド、
    南はニュージーランドまで、
    世界8つの国立公園をおとずれて、
    それぞれの特徴ある自然を学びます。

    めずらしい動物、植物、地形、自然現象などを、
    マンガ形式で紹介すると同時に、
    「生物多様性」「生態系」「種」などの考え方も
    わかりやすく解説します。
    「自然保護」に…続きはこちら >>>

  • 飛べないハトを見つけた日から

    カーネギー賞オナー賞受賞作!

    ひとつのきっかけで、夢中になれるものを見つけ、成長する少年の姿を生き生きと描く感動作。

    ある日、12歳のダリルは、公園で、
    つばさが折れて、飛べないハトを見つけた。
    ハトの脚には、リングがついている。
    だれかが飼っているレースバトらしい。
    近所に住む、レースバトを飼育している
    ダッキンズさんに、どうしたらいいのか相談した。ダッキンズさんは、元の飼い主に連絡してくれ、
    けがをしたハトはもうレースには出られないから、このハトはいらない、といわれたそうだ。
    ダッキンズさんも、
    飛べないハトは生きている価値はない、という。
    それならば、自…続きはこちら >>>

  • おばあさんとトラ

    オランダで最高の絵本作家に贈られる「金の絵筆」賞を3回受賞した作家による、心がいやされる絵本! ひとりぐらしのおばあさんが、雪の森で出会ったかけがえのない友とは……?

    ラストでほろりとさせられる
    凛としたおばあさんの物語。

    「寅年の最初の1冊」としてもお薦め!

    雪の森を散歩していたおばあさんは、
    トラと出会いました。

    トラはすぐに、ゴロゴロとのどを鳴らし、
    頭をこすりつけてきました。
    おばあさんはいいました。「うちにくるかい?」

    ふたりはすぐになかよくなり、
    毎日楽しくくらすようになりました。
    おばあさんは、
    トラ…続きはこちら >>>

  • ものだま探偵団(5) ふしぎな声が町じゅうで

    夏休み、七子と鳥羽は、友だちや町の人から
    「ものから声が聞こえた」という話を聞く。
    ものに宿った魂=「ものだま」の声は、
    これまでは限られた人にしか聞こえなかったのに。
    これはなにかの異変? 
    それとも、ものだまの性質が変わった? 
    ふたりは聞き取り調査を開始し、
    荒らぶっているものだまをつきとめるが…? 
    ものだまの声が聞こえる坂木町の謎にせまる、シリーズ最終巻!

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

    美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • トラといっしょに

    トラといっしょに

    作:ダイアン・ホフマイアー
    絵:ジェシー・ホジスン
    訳:さくま ゆみこ
    出版社:徳間書店

    トムはある日、美術館で、 ジャングルにいるトラの絵を見ました。 家に帰るとすぐ、トムは大きな大きなトラの絵を 描きました。 鋭い歯、長いしっぽ、緑色に光る目…。 その夜のことです。 壁のむこうから、トラがやってきました。 トラはいいました。 「さんぽにいこうよ」 「夜は、くらくてこわいよ」というトムを 背中にの...続きを読む

  • 秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

  • やきいもの日

    やきいもの日

    絵・文:村上 康成
    出版社:徳間書店

    なかよしの友だちとケンカしてしまったりっちゃん。ところが家に帰ると、その友だちがいて、いっしょにやきいもをすることに…? 二人の女の子の友情を、ほくほくのやきいもが取り持つ、心がきゅっとするお話。秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、完結編です!

ユーザーレビュー

  • 動物好きなコレットちゃん

    5.0

    いろんな動物たちのおかあさんになるコレットちゃんのやさしさに、とてもぬくもりを感じます。 特に弱った動物たちに献身的な姿が、当たり前のように描かれているところに感じ入りました。 でも、コレットちゃんの家に入りきれないこともわかります。 里親になってくれるお友だちを探して行くことも、素晴らしいと思いました。...続きを読む

  • あたたかみのある絵

    5.0

    かわいい色あいの表紙にひかれて、読んでみました。時計を修理にいったハムおじさん。その間に買い物をして・・・。なんとも、ほのぼのした一日が楽しくえがかれています。あたたかみのある絵が素敵で、ハムおじさんのほんわかした雰囲気がつたわってきて、ゆったりした気持ちで読み終えました。...続きを読む

  • カメくんのお誕生日 みんなからのプレゼントもらえると良いな〜 みんな誕生日覚えていたんですね プレゼントは カメくんの期待とははずれていましたが・・・・ そこがおもしろい ライオンくんもゾウさんもペリカンさんも サイさんも みんな気持ちはあるけれど 自分の好みのプレゼントで ちょっと笑えましたが  みんな優しい! そして...続きを読む

  • 心配性なおばあちゃんに育てられた ホッピー だんだん おどおど びくびくになってしまいました・・・・ かわいそうですね やはり子育ては 大事です おかげでホッピーは 泣き虫で みんなも遊んでくれません ちいさいうさぎの ウリと遊んでると・・・・・ きつねが ウリをさらっていきました ホッピーは   なんと! ウリを守るた...続きを読む

  • 面白い絵本で楽しめます。

    5.0

    原作本の題名は「Bears」のようです。 石津ちひろさんの訳した題名は「くま!くま!くまだらけ」。わーいいなぁ!面白そう!と思っちゃいました。 センダックの描くイラストも実に良い味わいで終始楽しんで読める1冊に思いました。 可愛いぞ!テディベアたち!!...続きを読む

【恩師の言葉】 編集部 上村 令

 寒くなると、いつも思い出す言葉があります。高校で三年間担任してくれた先生が、高三の初冬にふと口にした言葉です。「私はこの時期が好きでね。木の葉や花が春を待って、黙って準備をしているのが感じられませんか、ちょうど今の君たちのように」でも十七、八歳の生徒たちはもちろん、「えーっ、やだ、だって寒いじゃん」などと答えただけでした。

 最後にお会いしたのは、大学合格を報告しに行った明るい春の日でした。先生は、クラスにあまり友だちがいなくて(ほかのクラスや他学年の子とは仲がよかったのですが!)いつも一人で本を読んでいた私のことを、気にかけてくれていたらしく、「君みたいな、硬い殻の中で時期を待っていたような子が、外に出てどう変わるのか楽しみですよ。また会いに来てください」と仰いました。でも、それからひと月も経たないうちに、先生は急逝されたのです。

 愛情のこもった言葉は、長く残るものです。そうした言葉を自分は語れているか、そういう真情のこもった言葉を世に送り出せているかぴりりとした寒さの中で、毎年自問しています。











出版社エディターブログ

ピーター・シス展覧会「ピーター・シスの闇と夢」開催

2021年10月4日 13時0分  

絵本『星の使者 ガリレオ・ガリレイ』『生命の樹 チャールズ・ダーウィンの生涯』でおなじみの、チェコスロバキア出身のアメリカを代表する絵本作家、ピーター・シスの展覧会が練馬区立美術館で開催中です。
日本ではじめて開催されるシスの展覧会です。
代表作の絵本原画やシスの創作活動の原点であるアニメーション作品を中心に、オブジェや構想メモ、スケッチ、日記など様々な作品や資料を含んだ約150点を通して、シスの芸術を紹介します。

会期:開催中〜11月14日


ピーター・シス展覧会「ピーター・シスの闇と夢」開催

全ページためしよみ
年齢別絵本セット