出版社エディターブログ

おたすけこびと 顔出しパネル

2017年5月12日 16時12分  『おたすけこびと』刊行10周年を記念して「おたすけこびとフェア」を開催します! 本日、書店さんに置いていただく顔出しパネルが編集部にとどきました! 書店さんには5月下旬ごろ到着予定です。見かけたら、ぜひ一緒に写真を撮って楽しんでくださいね。

おたすけこびと 顔出しパネル


注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • 夏の庭

    夏の庭

    作:湯本 香樹実
    価格:¥1,400+ 税

    おばあさんのお葬式から帰った山下が言った。「死んだ人って、重たそうだった」
    すると河辺が身を乗り出した。「オレたちも、死んだ人が見たい!」
    ぼくたち三人は、「もうじき死ぬんじゃないか」と噂されている、ひとり暮らしのおじいさんを見張りはじめた。だけど、見られていることに気づいたおじいさんは、だんだん元気になって、家や庭の手入れを始めた。やがておじいさんと口をきくようになったぼくたちは、その夏、さまざまなことを知った・・・。
    十二歳の少年たちの忘れがたい夏を描き、世界の十数カ国で話題を呼んだ作品。

    児童文学者協会新人賞、児童文芸新人賞、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ミルグレッド・バチェルダー賞等受賞。

  • のんびり村は大さわぎ!

    十歳の女の子アッベは、ママとふたりで豪華客船クルーズに出ているところ。でも退屈なので、去年の夏のすごいできごとを、ママの携帯電話に吹きこむことにした。なんとアッベは、おじいちゃんおばあちゃんが住んでいる「のんびり村」で、友だちと一緒に「ギネス世界記録」に挑戦したのだ! スウェーデンの小さな村を舞台にした、ゆかいでさわやかな夏の物語。

  • くろねこのロク空をとぶ

    くろねこのロクは、くいしんぼう。まいにち六けんの家でごはんをもらっています。
     ある夏、六けんの家のかいぬしたちが、同じ時にスコットランドの山に休暇で
    でかけることになりました。ロクはかいぬしたちにつれられて、キャン プ場に
    到着すると、さっそく探検に出かけました。
     森に入ると、山ねこのスコットが、声をかけてきました。ロクが「ぼくは、ご
    はんを六皿食べるからロクってなまえなんだよ。」というと、スコット は、こ
    の森ではごちそうがたくさんとれる事を教えてくれました。ロクはスコットに、
    ごちそうのつかまえかたを教えてもらいますが、ロブスターもう さぎも、うま
    くつかまえることができません。ところが…? 
    続きはこちら >>>

  • 母さんがこわれた夏

    ゾフィーは、男二人女二人の四つ子の長女。きょうだいのフェリックスは食べることが大好きで、ヨナタンは頭がいい。フレデリーケは軽い難読症だが、独特の感性を持っている。見た目も似ていないし、性格もぜんぜんちがう。四つ子たちが10歳の夏、家族はフィンランドに旅行した。その頃から母さんの様子がおかしくなり…? 心を病んだ母と、それを見守る家族の姿を描きます。家族の結びつきを少女の視点で繊細に描いた感動作。

ユーザーレビュー

  • まず、ブルンディバールとは何ぞやと思いながら

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    話を読み進めましたが、大道芸人という事でいいんでしょうか。お母さんの為にミルクを買うお金を何とかして工面しようと奔走する兄弟。最初のページと最後のページのお母さんの風貌にだいぶ変化がありました。元気になったんですね!...続きを読む

  • かわいい!

    5.0

    男の子とくらしていた、しろくまくん。大きくなりすぎて、一緒にすめなくなります。新しいすむ場所を探すのですが……。 男の子が場所を提案し、しろくまくんがいやがる。そのくりかえしがおもしろく、絵もかわいい! さみしくなりそうなラストですが、しろくまくんも男の子も幸せにかかれていたのが、ほのぼのとしてよかったです。 ...続きを読む

  • 雨の日の楽しいお話

    5.0

    絵の雰囲気がとても素敵です。 急な雨が降った後、ずぶぬれでやってきた友達が 雨宿りのいきさつを話してくれます。 ずらっと並んだ雨宿りのメンバーを、もう一度ゆっくりと 数えてみるのも楽しいかもしれません。 1から10まで一人ずつ数えてみたり。 何よりも会話が楽しいです。 雨の日の楽しいお話です。...続きを読む

  • おたすけこびとの休みの日の過ごし方

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    おたすけこびとの休日のお話。こびとたちもちゃんと休んでたのねとまずは一安心。早起きしてお出かけした小人たち。そこで困っている亀に遭遇します。そしてやっぱりお助けマンに変身。今回も重機が出動しました。 今回はいつもよりこびとたちの動きが丁寧にわかりやすく描かれているような・・・。このシリーズ、とてもかわいらしいし、丁寧に描きこまれている絵...続きを読む

  • これぞ絵本!

    5.0

    イラストでじゅうぶん楽しめる絵本です。 水たまりにうつる風景がスバラシイ。 ガラスにはりつく雨粒もすごくいい感じ。 文章も多すぎず、余韻があってすごく好きです。 でもそれとなくおじいちゃんの人柄や男の子の性格も伝わるような中身の濃い文章。 美しいイラストと少ない文字で楽しめる、これぞ絵本!と言いたくなるような絵本です。...続きを読む



「ごちそうさま!」


 編集部 濱野恵理子


 東京・三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館で、新しい企画展示「食べるを描く。」を見てきました。今年、徳間書店でもジブリ映画に出てくる食べものを集めた、徳間アニメ絵本ミニ『スタジオジブリの食べものがいっぱい』を刊行しました。食べることに貪欲(どん よく)な編集部では、美術館の企画展をとても楽しみにしていたのです。展示は、印象的な名場面の制作の過程や工夫がよくわかる充実の内容で、想像以上のおもしろさ!

 美術館のもうひとつの目玉は、ここでしか()ることのできない短編映画。当日は、日本民話「ねずみのすもう」を題材にした『ちゅうずもう』が上映されていました。貧しいおじいさんとおばあさんが、自分の家に住むやせたねずみのために、サンマの団子(だん ご)や豆腐の田楽をはりきってこしらえるシーンの楽し気なこと、それをおいしそうにほおばるねずみの愛らしいこと! 展示に加え、この映画を観たら、人々の暮らしへの慈しみや愛おしさが伝わってきて、力がずんずんわいてきて、すっかり、おなかも心も満腹に。「ごちそうさまでした!」と手を合わせたくなる、満ち足りた時間を過ごしました。



全ページためしよみ
年齢別絵本セット