出版社エディターブログ

おたすけこびと 顔出しパネル

2017年5月12日 16時12分  『おたすけこびと』刊行10周年を記念して「おたすけこびとフェア」を開催します! 本日、書店さんに置いていただく顔出しパネルが編集部にとどきました! 書店さんには5月下旬ごろ到着予定です。見かけたら、ぜひ一緒に写真を撮って楽しんでくださいね。

おたすけこびと 顔出しパネル

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • うちはお人形の修理屋さん

    九歳の女の子アナのパパは、うでのいい人形の修理屋さん。絵のじょうずなママと、こわれたお人形を直す小さなお店をひらいています。アナは三人姉妹のまん中で、優等生のおねえちゃんと、あまえん坊の妹がいます。けんかをすることもあるけれど、三人はいっしょにお人形であそぶのが大好き。パパがあずかっている人形の、それぞれのお気に入りに名前をつけて、だいじにしていました。そんなある日、ヨーロッパで大きな戦争がはじまり、そのせいでパパは仕事をつづけられなくなってしまいます。力になりたいけど、わたしになにができるだろう…。そこでアナが思いついたのは…?二十世紀初頭、ニューヨークの移民街にくらす少女。人形とあたたかな家族にかこまれて成長するすがたを、いきいきと描くさわやかな物語。
    ■ニューヨーク公共図書館…続きはこちら >>>

  • そらとぶ そりと ねこのタビー

    ある真夜中のこと。あやしい物音で目をさましたねこのタビーが、音のする方へいくと、ふわふわのついたブーツをはいたおじいさんが! おじいさんの持ってきた袋に入ってしまったタビーは、いつのまにか、空とぶそりに乗っていました。おじいさんの正体は…? 緻密に描かれたリアルな絵が魅力の、クリスマスにぴったりな絵本。『まいごになったねこのタビー』の第二弾。

  • クリスマスのてんし

    もうすぐクリスマス。十人のちいさな天使がまいおりて、こまっている人たちに、そっとたすけの手をさしのべます。ページをめくるたびに、歌う天使の愛らしい顔が、ひとりひとり見えてきます。大切なひとへの贈り物に最適。
    カバー折り返し部分はメッセージカードとしても使えます。

  • くるみわりにんぎょう

    雪のクリスマスイブ。クララは名付け親から、くるみわり人形をもらいました。
    その晩、真夜中に目をさますと、人形がねずみの兵隊におそわれています。
    クララがどうにかねずみをやっつけると、人形は呪いがとけて、
    王子様の姿になりました。
    そしてお礼にクララをお菓子の城に招待してくれて…? 

    バレエで知られる物語に、英国で人気の絵本画家が絵をつけました。
    美しいクリスマスの物語を、詩人・蜂飼耳の訳でお楽しみください。

ユーザーレビュー

  • 目を凝らして、写真を楽しんで

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    クリスマスンらしいシーンがたくさん紹介されていますが、よーく見ると、・・・ん?あれ?写真に写っているものが、ほかのいろんな身の回りのもので出来ています。花火が松だったり、エプロンがお札だったり・・・。すごくよくできていて、ちらっと見ただけではわかりません。そこがおもしろい!隠し絵や間違い探しとはまた違う、おもしろい遊びが詰まった絵本です。...続きを読む

  • 見れば見るほど

    3.0

    どのページも見れば見るほど、たくさんの「にたもの」でできていて、楽しかったです。これは何でできているか?など、子供といろいろ「にたもの」を探しながら楽しめると思います。バラの花の衣装をまとったバレリーナや、バドミントンの羽のスカートを履いた女性など、これを参考に子供と身の回りにある「にたもの」でいろいろ作ってみるのも楽しいと思います。...続きを読む

  • 作ってみたい気分に

    4.0

    最初の寒そうな雪景色を見ると 一番に目についたのが、白いレースのドイリーと 紙を切り抜いた雪の結晶に覆われた木 消しゴムの煙突にちょこっとつまみたくなるお菓子たちでした。 次のページも次のページも、色々な冬の世界が楽し気です。 キッチンで使うもの、食べ物などが上手く工夫されていて 材料がとても身近なものが多いです。 卵のパッ...続きを読む

  • いろいろ使われている

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    らっかせいのトナカイ等、いろいろなものが絵に使われていておもしろいと思いました。 文章で書かれているもの以外にもいろいろなものを見ることができますよ! 表紙の「よくみてよくみて」の文字にすごく同意できました。 よくみると、あっ、これもこれもという感じに発見がいろいろあります。...続きを読む

  • クリスマスの素敵な風景。でも、よーくみてみて。 日常、よく見かけるもの、またはよく使っている日用品、 そして美味しそうなお菓子が、意外なものに変身しています。 素敵な雪山!でもよーくみてみるとドキリ!?とするものもあったり しました。作者が日用品を使って製作したものを撮影した絵本です。 1枚の写真に100以上いや150以上の...続きを読む



科学を身近に!


 編集部 小島範子



  小学生の頃、「空はどうして青いのかな?」と、友達と話しながら帰ったことがあります。恥ずかしながら私の説は、「宇宙は紺色。その色を地球から見ると、薄まって、青い色に見えるのでは?」というもの。「…ということは、空気があると、物の色は実際よりも薄くなるのかな? 服の色も顔色も、道ばたの草も、ほんとはもっとどぎつい色なのでは?」などと話して、「なんだか気持ち悪いね」と、ちょっとぞっとしたものでした。その後、本当はなぜなのかを調べることもなく、青い光が大気中で散乱するせいだと知ったのは、中学に入ってから。

 十二月刊の『ネコ博士が語る 科学のふしぎ』は、まさに当時の自分に贈りたい科学絵本。空はなぜ青いのか、ものは、なにでできているのか、といった自然のしくみを、ネコ博士がわかりやすく教えてくれます。また、なぜそのようなことが起こるのかを知るために、仮説をたて実験する手段も解説。私は疑問をそのままにして理系を遠ざけ、大人になってしまいましたが、この本を読んだ子どもたちが、科学っておもしろいと思うようになってくれたら、嬉しいです



全ページためしよみ
年齢別絵本セット