出版社エディターブログ

サイン会へのご来場、ありがとうございました!

2018年5月7日 17時4分  

5月3日に「上野の森親子ブックフェスタ」でサイン会を開催しました。当日は悪天候のなか、たくさんのお客様が来てくださいました。みなさま、ありがとうございました!


注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • フウちゃんクウちゃんロウちゃんの ふくろうがっこう −さかなをとろうのまき−

    ふくろうの子ども、フウちゃんとクウちゃんとロウちゃんは、一人前になるために、ふくろう学校に
    かよっています。今夜、先生が教えてくれるのは、川のさかなをつかまえる方法。
    ところが、フウちゃんたちがつかまえるのは、おかしなものばかり。すると先生が…? 
    絵本にっぽん賞、路傍の石幼少年文学賞受賞の人気絵本作家が贈る、ユーモラスであたたかい絵本。
    入学したばかりの子どもにも最適。

  • おかあさんは、なにしてる?

    みんなが幼稚園や学校にいるあいだ、お母さんは何をしているのでしょう? ふたごの姉妹が算数を習っているとき、お母さんは会社で計算をしています…。

    こぐまの「くんちゃん」シリーズ(岩波書店)の作者が、子どもたちが知らない、昼間のお母さんの姿を、愛情たっぷりに描いたアメリカの古典絵本。

  • おかあさんといっしょに

    動物たちは、おかあさんといっしょ。ねこも、ひつじも、カエルも、ぶたも、きつねも、お母さんといっしょで楽しそう! 動物の親子になったつもりで、声に出して読みながら、お子さんと一緒に遊んでみませんか? 明るい色彩で描かれた、春の暖かさあふれる絵本です。

  • こんたのおつかい

    こんたのおつかい

    作・絵:田中 友佳子
    価格:¥1,400+ 税

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    おつかいをたのまれた、こぎつねのこんた。お店に行くとちゅう、お母さんに「だめ」といわれていた『もりのみち』をどうしても通りたくなって…?迫力満点のオニや妖怪が次から次へと現れて、ページをめくる驚きがいっぱい! 読み聞かせにひっぱりだこになる痛快絵本!

ユーザーレビュー

  • 迫力

    5.0

    絵や物語の雰囲気から勝手に昔話かと思っていたら、どうやらそうではないみたいです。 絵から伝わる迫力は本当に凄いです。 物語終盤の展開には感動させられました。 是非我が家の蔵書に加えたいところなんですが、大きい絵本だから我が家の本棚に収まらないので考え中です。...続きを読む

  • すみずみまで見て楽しい

    5.0

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    いろんな人重機が出てくるのとかわいいハムスターが出てくるのとで、息子が夢中になってみていました。文章も短いので、何度も自分で読んでいました。 初めて読んだときは、いったい何を作るんだろうとわくわくしていて、2度目からはどのパーツがどこへ行くのかに注目したりしていて、何度読んでも楽しめるようでした。 休憩時間には、小人たちがみんなそれぞ...続きを読む

  • 様々な色に出会う

    5.0

    ミミズクのいろのえほん、と副題にある通り、 夜行性のミミズクの子が、昼間の世界を見て、様々な色に出会うストーリーです。 『WOW! SAID THE OWL』が原題。 朝焼け、太陽、空、草木、花、などなど、確かに色にあふれていますね。 ミミズクのこといっしょに一つ一つの色を体感してみましょう。 一種の色学習絵本としても使えそうで...続きを読む

  • ナイジェリアの市場

    4.0

    頭の上にのせたかごに買ったものをのせるところ、タクシーが車ではなくてバイクであること、ナイジェリアの市場は知っている人でなければ描けないほどにユニークです。 お母さんの後ろでチトくんが何をしているかわからないというのは創作だと思うのですが、大変な買い物だと思いました。 チトくんは食いしん坊ですね。...続きを読む

  • いいお話です

    4.0

    一人で住んでいるコレットちゃんは さびしかったのでいろんな生き物の おかあさんになることにしました。 いろんな生き物を大事にして お世話をすることはいいことだと思います。 増えてしまってお世話が困難になっても 捨てずにみんなでわけてお世話をする。 素晴らしいと思いました。...続きを読む

[「大切な一冊の絵本」編集部 高尾 健士

 

 最近、子どもの頃に一番好きだった絵本について話す機会がありました。両親に読んでもらった絵本や自分で読んだ(眺めていた)絵本が、いろいろと頭に浮かび、どれが一番か悩んだ末に選んだのは、ちょっとかわった、のねずみのお話『フレデリック』(好学社)。

 保育園に通っていたときに自分が描いた絵を見ると、どの絵にもフレデリックがいます。

 また、自分で描いた絵を家の至るところに貼っていた時期もありました。幼い頃の私は、冬にそなえて、いろんな色や言葉を心にためられるフレデリックに憧れていたのです。

 フレデリックと再び出合ったのは、大学一年生の夏休みでした。富山県にある、射水市大島絵本館へ行ったときのことです。偶然、その日上映されていたのが、映像作品「フレデリック」でした。それを見た私は、自分の原点を思い出し、絵本の素晴らしさを再発見しました。

 幼い頃の私が『フレデリック』を好きだったように、これからの子どもたちが夢中になれる絵本、そして大人になっても大切にしたい絵本を造っていけたらと思っています。

 



全ページためしよみ
年齢別絵本セット