出版社エディターブログ

サイン会へのご来場、ありがとうございました!

2018年5月7日 17時4分  

5月3日に「上野の森親子ブックフェスタ」でサイン会を開催しました。当日は悪天候のなか、たくさんのお客様が来てくださいました。みなさま、ありがとうございました!


注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • ねずみさんちの はじめての クリスマス

    さむい冬の日のこと。父さんと母さんと17匹の子ねずみたちが、ゆか下のあたたかいへやに引越してきました。あるばん、父
    さんと母さんは、たくさんのひとたちが上の家にあつまって、歌ったり踊ったり、プレゼントをわたしたりと楽しそうにしているのを見て……? 
    ねずみの家族の目線からクリスマスを描いた、かわいらしい絵本。プレゼントに最適の一冊!


  • そらとぶ そりと ねこのタビー

    ある真夜中のこと。あやしい物音で目をさましたねこのタビーが、音のする方へいくと、ふわふわのついたブーツをはいたおじいさんが! おじいさんの持ってきた袋に入ってしまったタビーは、いつのまにか、空とぶそりに乗っていました。おじいさんの正体は…? 緻密に描かれたリアルな絵が魅力の、クリスマスにぴったりな絵本。『まいごになったねこのタビー』の第二弾。

  • くるみわりにんぎょう

    雪のクリスマスイブ。クララは名付け親から、くるみわり人形をもらいました。
    その晩、真夜中に目をさますと、人形がねずみの兵隊におそわれています。
    クララがどうにかねずみをやっつけると、人形は呪いがとけて、
    王子様の姿になりました。
    そしてお礼にクララをお菓子の城に招待してくれて…? 

    バレエで知られる物語に、英国で人気の絵本画家が絵をつけました。
    美しいクリスマスの物語を、詩人・蜂飼耳の訳でお楽しみください。

  • クリスマスをみにいったヤシの木

    さばくにすむ小さなヤシの木のココは、としとったコウノトリから、遠い国の話を聞くのが大好き。なかでも、クリスマスというものが、とてもすばらしいといいます。そこで、心を決めました。「ぼくも遠くの国へいって、クリスマスをみてくるよ!」ところが、海をわたったココがであったのは…? 小さなヤシの木のぼうけんをえがく、風変わりで楽しいクリスマス絵本。

ユーザーレビュー

  • 惹かれる本!

    5.0

    「ロッタちゃんシリーズ」「長くつ下のピッピシリーズ」「やかまし村シリーズ」「おもしろ荘シリーズ」のあのリンドグレーンさんの処女作というのが,なんとも開いてみたい1冊ではないでしょうか。 イラストもリンドグレーンさん本人が描かれているというのもまた魅力的に思いました。 他の作品よりも主人公の年齢が上のため,10代向けの1冊に思います。 ...続きを読む

  • 無事で!!

    5.0

    「おもしろ荘シリーズ」の姉妹の妹の方「リサベット」。 元気いっぱいで好奇心旺盛な活発な女の子です。 それゆえに,雪の森へ置いてけぼりにされてしまうという今回のお話。 笑い事でなく大変な事態で,読み手もはらはらどきどきしてしまいます。 雪降る町の様子も細かく描かれていて,冬に読みたい1冊ですね。...続きを読む

  • 読み手の腕次第で最後が盛り上がる絵本

    4.0

    • ほんもふさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 男の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    おいらは、はらぺこぴょんがぶりん! この絵本を読んでから、こどもたちの口癖です。 はらぺこぴょんがぶりんってどんなんだろう。。。と、読み進めていくのですが、 そこまでは読み手も読みやすいです。ちょっとした推理もの!? でも、最後正体がわかる二ページ。台詞がないんですよね。 読み手の腕や、子供によっては、おお!はらぺこ...続きを読む

  • 枕の気持ち

    4.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    まくらがする夢の話。ちゃんと枕で寝てほしいっていう夢を持つ枕も、枕なしには眠れないたっくんもかわいい。枕としての役わりははたしていなくても、そこにいてほしい、いるだけで安心する存在って小さい頃にはよくあるので、子どもは「〇〇のお人形と一緒だね」とたっくんに親近感を感じていました。...続きを読む

  • キュウリが食べたくなりますね

    4.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    きゅうりやと思ったら…サボテン?ワニ、ティラノザウルス!きゅうりを切ると雨がざーっと降ったり、想像したことのないタイプの雨の降らし方と雲の上の様子が楽しかったです。何度も何度もキュウリがでてくるから、キュウリを食べたくなりました。...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット