出版社エディターブログ

にほんごでうたおう

2016年11月17日 16時44分  「ポカポカフレンズのカラオケえほん にほんごでうたおう」(http://bit.ly/2fXVO1z
大人気のカラオケえほんシリーズ。「もりのくまさん」や「さんぽ」を含む、全15曲収録。“うたごえ入り”と“カラオケ”の切り替え機能付き!

にほんごでうたおう





注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介

    闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。

  • 雨ニモマケズ

    雨ニモマケズ

    作:宮沢 賢治
    絵:柚木 沙弥郎
    出版社:三起商行(ミキハウス)

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    賢治がのこした一冊の手帖。 そのなかにあった言葉が、 多くの人々の心をゆさぶりつづけている。 闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。 ※巻末に賢治の弟、清六の孫、宮沢和樹氏のエッセイ、 「雨ニモマケズ」手帖の画像を掲載。

  • まことに豚の心もちをわかるには、豚になって見るより致し方ない。

  • フランドン農学校の豚

    フランドン農学校の豚

    作:宮沢 賢治
    絵:nakaban(ナカバン)
    出版社:三起商行(ミキハウス)

    ところが豚の幸福も、あんまり永くはつづかなかった。 ・・・・・・これ灰色の気分である。 灰色にしてややつめたく、透明なるところの気分である。 さればまことに豚の心もちをわかるには、豚になって見るより致し方ない。

ユーザーレビュー

  • 賢治の作品の祖となるテーマ

    4.0

    つい近年まで私の中では、宮沢賢治というと、「銀河鉄道の夜」かこのあまりにも有名な「雨ニモマケズ」という言葉で、正直そのくらいの知識しかありませんでした。 特に名作と呼ばれる「銀河鉄道の夜」はカタカナの長ったらしい名前とよく分からない話の進展にどうしてもついていけず、何回も断念したほどでした。 それが前回のレビューコンテストの時...続きを読む

  • 宮沢賢治は自分が死を迎える二年前に手帳に書かれたものだそうです たくさんの童話を書いている賢治が、自分はどう生きるべきかをずっと考えていたのが解ります 人間がどう生きるべきか それは 一人一人考え方は違いますが賢治の生き方に共感し、心に刻んでいる人は多いと思います 雨ニモマケズ  風ニモマケズ・・・・・・ 人が困っている...続きを読む

  • 明るく斬新なイラスト

    5.0

    賢治がずっと思っていたこと、こうありたいと思い、書き留めていたこと。 この気持ちは、彼の残した作品のいろいろなところに現れていると思います。 すっかり暗唱できる短い詩のような文章ですが、こんな風に生きるのは 容易なことではないです。 この絵本は、とても明るい色とフォルムで、イラストが描かれていて また違った印象で良かったです。...続きを読む

  • この詩、大好きです

    5.0

    宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものばかりというわけではありませんが、この詩はとても好きです。病床で書いたメモのようなもので、作品として発表したものではないそうですが、代表作といっていいほど有名ですね。 この絵本は、ワンフレーズごとに1つの絵が描かれていて、子供にもイメージしやすいと思います。 とても辛い状況におかれながらも、...続きを読む

  • 絵がいいですね

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    誰もが一度は聞いたことのあるであろう、「雨二モマケズ」に絵がついています。ポップな感じで、抽象的でいいと思います。あまりに具体的に描かれていると、気持ちがそちらに集中してしまうし、想像の余地がなくなってしまうからです。 なぜ赤ちゃんや子供向けのイメージがあるミキハウスから出版なのだろうと本を読む前は疑問でしたが、出産祝いなどにとてもいい...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット