出版社おすすめ

注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介

    親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

  • 貝の火

    貝の火

    作:宮沢 賢治
    絵:おくはら ゆめ
    出版社:三起商行(ミキハウス)

    親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になると申します。」 ホモイはそっと玉を捧げて、おうちへ入りました

  • 夢だかなんだかわからない。 けれどもきっと本当だ。 ……こんなのがざしき童子です。

  • ざしき童子のはなし

    ざしき童子のはなし

    作:宮沢 賢治
    絵:岡田 千晶
    出版社:三起商行(ミキハウス)

    夢だかなんだかわからない。 けれどもきっと本当だ。 ……こんなのがざしき童子です。


出版社エディターブログ

【絵本紹介】 『ミキハウス フリフリえほん』

2017年12月4日 12時0分  みなさんこんにちは!今回は11月に刊行された『ミキハウス フリフリえほん』「まほうが かえたら」「まほうで たすけよう」の企画・編集を担当した清水から商品の魅力をお伝えします!


Q.こだわった点はどこですか?
A.音のでる絵本が名物のミキハウスですが、今回は電池不要でも音がでるギミックを採用した点です。電池切れの心配も無く、耐久性に優れています!

Q.どんな風に遊んでいただきたいですか?
A.絵本を”フリフリ”しながらお話が進む内容になっています。絵本を振ることで”まほう”がかかる楽しいストーリーを、ぜひご家族みなさんで音読しながらお楽しみください!

Q.制作中に苦労したことは何ですか?
A.表紙の色味(発色)がパっと目を引く商品にしたかったのですが、なかなかイメージ通りの色にならず何度も校正を繰り返しました。

ありがとうございました!電池要らずで音がでる”まほう”の絵本。色味にもこだわった装丁はお子様が持つだけで可愛いです。クリスマスやお年賀ギフトとしてもおすすめです★

【絵本紹介】 『ミキハウス フリフリえほん』

出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • かくれたの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!安全でやわらかいウレタン素材を使用しており、遊びながら手先の運動と考える力を養います。

  • たべてるの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!コンパクトで持ち運びやすく、おでかけにもおすすめです。

ユーザーレビュー

  • 実は・・・

    5.0

    私は、その昔、星新一さんの本を読んだことがあります。 でも、その世界に入り込めなくて、断念してしまったんです。 その頃の私はイメージがわかないというか、 文字情報を、頭の中で、うまく映像化することが できなかった感じで・・・。 星さんの世界を共有できなかったんですよね。 でも、この絵本を読んで、星さんの世界にぴったりの 挿絵...続きを読む

  • 美しい絵本

    5.0

    娘たちも11歳、8歳ともなると、自分で読みたい児童書を選び、自分で読むようになります。自然と絵本を読み聞かせることもなくなっていたのですが、久しぶりに寝る前の読み聞かせをしました。 美しい絵本で、不思議な世界に引き込まれるような感覚で、寝る前にぴったりでした。 11歳、8歳くらいだと、絵本の中の子供と同年代なので、ちょうど良い感じでし...続きを読む

  • 絵本化の難しさ

    3.0

    星新一氏の作品を絵本化するというのは、出版社にとっても絵を担当する方々にとっても、思いきった挑戦だった事と思います。 文章の長さ的には絵本にちょうど良いくらいですが、多くを語らずしてゾクッとするオチがある星作品では、時として絵が邪魔をしてしまう事もあるからです。 田中六大さんは「ぼくはねんちょうさん」のイメージが強く、星作品が持つ不思...続きを読む

  • こういう話だったんだ...

    3.0

    他の方のレビューにも書かれていますが、やっぱり、この話はいじめを描いた話としか言いようがありません。どんなに努力しても、理不尽ないじめにあうことがあることをそのまま描いていると思います。 でも、なんか、ごめんなさい。これは、私論ですが、やっぱり宮沢賢治なんですね、暗いんです。そして賢治の願望かのように、最後に、審判が下るって感じの終わり...続きを読む

  • 指でなぞる絵本

    3.0

    全ページためしよみで、読ませていただきました。 この絵本の迷路を本当に迷路として楽しもうと思ったら、意外に難しいかも。指でなぞって楽しむ絵本かなと思いました。幼い子どもたちは、こういうことするの好きですものね! ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット