出版社おすすめ

  • おやすみおやすみ

    サカナは水草のあいだで,目をぱっちり,口をぱっくりあけてねむります.――クマやウマ,ハトやカメ,バッタやクモ,イヌやネコ,そして子どもたち.いろいろな動物のねむるようすを,ゾロトウのやさしい詩と洗練されたデザインの絵で,しずかに語りかけます.安らかなねむりへと誘う,おやすみまえにぴったりの1冊です.

  • 岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ

    1942年,ポーランド.ユダヤ人強制居住区で家族と生き別れになった少年スルリックは,壁の外に脱出したとき,まだ八歳だった.農村と森を放浪する生活は過酷そのもの.片腕と過去の記憶を失いながらも,少年は知恵と力をつくし,嵐の月日を生きぬく.実話にもとづく勇気と感動の物語.映画「ふたつの名前を持つ少年」原作.

ユーザーレビュー

  • 美しく、楽しい時

    5.0

    福音館の大きな森の小さな家から始まったローラの幼い日から ずっとたどって、この本は、ローラの最良の時のお話だと思います。 シリーズのうちで好きなのは、この本ともっと幼い時の「長い冬」で 何度も読みました。 前半は、教師として行った地で、かなりつらい思いをしますが、 アルマンゾーが週末に迎えに来てくれることで、なんとか 切り抜け...続きを読む

  • 江戸時代の芝居小屋へタイムスリップ

    5.0

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳

    この絵本を開くと、江戸時代の芝居小屋へタイムスリップします。 狂言作者の見習いとして鶴屋南北に入門した千松くんを探しながら、舞台裏、楽屋、客席などを見て回ることができます。 現代の歌舞伎座の印象と、比べながら見ました。 非日常の絢爛豪華な世界であることは、昔も今も変わりありません。 今ほど多様な娯楽がなかった江戸時代、大衆が芝...続きを読む

  • 電気仕掛けの恩恵

    4.0

    こんなに極端ではないけれど、バックトウ、、、のドク部屋を思い出しました。 コーヒーやトーストができているのは、良いけれど、ここまですごいと 身動きが取れないって感じです。 停電になるだけかと思ったら、再開してすべてが裏目に出ると言う 運びです。 読者が大喜びしそうな騒ぎになりました。 ものぐさはもうたくさん、自分でなんでもしま...続きを読む

  • 探偵になれる

    5.0

    くろて団のファンなので引き続き、くろぐみだんでも好きになりました。くろて団にくらべて、文字が多く読みにくいので小2の息子は一人で読むことができません。読み聞かせながら一緒に考えます。小さな文字をみつけることもあるので、しんどいですが、見つけた時は嬉しいです。次々と進んで行くのが面白い。くろ手団の方が好きかなという印象はあります。少しカタカ...続きを読む

  • 映画を見ているように楽しめる 

    5.0

    名馬キャリコなんと 活動写真なんて言ったら時代遅れですね 楽しい ドラマを見たい人にお勧めです なんだかスカッとしますよ! キャリコは馬ですがこんな賢くて素晴らしい馬がいたら おちゃのこさいさいですね   そして 飼い主のカーボーイのハンクもかっこいい青年 サボテン州の人々の平和なこと いいですね! こんな平和な州 しかし ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット