出版社エディターブログ

ぴあのうさぎのご紹介

2012年3月19日 15時13分  今日はへんしんシリーズでおなじみ、あきやまただしさんの『ぴあのうさぎ』をご紹介。絵本の文章のなかに、音階がうまーくとけこんだ、おもしろい一冊。たとえば「きょうはおそらがきれい」「そ〜ら〜♪」とか、「みんながシーソーであそんでる」「し〜そ〜♪」みたいな感じ。おもちゃピアノを弾きながら絵本を読んだら、娘は次から小さな体で絵本とピアノを抱えて「これ読んで〜」ともってきました。(^^)「そ〜ら〜♪」でおもちゃピアノのソとラを弾くと、けっこう自分の読んでる声と音階がちがったりして、おんちな感じの読み聞かせに! 親の音感も試される?一冊。ソー↑ ソー↓なーんて音階とりながら絵本を読むのおもしろいですよ! 『ぴあのうさぎとみみおばけ』もあります。

ぴあのうさぎのご紹介

出版社おすすめ

  • あいさつ

    あいさつ

    作・絵:いもと ようこ
    価格:¥850+ 税

    いもとようこのあかちゃん絵本
    あいさつはことばのあくしゅ


    おはよう・いってきます・こんにちは・さようなら・ごめんなさい。あいさつは言葉の握手。人と人とのつながりの最初の一歩です。元気なあいさつはみんなを元気にします。赤ちゃんの時からあいさつが身につく絵本。

  • ぴあのうさぎ

    ぴあのうさぎ

    作・絵:あきやま ただし
    価格:¥1,200+ 税

    「どれみ」が、おもしろ大へんしん!

    ぴあのうさぎちゃんはピアノを持ってお出かけします。空を見て、そーらー、公園のシーソーを見て、しーそーと弾きながら歌います。ドレミの音階に合わせて楽しいストーリーが展開する、画期的なことば遊び&ユーモア絵本!

  • しげちゃん

    しげちゃん

    作:室井 滋
    絵:長谷川 義史
    価格:¥1,300+ 税

    「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」

    親の愛情が心に響く絵本です。

    しげちゃんは自分の名前が嫌いだったが、子どもの幸せを願って親が名前をつけることを知り、好きになる。室井滋の名前にまつわるユーモラスなエピソードを長谷川義史が人情味豊かにおおらかに描き、読者の共感を呼ぶ絵本。

金の星社の作品一覧

表示

パンツ いっちょうめ

パンツ いっちょうめ

作:苅田 澄子  絵:やぎ たみこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年09月  ISBN:9784323073613
  絵本
てをつなぐ

てをつなぐ

作・絵:鈴木 まもる  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年08月  ISBN:9784323024646
  絵本
サファリ

サファリ

作・絵:松岡 たつひで  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年08月  ISBN:9784323073941
  絵本
ゆめねこ

ゆめねこ

作・絵:真珠 まりこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年07月  ISBN:9784323073828
  絵本
みんなのきもちがわかるかな? おもいやりの絵本

みんなのきもちがわかるかな? おもいやりの絵本

編・著:WILLこども知育研究所  絵:すみもと ななみ  出版社:金の星社  本体価格:\1,500+税  発行日:2017年07月  ISBN:9784323073910
  絵本
おやすみ おやすみ みんな おやすみ

おやすみ おやすみ みんな おやすみ

作・絵:かのう かりん  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年07月  ISBN:9784323024639
  絵本
恐竜えほん ティラノサウルス

恐竜えほん ティラノサウルス

絵:柏崎 義明  図鑑監修:久保田 克博  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年06月  ISBN:9784323073866
  絵本
へんしんテスト

へんしんテスト

作・絵:あきやま ただし  出版社:金の星社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年06月  ISBN:9784323033884
  絵本
どんぐりと山猫

どんぐりと山猫

作:宮沢 賢治  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年06月  ISBN:9784323038933
  絵本
うわのそらいおん

うわのそらいおん

作・絵:ふくなが じゅんぺい  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年05月  ISBN:9784323033877
  絵本
●金の星社のイベント情報はこちら

注目の作品!

【金の星社】イチ押しの作品をご紹介

    小さいときから命のふれあいを
    命の大切さを問う写真絵本

  • 小さないのち まほうをかけられた犬たち

    小さないのち まほうをかけられた犬たち

    作:今西乃子
    写真:浜田 一男
    出版社:金の星社

    ベストセラー「犬たちをおくる日」「ドッグ・シェルター」の著者がおくる 〔初めての写真絵本〕 ●●●小さいときから命のふれあいを●●● 安並圭子さんは動物愛護センターから犬をひきとり、新しい飼い主へつなぐボランティア。命の期限を切られた犬たちをまるで命の魔法をかけるように 誰からも愛される犬に生まれ変わらせていく。命の大切さを問う...続きを読む

ユーザーレビュー

  • お妃様が印象的だった

    5.0

    今回、ヒロインのしらゆきひめよりも、お妃様の方が印象に残りました。 赤いドレスを着て、いかにもワガママで気が強そうなお妃様。 そんなお妃様の末路は 死 でした。 最後までしらゆきひめを憎み死んでいったお妃様。 よっぽど自分よりも美しいしらゆきひめが、許せなかったのですね・・・。 かがみよ かがみ!せかいじゅうでいちばん美...続きを読む

  • 単純な線で描かれた、文字の少ない電車絵本。

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    息子のお気に入りの一冊です。彼が興味があるのは国内の新幹線ばかりだと思っていたのはどうやら私の思い込みでした。お姉ちゃんが弟にも読んであげられる適正な文字量で、絵も単純で色もはっきりしているので、0歳の赤ちゃんもじっと眺めていました。...続きを読む

  • 賛否分かれるかもしれません。いきなり双子の魔女の一人が ハロウィンの日に亡くなってしまう。というちょっと衝撃的なところから 始まります。 そしてそれをきっかけにこどもたちがハロウィンについて調べます。 そのおかげで、翌年、亡くなった子と楽しくパーティーを過ごすという ストーリー。 ハロウィンをただ楽しむ日本の子どもたち...続きを読む

  • 面白いおばけのお話

    5.0

    このお話は、怖い感じではなくて面白い感じのおばけのお話でした。 このお話には、のっぺらぼうだけでなく、大蛇とガイコツのお話も載っていました。うちの子は、ガイコツのお話が気に入っていて、友達に殺されてしまいガイコツになった男が、自分を殺した男に復習するものでした。面白く描かれていましたが、読んでいる私はなんだか心がジ-ンと来て泣けてきちゃ...続きを読む

  • うまく引き算された絵がすてき

    5.0

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子18歳、男の子14歳

    黒い太い線によって、必要最低限の形がふちどられている絵です。 ブルーナさんのように、シンプルさで伝えたいことをストレートに伝える強さと、子どもたちにわかりやすく伝えようとするやさしさを感じます。 白い雲の形が好き、飛行機に乗っている乗客の顔が鳥のように見えておもしろい、などなど個人的にお気に入りな点が多く、乗り物絵本のなかでもかなりお...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット