出版社エディターブログ

ぴあのうさぎのご紹介

2012年3月19日 15時13分  今日はへんしんシリーズでおなじみ、あきやまただしさんの『ぴあのうさぎ』をご紹介。絵本の文章のなかに、音階がうまーくとけこんだ、おもしろい一冊。たとえば「きょうはおそらがきれい」「そ〜ら〜♪」とか、「みんながシーソーであそんでる」「し〜そ〜♪」みたいな感じ。おもちゃピアノを弾きながら絵本を読んだら、娘は次から小さな体で絵本とピアノを抱えて「これ読んで〜」ともってきました。(^^)「そ〜ら〜♪」でおもちゃピアノのソとラを弾くと、けっこう自分の読んでる声と音階がちがったりして、おんちな感じの読み聞かせに! 親の音感も試される?一冊。ソー↑ ソー↓なーんて音階とりながら絵本を読むのおもしろいですよ! 『ぴあのうさぎとみみおばけ』もあります。

ぴあのうさぎのご紹介

出版社おすすめ

  • あいさつ

    あいさつ

    作・絵:いもと ようこ
    価格:¥850+ 税

    いもとようこのあかちゃん絵本
    あいさつはことばのあくしゅ


    おはよう・いってきます・こんにちは・さようなら・ごめんなさい。あいさつは言葉の握手。人と人とのつながりの最初の一歩です。元気なあいさつはみんなを元気にします。赤ちゃんの時からあいさつが身につく絵本。

  • ぴあのうさぎ

    ぴあのうさぎ

    作・絵:あきやま ただし
    価格:¥1,200+ 税

    「どれみ」が、おもしろ大へんしん!

    ぴあのうさぎちゃんはピアノを持ってお出かけします。空を見て、そーらー、公園のシーソーを見て、しーそーと弾きながら歌います。ドレミの音階に合わせて楽しいストーリーが展開する、画期的なことば遊び&ユーモア絵本!

  • しげちゃん

    しげちゃん

    作:室井 滋
    絵:長谷川 義史
    価格:¥1,300+ 税

    「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」

    親の愛情が心に響く絵本です。

    しげちゃんは自分の名前が嫌いだったが、子どもの幸せを願って親が名前をつけることを知り、好きになる。室井滋の名前にまつわるユーモラスなエピソードを長谷川義史が人情味豊かにおおらかに描き、読者の共感を呼ぶ絵本。

金の星社の作品一覧

表示

ラプンツェル

ラプンツェル

原作:グリム  絵・文:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年01月  ISBN:9784323036274
  絵本
がっこうたんけん しょうがっこうだいずかん

がっこうたんけん しょうがっこうだいずかん

編・著:WILLこども知育研究所  出版社:金の星社  本体価格:\1,500+税  発行日:2016年12月  ISBN:9784323073798
  絵本
ピノキオ

ピノキオ

原作:カルロ・コッローディ  文・絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2016年11月  ISBN:9784323036267
  絵本
いとしの毛玉ちゃん

いとしの毛玉ちゃん

作:室井 滋  絵:長谷川 義史 むろい しげる  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2016年11月  ISBN:9784323073637
  絵本
大人になってこまらないマンガで身につくマナーと礼儀

大人になってこまらないマンガで身につくマナーと礼儀

監修:辰巳 渚  マンガ:池田 圭吾  出版社:金の星社  本体価格:\1,100+税  発行日:2016年09月  ISBN:9784323053226
ハロウィーンのひみつ

ハロウィーンのひみつ

作・絵:はやし ちかげ  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2016年09月  ISBN:9784323073675
  絵本
ただしいもちかたの絵本

ただしいもちかたの絵本

編・著:WILLこども知育研究所  絵:すみもと ななみ  出版社:金の星社  本体価格:\1,500+税  発行日:2016年09月  ISBN:9784323073736
  絵本
これはすいへいせん

これはすいへいせん

文:谷川 俊太郎  絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera)  出版社:金の星社  本体価格:\1,500+税  発行日:2016年09月  ISBN:9784323073668
  絵本
ぐるぐるぐる

ぐるぐるぐる

作:内田 麟太郎  絵:長野 ヒデ子  出版社:金の星社  本体価格:\1,350+税  発行日:2016年09月  ISBN:9784323032238
  絵本
がんばるぞう

がんばるぞう

作・絵:塚本 やすし  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2016年09月  ISBN:9784323073705
  絵本
●金の星社のイベント情報はこちら

注目の作品!

【金の星社】イチ押しの作品をご紹介

    小さいときから命のふれあいを
    命の大切さを問う写真絵本

  • 小さないのち まほうをかけられた犬たち

    小さないのち まほうをかけられた犬たち

    作:今西乃子
    写真:浜田 一男
    出版社:金の星社

    ベストセラー「犬たちをおくる日」「ドッグ・シェルター」の著者がおくる 〔初めての写真絵本〕 ●●●小さいときから命のふれあいを●●● 安並圭子さんは動物愛護センターから犬をひきとり、新しい飼い主へつなぐボランティア。命の期限を切られた犬たちをまるで命の魔法をかけるように 誰からも愛される犬に生まれ変わらせていく。命の大切さを問う...続きを読む

ユーザーレビュー

  • おとぎの国のラプンツェル

    4.0

    いもとようこさんが描くと、どうして物語はソフトなファンタジーになってしまうのでしょうか。 まるでバーナデット・ワッツのメルヘン・マジックのように毒気を取り除いた、甘い世界の「ラプンツェル」です。 魔女の醜悪さも、森をさ迷う王子の悲惨さも、とてもマイルドです。 こんな絵で味わいたいときも、確かにあるよな、と思いつつくつろげる絵本でした...続きを読む

  • 可愛い絵で読みやすい

    4.0

    私自身、題名や「ひらけ、ごま」の合言葉は知っていても、内容はおぼろげでした。いもとようこさんの可愛らしい絵で、読みやすい絵本になっていました。 ただ内容はけっこう残酷で、悪者とはいえ、殺したりする場面があります。 1年生の娘は、普通に聞いていたようですが、子どもによっては気になる子もいるかと思います。 小さい子に読み聞かせるときは、...続きを読む

  • 寒い日のあったかいお話

    5.0

    このお話は、一人の男の人のうちに雪がすごく降ってきた夜、動物たちが寒さをしのぐためにたくさんやってくるお話でした。動物の数が少なかったときはよかったのですが、だんだん増えてくるとすごい状態で寝なくては行けなくなってきて、大変なことになっていました。その様子がとてもかわいらしく、面白くもあったところが好きだったみたいです。...続きを読む

  • 世の中ウソだらけ

    4.0

    この絵本を見て、世の中はウソに満ちあふれていると痛感します。 でも、ウソは意識的に行うもので、必要なイミテーションや虚構は別にしてあげないと、子どもたちに説明できないですね。 意識的なウソの中にも、悪意のウソ、善意のウソ、逃避のウソ、弁解のウソ、ウソにもいろんなウソがありました。 あまり親の都合で説明してもいけない、ハードルの高い絵...続きを読む

  • 素敵な先生に出会えました

    4.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    頑張れ!と応援していた校長先生が、病気になって頑張ってもできないこともあると知り、声掛けをしていた生徒にあやまります。でもそんな校長先生の優しい声掛けがあったからこそ、いざという時に頑張れたんですよね。 とても素敵な2人の関係に、心があたたまりました。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット