出版社エディターブログ

ぴあのうさぎのご紹介

2012年3月19日 15時13分  今日はへんしんシリーズでおなじみ、あきやまただしさんの『ぴあのうさぎ』をご紹介。絵本の文章のなかに、音階がうまーくとけこんだ、おもしろい一冊。たとえば「きょうはおそらがきれい」「そ〜ら〜♪」とか、「みんながシーソーであそんでる」「し〜そ〜♪」みたいな感じ。おもちゃピアノを弾きながら絵本を読んだら、娘は次から小さな体で絵本とピアノを抱えて「これ読んで〜」ともってきました。(^^)「そ〜ら〜♪」でおもちゃピアノのソとラを弾くと、けっこう自分の読んでる声と音階がちがったりして、おんちな感じの読み聞かせに! 親の音感も試される?一冊。ソー↑ ソー↓なーんて音階とりながら絵本を読むのおもしろいですよ! 『ぴあのうさぎとみみおばけ』もあります。

ぴあのうさぎのご紹介

出版社おすすめ

  • あいさつ

    あいさつ

    作・絵:いもと ようこ
    価格:¥850+ 税

    いもとようこのあかちゃん絵本
    あいさつはことばのあくしゅ


    おはよう・いってきます・こんにちは・さようなら・ごめんなさい。あいさつは言葉の握手。人と人とのつながりの最初の一歩です。元気なあいさつはみんなを元気にします。赤ちゃんの時からあいさつが身につく絵本。

  • ぴあのうさぎ

    ぴあのうさぎ

    作・絵:あきやま ただし
    価格:¥1,300+ 税

    「どれみ」が、おもしろ大へんしん!

    ぴあのうさぎちゃんはピアノを持ってお出かけします。空を見て、そーらー、公園のシーソーを見て、しーそーと弾きながら歌います。ドレミの音階に合わせて楽しいストーリーが展開する、画期的なことば遊び&ユーモア絵本!

  • しげちゃん

    しげちゃん

    作:室井 滋
    絵:長谷川 義史
    価格:¥1,300+ 税

    「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」

    親の愛情が心に響く絵本です。

    しげちゃんは自分の名前が嫌いだったが、子どもの幸せを願って親が名前をつけることを知り、好きになる。室井滋の名前にまつわるユーモラスなエピソードを長谷川義史が人情味豊かにおおらかに描き、読者の共感を呼ぶ絵本。

金の星社の作品一覧

表示

おうち

おうち

作:中川 ひろたか  絵:岡本 よしろう  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年05月  ISBN:9784323073958
  絵本
心ってどこにあるのでしょう?

心ってどこにあるのでしょう?

作:こんの ひとみ  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2018年04月  ISBN:9784323024660
  絵本
恐竜えほん トリケラトプス

恐竜えほん トリケラトプス

絵:柏崎 義明  図鑑監修:青塚 圭一  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年03月  ISBN:9784323074054
  絵本
恐竜えほん スピノサウルス

恐竜えほん スピノサウルス

絵:柏崎 義明  図鑑監修:青塚 圭一  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年03月  ISBN:9784323074061
  絵本
デザインあ かくほん

デザインあ かくほん

アートディレクション:柿木原 政広 河村 まゆみ  監修:佐藤 卓  出版社:金の星社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年03月  ISBN:9784323074023
  絵本
注文の多い料理店

注文の多い料理店

作:宮沢 賢治  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2018年01月  ISBN:9784323038964
  絵本
あかい ろうそく

あかい ろうそく

作:新美 南吉  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年12月  ISBN:9784323038957
  絵本
ありがとう トワイライトエクスプレス

ありがとう トワイライトエクスプレス

作・絵:かねづかまこと  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年11月  ISBN:9784323024653
  絵本
がちょうのたんじょうび

がちょうのたんじょうび

作:新美 南吉  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年10月  ISBN:9784323038940
  絵本
いもとようこあいうえおかるた

いもとようこあいうえおかるた

作:よこた きよし  絵:いもと ようこ  出版社:金の星社  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年10月  ISBN:9784323890531
  絵本
●金の星社のイベント情報はこちら

注目の作品!

【金の星社】イチ押しの作品をご紹介

    小さいときから命のふれあいを
    命の大切さを問う写真絵本

  • 小さないのち まほうをかけられた犬たち

    小さないのち まほうをかけられた犬たち

    作:今西乃子
    写真:浜田 一男
    出版社:金の星社

    ベストセラー「犬たちをおくる日」「ドッグ・シェルター」の著者がおくる 〔初めての写真絵本〕 ●●●小さいときから命のふれあいを●●● 安並圭子さんは動物愛護センターから犬をひきとり、新しい飼い主へつなぐボランティア。命の期限を切られた犬たちをまるで命の魔法をかけるように 誰からも愛される犬に生まれ変わらせていく。命の大切さを問う...続きを読む

ユーザーレビュー

  • かぞえるということ

    4.0

    乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。 1から10まで、動物たちを数える趣向です。 もちろん、頭、匹など、数え方の種類は小さい子には難しいかもしれませんが、 かわいい動物たちを眺めているだけでも楽しめそうです。 むしろ、数えるということ、を体感する作品といえると思います。 数える楽しさを味わってほしいです。 10が指という...続きを読む

  • 父子関係も

    4.0

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。 題名そのまま、動物たちの母子・父子の様子を描きます。 やはり、いもとようこさんの紡ぎだす動物像が愛らしいですね。 注目は、父子像もしっかり描かれていること。 お父さんの口の中で育つ魚(テンジクダイ?)、 抱卵するタツノオトシゴ、 ひなをまもるペンギン。 ちょっとした科学絵本のようですね。...続きを読む

  • 素晴らしいアレンジ

    5.0

    グリム童話からと書いてあるので、こびとは二人じゃなかったかなとは思ったのですが、こびとたちがいっぱいになって、陽気で楽しいお話になっています。 グリムのお話では、こびとさんたちはいなくなってしまうので、その後のくつやさんの暮らしが心配だったのですが、一緒に生活しているところも、しあわせいっぱいで、幼児向けに気持ちのいいアレンジだと思いま...続きを読む

  • 子どもが読んでくれました

    5.0

    5歳の子がみんなの前でよみきかせをしてくれました。 〇〇はどんな色?という問いかけの繰り返しで、色の名前がしぜんに覚えられる本です。隣のページはこたえの色になっていて(これがとてもうつくしい色です)小さい子でも見て、聞いて色とその名前になじんでいけるでしょう。 絵はもちろんですが、文章もやわらかくやさしい繰り返しなので自分で読む練...続きを読む

  • 小学4年生の男の子の目線のお話  お母さんは いつも 早く早くと口癖のように言う   専売特許とはうまいこと言う ぼくは 友達に無視されて イライラして 鞄を投げつけた  ちょうどねこのトラにあたった 3年生までは仲良しだったのに・・・・・4年になって亜樹斗くんが「ぼくのまねばっかりして うざいんだ おまえは敵  もう 離れてくれ」...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット