出版社エディターブログ

春のおとずれ

2017年3月17日 15時7分  少しずつ春が近づいてきましたね。


神戸の春は いかなごという瀬戸内海でとれる小さな魚(関東では小女子ともいいます)とともにやってきます。
住宅地の角をまがり、ぷう〜んとこの小魚を炊く甘辛い匂いがしてくると、「ああ、もう春なんだなぁ」と思います。

各地によって春の訪れを感じるものはさまざまだと思いますが
桜の開花はほぼ全国的なキーワードですよね。

『おさびし山のさくらの木』は
見返しに描かれた満開の桜の絵もみどころ。

生命をめぐるお話ですが、別れと出会いのお話でもあります。

美しい桜の話をぜひ絵本でもご堪能ください。


春のおとずれ

注目の作品!

【BL出版】イチ押しの作品をご紹介

    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

  • わすれもの

    わすれもの

    作:豊福 まきこ
    出版社:BL出版

    切なくてあたたかい、小さな「わすれもの」の気持ち。 ミナちゃんは、パパとママと大好きなひつじのぬいぐるみと一緒に公園に遊びに行きました。ベンチにひつじを座らせたミナちゃんは、遊びに夢中になり、公園にひつじをわすれてしまいました。ひつじは、カラスにつつかれたり、ベンチから転げ落ちながらも、迎えが来てくれると信じています。けれどあたりが暗く...続きを読む

出版社おすすめ

  • ネコの住むまち

    ラウラとラッセの姉弟は、コペンハーゲンにある大きなマンションに引っ越してきた。窓から見えるのはネコがたくさんいる不思議な家と、古いまち並み。二人は遊びに出かけますが、途中でラッセがいなくなりました。弟を見つけようとラウラはまちを探検します。ところが、そこには想像を超える冒険が待っていました……。

  • もう いいかい

    もう いいかい

    作:中野 真典
    価格:¥1,300+ 税

    ちいさな女の子がふたり、神社の境内でかくれんぼ。「もういいかい?」「まぁだだよ!」満開のさくら、若々しいみどり、あたたかな春のひざしのなかで、軽やかに動く子どもの心を、中野真典が味わい深いタッチで描きました。

  • おさびし山のさくらの木

    おさびし山には、一本のさくらの木がありました。とおりかかった旅人がさくらの木にたずねます。「ちらない花はあるのですか」「さいた花はかならずちります」さくらの木はこたえました。数年後、旅人がふたたび山をおとずれると、さくらの木はあとかたもなくなっていました。……「また生命の花がさくときに、そのときのために、出会ったことをおぼえていましょう」さくらの木が残した言葉が心に残ります。文章は映画「風立ちぬ」「野菊の墓」ドラマ「ピュアラブ」などの脚本を手がけた故・宮内婦貴子氏。本作品は中学の道徳教材にも掲載されました。

  • わたしのにわ

    おかあさんの庭仕事をてつだいながら、 女の子は空想にひたります。
    ‘もしも わたしに にわがあれば…’
    わたしの にわでは、わたしが おもったとおりに、おはながいろをかえる―ピンクに、あおに、みどりに、むらさき。
    それだけじゃなくて、もようまでできるんだから。 
    わたしがかいがらをまくと、かいがらのおはながそだって、
    ジェリービーンズをまくと、おおきなジェリービーンズの木になるの。
    女の子のきもちが夢いっぱいにひろがり、心がぱぁっと明るくなれる絵本です。
    「こんなお庭があったらいいな、たのしそうなお庭だな」と
    子どもたちも想像をふくらませながら共感できることでしょう。読み聞かせにもおすすめ。


ユーザーレビュー

  • ちょっと早かったかな?

    4.0

    • ほっぺこさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    そらくんが自分ルール「白い線の上を歩いて帰る」を作って家まで帰るお話です。 自分の小さい頃を思いだしました。 やった、やった、こういう自分ルール。 赤い部分だけしか踏んじゃダメとか。 途中で白い部分を触ればセーフとか、ルールを追加してるのも、あるあるだなぁと思いました。 白い線以外は断崖になる絵とか、そらくんの心境がよくわかりま...続きを読む

  • 雰囲気が楽しい!

    4.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    くるくるおどってみようかな。くるりんぱっ!でりんごちゃん♪と、うたうように読み進めることができ、読んでいて楽しかったです。 泣いていても、あれ?なんで泣いていたんだっけ?ってなっちゃうお話が、意味が分からなくて楽しい。 おどるりんごちゃんがかわいくて、4さいの子は、くるりんぱっでりんごちゃん!と歌いながら踊っていました。 ...続きを読む

  • 想像できない展開

    5.0

    シュークリーム好きとしては、タイトルから興味をひかれます。 でも、ただおいしそうなだけではありません。全く想像できない展開で先が気になり、一気によんでしまいました。 あまくて、ハラハラして、ユーモアがいっぱいの楽しいお話でした。...続きを読む

  • 虫たちのホテル

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    パパとママの代わりにむしホテルでがんばって働くホタルのルイとロイ。 むしホテルというだけあって、いろいろなむしがたくさん出てきますよ。 むし好きな子にいいかな。 メインストーリー以外にも、細々と絵やセリフが描かれていて、一部屋一部屋の様子を見ていくのも楽しいです。 パパママなしで無事にお客さんをもてなせるかな?...続きを読む

  • こんな鉛筆が欲しい

    5.0

    • ccさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    くまさんが持っている不思議な鉛筆。 ハンターにつかまりそうになったら、 鉛筆で色々な物を書いて、物を作り出し、ピンチを切り抜けていきます。 ハンターからうまく逃げだすくまさんに嬉しくなるようで、 やったね、ハンター悔しそうだねと言っていました。 こんな鉛筆があったら、使ってみたいそうです。 なにを作り出そうかなと考えていました...続きを読む

BL出版の作品一覧

表示

ほんとだもん

ほんとだもん

文:高山なおみ  絵:中野 真典  出版社:BL出版  本体価格:\1,500+税  発行日:2017年04月01日  ISBN:9784776408017
  絵本
どうする ジョージ! ボードブック

どうする ジョージ! ボードブック

作:クリス・ホートン  訳:木坂 涼  出版社:BL出版  本体価格:\1,000+税  発行日:2017年04月01日  ISBN:9784776407898
  絵本
しーっ! ひみつのさくせん ボードブック

しーっ! ひみつのさくせん ボードブック

作:クリス・ホートン  訳:木坂 涼  出版社:BL出版  本体価格:\1,000+税  発行日:2017年04月01日  ISBN:9784776407881
  絵本
わすれもの

わすれもの

作:豊福 まきこ  出版社:BL出版  本体価格:\1,300+税  発行日:2017年03月20日  ISBN:9784776408000
  絵本
ネコの住むまち

ネコの住むまち

作:イブ・スパング・オルセン  訳:ひだに れいこ  出版社:BL出版  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年02月23日  ISBN:9784776407904
  絵本
ぼくのあかいボール

ぼくのあかいボール

作:イブ・スパング・オールセン  訳:ひしき あきらこ  出版社:BL出版  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年02月20日  ISBN:9784776407843
  絵本
ファミちゃんリアちゃんいちにちあいうえお

ファミちゃんリアちゃんいちにちあいうえお

文:小山 薫堂  絵:高橋 知美  出版社:BL出版  本体価格:\1,800+税  発行日:2017年02月14日  ISBN:9784776407911
  絵本
クララ

クララ

作:エミリー・アーノルド・マッカリー  訳:よしい かずみ  出版社:BL出版  本体価格:\1,600+税  発行日:2017年01月20日  ISBN:9784776407645
  絵本
喜劇レオンスとレーナ

喜劇レオンスとレーナ

原作:ゲオルク・ビューヒナー  絵:リスベート・ツヴェルガー  翻案:ユルク・アマン  訳:小森 香折  出版社:BL出版  本体価格:\1,800+税  発行日:2017年01月15日  ISBN:9784776406396
  児童書
ソフィアのとってもすてきなぼうし

ソフィアのとってもすてきなぼうし

文:ミシェル・エドワーズ  絵:G.ブライアン・カラス  訳:石津 ちひろ  出版社:BL出版  本体価格:\1,400+税  発行日:2016年12月25日  ISBN:9784776407775
  絵本
全ページためしよみ
年齢別絵本セット