なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
浦島太郎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

浦島太郎

  • 絵本
絵: 笠松 紫浪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「浦島太郎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年07月
ISBN: 9784061482579

B5判 48ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

画家紹介 ■笠松紫浪(かさまつしろう) 1898年、東京生まれ。日本画家鏑木清方の門に入り、帝展、文展等に日本画大作を出品。戦後、木版画に専念。1991年没。

ベストレビュー

若返った浦島太郎

長男(現在6歳)が4歳の時に初めて読んで聞かせました。その時は、亀さんがいじめられて可哀想とか、子供なりの意見でした。去年、幼稚園の発表会で「若返った浦島太郎」と言う題の劇をしました。おじいさんになった浦島太郎が元通り若返るお話です。発表会後、又、いつもの浦島太郎を読んで!と持ってきました。もちろん、内容は、うっすらと覚えていたから本の内容はそっちのけ。この本を読んだあとは必ず発表会の劇の話を聞かされます・・おじいさんになっちゃって、この後どうなるんだろうね?みたいに親子の会話が続きそうな絵本だなぁと思います。
(みあさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


笠松 紫浪さんのその他の作品

一寸法師



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

浦島太郎

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット