だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ちいさなあかいきかんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなあかいきかんしゃ

作: 鶴見正夫
絵: 高橋 透
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

「ちいさなあかいきかんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

機関車もがんばる、ぼくもがんばる!

静岡県の大井川鉄道の井川線をモデルにした、のりもの絵本です。

主人公のゆうき君はお父さんの転勤で引っ越すことになりました。
引越しのバタバタで大事にしていた、小さな赤いディーゼル機関車の
おもちゃを無くしてしまいます。
引越した最初の日曜日、友達もまだいなく落ち込んでいるゆうき君を
お父さんが「山奥へ行こう」と誘い、みんなでバスに乗って駅に着くと、
そこには... という話です。

引越しの時の子供ながらの不安な気持ち、そして、それを前向きに
克服しようとするきっかけが上手く描かれていると思います。

また、井川線のことが話の中で子供にも分かりやすく説明されていて、
乗りに行きたいなという気持ちにぐっとなります。

電車好きなお子さんは勿論なこと、引越しするお子さんにも
お薦めです。是非読んでみて下さい。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

鶴見正夫さんのその他の作品

はなさかじいさん / ライト兄弟 / 日本むかし話(2) かちかちやま / あめふりくまのこ / つるのおんがえし / まいごのペンギンフジのはなし

高橋 透さんのその他の作品

ライオンとソフトクリーム / 紙芝居 ちちちマン / 紙芝居 また、あおうね / いちばんバスのはやおきくん / かいがんでんしゃはおおいそがし / フォア文庫 少年探偵事件ノート



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ちいさなあかいきかんしゃ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット