十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
はじめてふったゆき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめてふったゆき

  • 絵本
文: 竹内智恵子
絵: 田島 征彦
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥2,600 +税

「はじめてふったゆき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月25日
ISBN: 9784835450360

B4変・上製/40 頁

出版社からの紹介

いつのころか、磐梯山には「てながあしなが」という大きな猿が住み着いて、村人にいたずらをするようになった。それを見かねた坊さまが、てながあしながを説教したところ、本当は村人と一緒に遊びたかっただけだと言う。坊さまは、てながあしながを小猿に変身させ、村の六地蔵の隣に新たな地蔵として住まわすことにしてあげた。月日は流れ、村は悪代官が仕切るようになり…

はじめてふったゆき

ベストレビュー

会津のくにのむかしばなし

4歳の子が「読んで」と持ってきましたが、正直4歳児には難しかったです。
会津のくにに雪が降らなかったころのむかしばなしです。
どうして会津に雪が降るようになったのでしょうか。
「てながあしなが」が村人たちにいたずらをします。その理由は寂しかったから。いっしょに遊びたかったのですね。話を聞いたお坊様は「てながあしなが」を村の六地蔵の隣に新たな地蔵として住まわすことに…。
むかしばなしらしいむかしばなしです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

出版社おすすめ


竹内智恵子さんのその他の作品

はじめてふったゆき

田島 征彦さんのその他の作品

てんにのぼったなまず / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / こたろう / そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(6) へんなゆめ / しちどぎつね



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

はじめてふったゆき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット