ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
うみべのいす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみべのいす

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: nakaban(ナカバン)
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年04月30日
ISBN: 9784333026425

3歳から
220×240mm/32ページ

みどころ

白い浜辺にぽつんと椅子がひとつ。
目の前にあるのは、どこまでも広がっていく静かで大きな海。
ここに座ってみたら、何が見えるのだろう。

あれ、椅子にだれかの後姿が見えますよ。
「すわっているのは だれかしら。」
白いネコさんに見えます。
その視線の先の海には・・・美味しそうな魚が飛び跳ねていた!

今度は大きなクマさんの背中。
これまた大きなクジラさんと会話を交わしているのでしょうか。
「おおきいねえ。」「クマさんもな。」

その椅子には、いつでも、誰でも座ることができるようです。
男の子が座れば、その広い海のかなたにおばあちゃんへの想いを馳せ、母と娘はお父さんの乗った見えぬ船に想いをめぐらせます。
時には誰も座っていない時もあります。そんな時は、誰にも見られていない海があります。

海は時間の流れと共に、その景色や色を変えたり、変わらなかったり。
みんなの想いを包み込み、何かを返したり返さなかったり。
いつでもそこに佇んでいます。

それぞれの海の景色を眺め、自分でも絵本の中の椅子に座って海を眺め。
すると、自分の手のひらにチョウチョがとまりにきた!?
内田麟太郎さんの言葉とnakabanさんの絵。
ふと気がつくと長い時間が過ぎてしまうような、美しく抒情あふれる絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

うみべのいす

出版社からの紹介

浜辺にぽつんとある椅子は、ただ静かに海のほうをむいています。座りたければ、いつでも、誰でも、その椅子に座ることができます。そしてそれぞれ、海のかなたに想いを馳せるのです――。美しく静かな抒情あふれる絵本です。

ベストレビュー

すわっているのは

たくさんのドットで描かれた個性的な挿絵に惹かれて手に取りました。
海辺に置かれた一脚の青いいす。ページをめくるたび、違う動物や人間が座っています。
「すわっているのはだれかしら。」という優しい繰り返しの言葉が、とっても印象的でした。
読んでいる自分も、いすにすわっている誰かのように、いつまでも海を眺めていたくなるような気分にさせてくれる絵本です。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子11歳、女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

ともだちなんかいらない / ぶきゃぶきゃぶー / たまたまタヌキ / イソップ物語 / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ

nakaban(ナカバン)さんのその他の作品

フランドン農学校の豚 / はこ / わたしは樹だ / ぞうのびっくりパンやさん / よるのむこう / みずいろのぞう



ともだちってなんだろう?

うみべのいす

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット