十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
やさいのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やさいのともだち

  • 絵本
文: 神沢 利子
絵: 石倉 ヒロユキ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月09日
ISBN: 9784865490015

220×190mm 20ページ

みどころ

色んな野菜が登場する、とってもカワイイファーストブックができました。

おはなしの中心は、畑の中にいる、野菜。
野菜たちはそれぞれなかよしさんがいるようです。
最初のおともだちは、真っ白なだいこんちゃんと、真っ赤なにんじんちゃん。
次はつるつるほっぺのトマトちゃんと、ぶつぶつほっぺのきゅうりちゃん。
コロコログリンピースちゃんと、どっしりかぼちゃんのなかよしさんが来て、
ゴロゴロじゃがいもちゃんとさつまいもちゃんはゴッツンコ。
するとみんなの上からシャワーがふってきて…
やさいのともだち、どうなっちゃうの?

こどもにとって苦手な野菜も、他の野菜となかよくニコニコ笑っていたら、
ちょっとだけ好きになってしまうかもしれません。

『くまのこウーフ』や『ふらいぱんじいさん』など、
児童書・絵本業界を代表する詩人・神沢利子さんが紡ぐ、
みずみずしい詩に、石倉ヒロユキさんが生き生きとした野菜たちを描きました。

(木村春子  絵本ナビライター)

やさいのともだち

出版社からの紹介

<幼い子どもたちにおくる詩の絵本>
現代を代表する詩人・童話作家の神沢利子が、野菜たちに命を吹き込みました。幼い子どもたちに親しみやすい言葉で、感性豊かに描き出した詩の絵本。ファーストブックにおすすめしたい一冊です。

ベストレビュー

かわいいい野菜たち!

かわいいい野菜たちがたくさん登場してきます。野菜は土から生まれるということが絵を通して自然とわかるので、それはとっても良いなと思います。

文章がとってもリズミカルなので子どもも覚えやすいと思います。また、ボードブックなので丈夫なのも良いですね。
(はるとうちゃんさん 20代・せんせい 男の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / おばあさんのひっこし / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日 / くじらのあかちゃん おおきくなあれ / ぐうぐうごりら

石倉 ヒロユキさんのその他の作品

トコトコとこちゃん / 〈とうもろこしから〉そだてる オムレツ / 〈野菜から〉そだてる カレー / 〈お米から〉そだてる おにぎり / 〈大豆から〉そだてる みそしる / 日本の伝統野菜



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

やさいのともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット