庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
トムとジェリーのすうじの迷路
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トムとジェリーのすうじの迷路

  • 絵本
作・画: 鈴木 みのる
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,200 +税

「トムとジェリーのすうじの迷路」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784309690018

A4変形 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


だいすき!トム&ジェリー わかったシリーズ レビュー大募集!

みどころ

いたずらをして追っかけて、つかまりそうになって逃げられて。
いつもドタバタと追いかけっこを繰り返すお騒がせなネコとネズミといえば、そう、トムとジェリー!
「だいすき!トム&ジェリーわかったシリーズ」はそんなふたりと一緒に冒険の旅へ、
第一弾は、12の迷路や算数遊びも楽しめる迷路絵本です。

トムとジェリー、めずらしく今日はふたりでかくれんぼをして遊んでいますよ。
「1、2、3、4・・・」オニのトムが数を数えていたら、あぁやっぱり!
トムが数えようとしていた「5」を、ジェリーが取って逃げてしまうといういたずら。
「あれ、4の次はなんだったっけ?」数えられなくなってしまったトム。
「ジェリーが持って逃げたんだ!」
ジェリーが持っていってしまった「5」を取り返そうと追いかけるのですが・・・
アニメさながらのスピーディでめまぐるしい展開、この後一体どうなっちゃうんでしょう?

今回は数がからんで、ひと捻りしなくちゃならない迷路ばかり。
バタバタしては立ち止まり、知恵をしぼってじっくり迷路とにらめっこ。
ゴールにたどり着いたときには、まるでトムの気分で達成感が味わえちゃう。
遊びながら数字やたしざんも自然に身について、うれしい楽しい知育絵本なんです。
「みつけてクイズ」「ウラもんだい」といった、二度三度と挑戦したくなるおまけもいっぱい。
実は私、この迷路に挑戦したのですが・・・これがなかなか。まだゴールにたどり着けない迷路があるんです。
子どもが先か、大人が勝つか?まるでトムとジェリーみたい。
脳トレにもぴったりな一冊、親子でゲーム感覚で楽しんでくださいね。

(竹原雅子  絵本ナビ編集部)

トムとジェリーのすうじの迷路

出版社からの紹介

大人気キャラクター、トムとジェリーの迷路絵本。数字の国を舞台に、トムとジェリーといっしょに迷路に挑戦。楽しみながら算数や言葉の勉強もできる絵本です。

ベストレビュー

頭使います

この絵本は、数字を使った迷路のゲームブックです。とっても頭を使うのでうちの子はもちろん楽しんでいたのですが、子供が手に負えない感じの問題は母も真剣になって絵本を楽しめました(笑)子供はそうは思っていないのですが、自然と数字の勉強できてしまいます。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 みのるさんのその他の作品

トムとジェリーのABCの迷路 / トムとジェリーの恐竜の迷路 / トムとジェリーのかんじの迷路



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

トムとジェリーのすうじの迷路

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット