もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
トムとジェリーのたびのえほん イギリス これがロンドンだ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トムとジェリーのたびのえほん イギリス これがロンドンだ!

  • 絵本
作・画: みやま えいと
出版社: 河出書房新社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年12月
ISBN: 9784309690117

A4変形 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


だいすき!トム&ジェリー わかったシリーズ レビュー大募集!

みどころ

人気キャラクター、トムとジェリーが世界をめぐる「トムとジェリーのたびのえほん」イギリス編。
世界中から観光客があつまる街、ロンドンの名所を、トムとジェリーが歩きます!

気球にのってイギリスにやってきたトムとジェリー。
突風にあおられながらドーバー海峡をわたり、ついにロンドン上空へ。
タワー・ブリッジに舞い降りた二人は、どこへ向かうのかな?

跳ね橋からテムズ川に落っこちたり、ロンドン塔でよろいを着た謎の騎士においかけられたり。
ワタリガラスにセントポール大聖堂へ運ばれたり。
相変わらずのドタバタコンビが、走り回りながら市内を案内してくれます。
市内迷路をクリアすれば、トムとジェリーと一緒に、テムズ川両岸の名所をめぐった気分になれちゃう。
赤い二階建てバスが走る通りを闊歩し、イギリスのアフタヌーン・ティーと名物料理を堪能したら・・・
さすがはトムとジェリー、型破りで最高のクライマックスがまっていましたよ!

さあ、あなたなら、どこを訪れてみたい?
二人が歩いた道をたどって、ロンドン散歩を楽しんでくださいね。
「ドーバー海峡横断事件」や「ロンドン塔のワタリガラス」など、ちょっとした豆知識も書かれていて楽しいです。
世界で最も有名な都市のひとつ、ロンドンについて、親子で知るにはぴったり。

「トムとジェリーのたびのえほん」は、他に、アメリカ編(ぼくらのニューヨークへようこそ)、イタリア編(コロッセオの大ぼうけん)、日本編(富士山にのぼる)などがあります。
あわせて読んで、トムとジェリーと旅気分を味わってくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

トムとジェリーのたびのえほん イギリス これがロンドンだ!

出版社からの紹介

大人気キャラクター、トムとジェリーが、イギリスの首都ロンドンを案内します。名所はもちろんのこと、食文化や言い伝えなどロンドンの魅力を紹介。迷路もついて、楽しくロンドンを学べる絵本です。

ベストレビュー

楽しい!

「トムとジェリーのたびのえほんシリーズ」,とても面白くためになりますね!
今回は「イギリスロンドン」。
まず気球で行くのが何とも夢があります。
裏表紙にはロンドンの地図も描かれていて,読み手も一緒にたびをしている気持ちになれるのもよかったです!
トムとジェリーが特に好きなわけではない私ですが,このシリーズにが魅了されました☆
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

トムとジェリーのたびのえほん イギリス これがロンドンだ!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット