貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
そこから逃げだす魔法のことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そこから逃げだす魔法のことば

  • 児童書
作: 岡田 淳
絵: 田中 六大
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


関連書籍
願いのかなうまがり角

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年04月
ISBN: 9784035307303

小学3・4年生から
22cm×16cm/144ページ

出版社からの紹介

おじいちゃんと孫がおくるユーモアあふれる連作短編

ぼくは小学三年生。ぼくのおじいちゃんは最高。おじいちゃんはかっこよくて、 おもしろい話をたくさんしてくれる!こわーいねこのおばあさんから逃げだす話や一寸法師になってかわいいお姫さまと出会った話、安全ピンのセールスマンのときに海賊に捕まった話、おばあさんをおんぶしたら女神さまだった話、助けたカラスが恩返しをしてくれた話、そして、おじいちゃんのひいおじいちゃんとひいおばあちゃんの出会いの秘密!!!どれを聞いても、うなる話ばかりだ。 産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞の『願いのかなうまがり角』とおなじおじいちゃんと孫がおくる関西弁のユーモアあふれる連作短編。

そこから逃げだす魔法のことば

ベストレビュー

おもしろおかしい

おじいちゃんがおもしろすぎです。すごい話術。
ぐいぐいと、おもしろおかしな世界にひきこまれてしまいます。
なのに、聞いている孫の男の子の反応が妙に冷静で、これまた、おもしろいです。
一話一話はみじかくて、どのお話も奇想天外で予測不能。
とってもおもしろくて、一気に読んでしまいました。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

新装版 星モグラサンジの伝説 / こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路

田中 六大さんのその他の作品

おたすけじぞう / ぼくはなんでもできるもん / おとのさま、小学校にいく / 友を失った夜/とりひき / 保健室の日曜日 なぞなぞピクニックへいきたいかぁ! / 紙芝居 こどものひのさがしもの



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

そこから逃げだす魔法のことば

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット