大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
はじめての北欧神話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめての北欧神話

  • 児童書
文: 菱木 晃子
絵: ナカムラジン
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月31日
ISBN: 9784198637811

小学校低中学年

出版社からの紹介

氷の巨人をばらばらにして、世界を作った神々。知恵にすぐれたオージン、力の強い雷神トール、不老不死のりんごを守る女神イズン、うらぎり者のロキ、そして神々に戦いをいどむ巨人族と、魔法の品を生み出す小人族…。欧米のファンタジーの原点となった北欧の神話を、低学年から読める形で贈ります。好評の「はじめての神話」シリーズ第二弾。徳間書店の子どもの本・20周年記念作品。

ベストレビュー

北方神話が巨人族と小人族のルーツ

『神話』も菱木さんの手にかかると、こんなにも読みやすく想像しやすい世界になってしまうんだと感動しました。
神話ですから有名なギリシャ神話にも似ていますし、日本の古事記と似ているところも多々ありました。
もしかしたら菱木さんが邦訳・編集の段階でそのあたり(恋愛沙汰)の説明を省いただけかもしれませんが、他の神話に比べると、色恋のことよりも人と人との関わりあい…、しいていうと“どう勝ち抜いて生きていくか”ということに重点が置かれてる世界なのではないかと感じました。

ヨーロッパの昔話や物語には普通に巨人や小人の登場する物語が多いですが、この本の解説を後書きに書いてくださっている著者の菱木さんの言葉を借りますと、
それらのルーツの元にこの北欧神話があるようです。
『神話』とかいうものには仰々しくてちょっと手を出しにくい。と、考える対象年齢のお子さんたち(この本は小学校低学年からでも読めるように考えて作られています)もいるかもしれません。
そんなお子さんたち、または手渡しする周囲の大人の皆さん。
まずは菱木さんの後書きから読んでみてください。
たぶん多くの日本人が「北欧の神話」を身近に感じることができるのではないでしょうか?
(まさか、こんなに有名な児童文学の邦訳作家さんが「パズ&ドラ」や「進撃の巨人」をあげてくるとは思いませんでした(^_^;))

この神話の中にはもともと巨人族でありながら、アース神族〈ギリシャ神話でいうところのゼウス神の直系の仲間〉に加えてもらった“ロキ”という非常にずる賢くて自分本位の嫌な奴がいるのですが、この男が実はこの北欧神話の主人公ではないかと思うくらい重要人物です。

ページ数は『神話』を語っている物語と思えないほど少なく、文字は大きいので低学年でも読みやすいと思います。
読んで損はないと思います。
おススメの読みやすい神話の本です!!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ / ニルスが出会った物語 (4) ストックホルム



第12回 『あったかいな』の片山健さん

はじめての北欧神話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット