貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
十二支のはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十二支のはなし

  • 絵本
構成: トマソン
企画: 沼田 かずみ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥350 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「十二支のはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

出版社からの紹介

ある年のくれのこと。かみさまは、元旦の宴に早くついた12ひきのどうぶつに、こよみをまもる役目をあたえることにしました。元旦がいつのことだかわからないねこは、ねずみにきいてみますが……。ね、うし、とら……とつづく、干支の順番の由来がわかる、たのしい昔話。

ベストレビュー

読み比べてみるのも面白い。

価格もお安くコンパクトサイズな「十二支のはじまり」の絵本です。
小さなお子さんに読み聞かせするにはいいかも知れませんね。
「十二支のはじまり」の絵本はたくさん出ているので,読み比べしてみるのもイラストでだいぶ雰囲気が違ったり若干細い内容も違ったりで面白いですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トマソンさんのその他の作品

こぶとりじいさん / かぐやひめ / おむすびころりん



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

十二支のはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット